12月 312011
 

遂に大晦日になりました.2011年も今日まで.というわけで,このブログ(備忘録&メッセージ)に書いたことを中心に,2011年の身近な話題を振り返っておきます.

感謝しつつ?

いきなりタイトルが「感謝しつつ」となっていますが,今年2~3月には,立て続けに感謝ネタを書いています.

最初は,「感謝することと責任を果たすこと」というタイトルで,感謝することに焦点をあてて,学生に伝えたいメッセージ(先人の言葉)をまとめてあります.

その記事を書いた直後に引率した学部3回生の工場見学において,感謝するという点で素晴らしい対応をした京大3回生(礼状を書ける人達.いや,本当に嬉しい.)と,最低な京大3回生(小学生未満の京大生に嘆息)とを目の当たりにしました.この格差は結構衝撃的です.恐らく,歩む人生にも衝撃的な格差があるのだろうと思わざるを得ません.

この工場見学に際しては,「夜中に話し込んだ3回生へ」というメッセージも書きました.

年初の溶連菌とフォトブック

今年2011年のクリスマスは冷え込みましたが,昨年末も京都市内で雪が積もるほど寒かったですね.我が家では,その寒さの中,長男長女が溶連菌に感染し,自宅軟禁状態で年始を迎えました.帰省もできずに自宅に籠もっている間に,2009年夏の家族ハワイ旅行で撮影した写真で初めてフォトブック(アスカネットMyBook)を注文しました.これまでデジカメで撮影した写真はハードディスクに貯め込むばかりだったのですが,そんな方々に,このフォトブックはお勧めです.自由にメッセージを書き込めるタイプのフォトブックは決して安くはありませんが,とても良い記念・記録になります.

海外出張の想い出

最近は毎年4~5回ペースで海外出張に行っています.ほとんどは国際会議への参加が目的です.2011年には,バルティモア+シカゴ(アメリカ),杭州(中国),ミラノ(イタリア),ミネアポリス(アメリカ)に行きました.

バルティモアでは,QbD/PAT(Quality by Design/Process Analytical Technology)がメインテーマであるIFPACに参加し,海外メガファーマの最新動向を肌で感じてきました.その後,シカゴに移動して某社を訪問した機会に,シカゴ近郊の友人宅を訪問しました.二度目のシカゴ滞在でしたが,初めてシカゴ科学産業博物館を訪問しました.ここの強烈な展示は夢にまで出てきそうです.このとき,友人からワイオミング州のステーツ・クオーター(25セント硬貨)をもらい,1999年の収集開始から10年以上の歳月をかけて,遂にステーツ・クオーター・コレクションが完成しました.

杭州では,千島湖という風光明媚なリゾート地で国際会議ADCONIPが開催されましたが,上海浦東国際空港から杭州千島湖へバスの旅が大変でした.片道5時間です.この長距離バスで印象的だったのが,中国の田舎の建物の屋根がソーラーパネルだらけだったことです.車窓風景を通して,中国の太陽エネルギー利用の実態について認識を改めました.さらに,追い打ちをかけるように,中国杭州の浙江大学を訪問した際に,中国杭州市を縦横無尽に走る電気原チャリを多数見掛けました.というよりも,排ガスを撒き散らす原チャリは市内に存在せず,電気原チャリしか走っていないわけです.この中国出張で,改めて自分の目で見ることの大切さを痛感しました.

ミラノでは,IFAC World Congressに参加し,レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」を鑑賞しました.イタリアは食事も美味しく,見所も多く,訪れるには良いところですね.

ミネアポリスでは,QbDセッションを中心にAIChE Annual Meetingに参加しました.このとき,ファイザーや3Mなど米国企業やジョージア工科大学で働いている方々と一緒にスポーツバーに行き,興味深い話を色々と聞くことができました.さすがアメリカだと感心したのは,米国ファイザーの研究所でのリストラの話題です.

京大入試携帯電話カンニング事件と大震災

2月末には,京都大学入試問題が試験中にネットに投稿されて大きな話題になりましたが,それも東北地方太平洋沖地震で沈静化しました.このブログでも,地震発生翌日に書いた「東北地方太平洋沖地震の募金情報」をはじめ,いくつかの記事で震災のことに言及しています.非常に強い地震で,津波に襲われた被災地の映像には声を失いました.亡くなられた方々のご冥福を祈ることはもちろん,被災され,生きておられる方々が早く落ち着いて暮らせるようになればと願うばかりです.

それにしても悔いが残るのは,原子力発電に対する日本人の態度でしょうか.原子力発電に関しては,宇沢弘文氏が言った「社会的費用」を誰も払わず,結局,これから数百年間にわたる我々の子孫につけをまわしてしまうことになってしまいました.

