9月 112010
 

横浜で開催された IEEE Multi-Conference on Systems and Control (IEEE MSC) に参加した.名称が示す通り,複数の会議を合併させた国際会議で,IEEE Conference on Control Applications (CCA),IEEE International Symposium on Computer-Aided Control System Design (CACSD),IEEE International Symposium on Intelligent Control (ISIC) が同時開催された.

参加者数は550人程度?(記憶が怪しい).3日間にわたって,並行して10セッションがあった.Plenary Lecturesは下記の4件.別の学会と重複し,途中から参加したため,すべては聞いていないが,面白かった.

  • Modeling and Coping with Extremely Rare or Adverse Events
    Mathukumalli Vidyasagar, The University of Texas at Dallas
  • Extremum Seeking for Nash Games in Financial and Energy Markets
    Miroslav Krstic, University of California, San Diego
  • Computation: the emerging bottleneck in integrated circuit design and manufacture
    Kameshwar Poolla, University of California, Berkeley
  • From Sampled-Data Control to Signal Processing: Beyond the Shannon Paradigm
    Yutaka Yamamoto, Kyoto University

運営はさすが.参加費が米ドル建てのため,急激な円高で資金繰りが大変になったという話も耳にしたが,素晴らしい運営だったと思う.バンケットは,インターコンチネンタルホテルで催され,三味線と尺八の演奏があった.

私自身の発表は,先日プラハで開催されたECCE 7 & CHISA 2010に引き続き,最終日.しかも,最後の最後の夕方のセッションだった.テーマは”PID Control”.凄く地味だ.もう皆さん帰ってしまうのでは?などと思っていたのだが,そのセッションは部屋いっぱいだった.本当に熱心な研究者が多いものだと感心した.

来年はデンバーで開催される.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>