9月 112010
 

学会で経験したことに関連して,やはりメモしておこうと思ったので...

企業内で目の前の問題を手っ取り早く解決する.これは意味がある.その解決策に新規性など不要だろう.問題を解決したという事実が重い.

大学で目の前に問題を手っ取り早く作成して解決する.これは意味がない.その解決策に新規性があれば救われるが,そもそも解く価値がある問題なのかが問われる.

学部4回生の卒業研究なら,指導教員から研究テーマを問題の形で与えられて,とにかくその問題を解くという作業になるだろう.

修士課程の研究なら,テーマを与えられるのかもしれないし,自分で考えるのかもしれないが,卒業研究の経験をふまえて,さらに高いレベルでの研究活動が要求される.学会発表や論文投稿も経験するだろう.私が所属する研究室の場合,修士課程の間に一度は海外に行って国際会議で発表しろと励ましている.脅しているのかもしれないが,学生のためを思ってのことであり,費用も全額研究室が出す.

博士課程にもなれば,問題解決能力だけでなく,問題設定能力も問われるだろう.解く価値のある問題を自分で見出す必要がある.これができないと研究者や技術者として生きていくのは難しいだろう.

色々と考えて,解く価値のありそうな問題を自分で見出したとしても,少し調べてみれば,大概の場合,そのような問題は既に誰かが解いているという現実にぶつかる.誰かがやったことを改めてやってみても,それは研究とは見なされない.だから,誰が何をしてきたかを調べておくことが不可欠だ.その上で,まだ誰もやっていなかったとして,それはどういうことか.とんでもなく難しい問題か,あるいは解く価値のない問題か,である恐れがある.難しい問題にチャレンジする価値はあるが,解く価値のない問題を解いても仕方がない.実際,新規性と有用性を高いレベルで兼ね備えた研究をするというのは,それほど簡単なものではない.

全くサーベイもせずに,既に解かれた問題や解く価値のない問題を解いてみても,それは研究と言えない.少なくとも,博士課程にもなれば,そのように認識しなければいけないし,それができないなら博士号を持つ資格もないだろう.最近,どこの大学院にも社会人に博士号を取ってもらうコースがあるが,まともな博士をきちんと育成できているのだろうか.博士号の叩き売りをしているとしたら,自滅しかねない.「博士なのにこんなことしかできないの?」と思われてしまうような博士を世に送りだすことが引き起こすであろう悪影響を真剣に考えないと.年金問題みたいに,将来の世代にツケを払わせることになる.

ん〜,話が逸れてきたが,いや逸れていないのかもしれないが,博士号を取るなら,それなりの覚悟でやらないと.取らせる方も.

  3 Responses to “研究するならその分野のサーベイはしないとね”

  1. 同感です.久しぶりに学会に参加したところ,産業界の立場からコメントするに値しない発表のいくつかに直面しました.自分を戒める良い機会になった.という落としどころとしました.

  2. 最近の学会は軟弱になったと思います.一昔前(私が大学院生のころ)であれば,しかめっ面をした偉い先生がドーンと座っていて,「君,そんな研究に意味ないんだよ!」というコメントが容赦なく飛んでいました.学会は恐ろしいところだと本気で思ったものです.

    今では,そんなことを言う先生はいなくなりました.それはそれで情けない話ですが...

    Ogawaさんはじめ複数の参加者が「あれじゃダメだ」と感じたのは確かです.こんなことでは,産業界から学会は見捨てられて当然に思えます.大学人の私としては,「で,どうするか」を考えないといけません.立て直すという方向と,見捨てるという方向とがありそうですが...

  3. 追記.

    立花隆が利根川進にインタビューした内容をまとめた本を読んでいますが,サイエンスとエンジニアリングの差異はあるものの,研究というものについて色々と考えさせられます.一流とは何であるかについても.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>