個人的には,この震災を契機に,Twitterを始めました.

学生へのメッセージ

このブログは,学生へのメッセージを書きためておく場所でもあります.今年も色々と書きました.

主に新入生に向けて書いた記事は次の4件のようです.

これら以外のメッセージは,プレゼンテーションに関するものが圧倒的に多かったようです.それらの中でも,まとめ的なものが「学会発表や卒業研究発表の前に読みたいプレゼンテーション・アドバイス」です.学生に限らず,プレゼンテーションをする方々の参考になればと思います.その他には,以下のような記事を書きました.

メッセージではありませんが,「自分の講演を聴いてくれた方々の批評に耳を傾ける」と題して,自分の講演を振り返ったりもしています.

また,研究関連では,「iPadで論文を読んで注釈をつけるための文献管理環境:Mendeley + Dropbox + PDF Expert」という記事も書きました.

家庭での出来事とか

時系列でザッと振り返ってみると,2月にコーヒー好きの彼女がネスプレッソ(Nespresso)のエスプレッソマシンCitiZを購入しました.4月には,小学2年生の長男が京都サンガF.C.サッカーアカデミーに入会しました.また,家族で淀川管内河川レンジャー(木津川出張所管内)による「親子川の学校」に参加して,春から秋まで,川遊びの楽しさを教えてもらいました.さらに,京都市交響楽団のオーケストラ・ディスカバリー2011にも申込み,家族で「オーケストラ&バレエ」,「オーケストラ&ミュージカル」,「オーケストラ&無声映画」を楽しみました.3月に最後の1回があります.

家族で遊んだといえば,年間パスポートを購入した今年は,ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)に行きまくりました.夏には全身ズブ濡れのウォーター・サプライズ・パーティ,秋にはハロウィン(Halloween)モードのUSJで生ウィッシュを見たり,ベッキーを見たり,そして冬にはクリスマスと,月1回以上のペースでUSJに行きました.1月には激安宿泊プランを予約したので,泊まりでUSJに行きます.そんなUSJで一際印象に残っているのが,紛失したデジタルビデオカメラが無事に戻ってきたことです.やっぱり日本は素晴らしいところです.

この他,ブログに書いたこととしては,「セブン-イレブン ポケモン スタンプラリー 2011 参戦: 巡回セールスマン問題の最適解」や「京都祇園祭宵山.南観音山にのる.」などがありました.

あと,「父親の退職祝いに,岩さきへ.日本料理もサービスも素晴らしい.」に書いたように,定年退職した後に継続雇用制度で仕事を続けていた父親が3月末で完全に仕事を辞めたのを機会に,両親と3人で食事に行きました.苦労して育ててくれた両親には心より感謝しています.特に父親は,もっと勉強を続けたかったのに,家庭の事情で中学卒業後に職に就きました.それだけに,私の進学希望は無理をしてでも叶えてくれました.そのお陰で,今の私があります.

年末に自転車通勤を開始

今年最後になってブログを埋め尽くしたのは,クロスバイクの話題でした.「クロスバイク≒(ロードバイク+マウンテンバイク)/2に興味あり.京都で人気の自転車屋さん」を皮切りに,最終的にフラットバーロードバイクGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデルを購入するまで,熱心に調査して,その記録を書き留めました.それにしても,クロスバイクを買おうと思い立ったときには,まさか自分がサイクルモードインターナショナルに行くなどとは思っていませんでした.クロスバイク購入に際しては,多くの方々にアドバイスをいただきました.その御礼の気持ちで,「初心者のためのクロスバイク/フラットバーロードバイクの選び方まとめ」を書きました.購入して2週間ですが,お尻の痛さも含めて,予想を上回る軽快な走りを満喫しています.

御礼と抱負

今年も色々とありましたが,お世話になった方々に,この場を借りて御礼申し上げます.ここでは一切触れていませんが,共同研究などでご一緒させていただいている企業や大学の方々には非常によくしていただき,感謝の念に堪えません.引き続き,よろしくお願いいたします.

来年2月に,新しい職場に移ります.修士課程に進学して以来在籍している現在の研究室は,最高の研究環境を私に提供し続けてくれました.これまでに何度も書いてきましたが,研究者への道を開いてくださった元ボスには本当に感謝しています.現ボスの下での研究環境も申し分なく,極めて快適な教育者生活&研究者生活を満喫してきました.

それでも,いや快適な環境であるからこそ,新しい場を求めることにしました.現状に安住していては,大きな成長は望めないと判断したからです.幸いにも,そのような私を受け入れて下さるところがありました.この縁を大切に活かし,新しい環境で自分が理想とする研究室を作り上げたいと思っています.これが私にとって2012年最大の関心事です.

