12月 132010
 

2012年9月に岐阜県の長良川国際会議場でIFAC MMM 2012という国際会議が開催される.IFAC Workshop on Automation in the Mining, Mineral and Metal Industriesというのが正式名称で,鉱業や金属工業におけるオートメーションを対象とした,国際自動制御連盟(IFAC)傘下の会議だ.

なぜか,日本では鉱業や非鉄金属工業の分野からの参加が少なく,鉄鋼業が主体となっている.今回は日本での開催ということで,日本鉄鋼協会が共催となり,日本鉄鋼協会に縁や柵(しがらみ)がある人達が国際プログラム委員会(IPC)や国内組織委員会(NOC)の委員として参画している.

いつの間にか私もそんな一員になっており,国内組織委員会(NOC)の委員として,IFAC MMM 2012のウェブサイト担当に任ぜられた.京都大学教員としての公式ウェブサイトのみならず,ブログをはじめ,様々なウェブサイトを構築しているため,あいつに任せておけということになったらしい.

ウェブサイトの構築には,それなりのスキルと道具が必要だ.これまで,無理矢理Windows 7 64bitを搭載したSONY VAIO ZにAdobe Creative Suite 3 (CS3)をインストールして使ってきたが,国際会議のウェブサイト構築を引き受けたこの機会に,Adobe Creative Suite 5 (CS5) Master Collectionを導入した.全くゴージャスなソフトウェアだが,学生・教員個人版だと安く購入できる.

ウェブサイトを構築するにあたっての最大の問題は,サイト全体のデザインをどうするかだ.インターネットを徘徊して様々なサイトを見学しつつ,どんな雰囲気やレイアウトにしようかと考える.さらに,ロゴも考えないといけない.個人のサイトなら好き勝手にやればいのだが,国際会議のウェブサイトともなると,日本チームの威信にかかわるので,みすぼらしいサイトにはできない.

そんなこんなで2週間ほど悩んだ末に,本日,意を決して作業に取りかかった.デザインさえ決めてしまえば,作業自体は大したことはない.実働4時間くらいだっただろう.夕方,IFAC MMM 2012のウェブサイトが完成した.

現時点では,シンプルかつ静的なサイトにしてある.これから,jQueryで動的なサイトにするつもりだ.問題は時間があるかだが...

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>