それでは皆様も良いお年をお迎え下さい.

12月 282011
 

自転車トラブル困ったときの一発解決事典
白井友次 ,ナツメ社,2010

「備えあれば憂いなし」というのを,小学生の頃,ボーイスカウトで叩き込まれた.

その習性のおかげで,購入したフラットバーロードGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデルについても,ハード・ソフト両面で完璧に備えることになる.そうでなければ気が済まない.というわけで,本書「自転車トラブル困ったときの一発解決事典」を購入した.原則として私は本を買わずに,図書館で借りて読む.その中で気に入ったものだけを購入することにしている.本書は,メンテナンス本を1つくらいは持っていないとまずいだろうと思い,購入した.

トラブルが発生してから読んでいるのでは甘い.こういう本はトラブルが発生する前に読むべきものだ.

本書の特長は何と言っても,全ページカラーだろう.メンテナンスなんて言葉で説明されただけでわかるはずないので,写真は必須だ.その写真が白黒でなくカラーであれば尚良い.説明も分かりやすいし,様々なパーツのメンテナンスについて網羅してあるので,私のような初心者がとりあえず持っておく本として,おすすめだ.

工具もケミカルも購入したし,GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)のメンテをしっかりするぞ!

目次

  • メンテの基本
  • タイヤ&ホイール
  • ブレーキ
  • ハンドル
  • サドル周辺
  • ペダル周辺
  • 変速装置
  • その他のメンテ
12月 252011
 

私は,何かを買うとき,徹底的に調べてからでないと買わないタイプです.クロスバイクについても,本やネットで勉強し,スポーツサイクル店に通い,サイクルモードインターナショナルで高級ロードレーサーの試乗もし,様々なモデルを比較した上で,自分なりに評価して,最終的にフラットバーロードバイクGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデルを購入しました.

購入までの紆余曲折については,「フラットバーロードバイクGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデルを購入するまでの経緯まとめ」にまとめてあります.また,自転車を選ぶのと同じくらい(もしかするとそれ以上に)重要な自転車屋さんのことについては,「京都でおすすめのコセキサイクリングセンター:GIOS ULTIMO購入時の対応が素晴らしかった」に書きました.

クロスバイクを選ぶとき,デザイン重視の人もいれば,とにかく安いのが欲しいという人もいるでしょう.コルナゴやピナレロなど自転車レースで有名なヨーロピアンブランドのクロスバイクしか眼中にない人もいれば,ジャイアントのようにコストパフォーマンスの良いブランドを好む人,ルイガノのようなファッション性の高いブランドが好きな人,街で同じバイクに乗っている人には遭遇したくないというマニアック路線な人もいるでしょう.何を基準にクロスバイクを選ぶかについては,正解も不正解もありません.自分にとって良いバイクが良いバイクです.

それでも,クロスバイクの基本について,ロードバイク(ロードレーサー)やマウンテンバイク(MTB)と何が違うのかということも含めて知っておけば,ワンランク上の選択(価格が上という意味ではなく)ができるはずです.そこで,私のように初めてクロスバイクを購入するという初心者向けに,クロスバイク/フラットバーロードの選び方のポイントをまとめておきます.どのバイクが良いかは人それぞれですので,おすすめを紹介するつもりはありません.自分で決めて下さい.

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

クロスバイクの各部分・パーツの名称

良いクロスバイクを選ぶには,まず,クロスバイクの各部分(パーツ)の名称を覚えておく必要があります.そうでないと,クロスバイクの選び方について書かれた記事を読んでも意味がわかりませんから.

クロスバイクの各部分・パーツの名称(1)
クロスバイクの各部分・パーツの名称(1)

クロスバイクの各部分・パーツの名称(2)
クロスバイクの各部分・パーツの名称(2)

クロスバイクとは?

自転車にはいろいろな種類があります.日本で一番有名なのはシティサイクル(ママチャリ)でしょう.日常生活の足として使うことだけが目的のシティサイクル(ママチャリ)とは違い,競技(レース)用に作られている自転車があります.それが,ロードバイク(ロードレーサー)やマウンテンバイク(MTB)です.

ロードバイク(ロードレーサー)は,徹底的な軽量化によって,舗装路(オンロード)での高速走行を目指しています.このため,フレーム(本体)にはアルミやカーボンが多く使われ,路面抵抗を小さくするために非常に細いタイヤをはいています.一方,マウンテンバイク(MTB)は,舗装されていない悪路(オフロード)でのタフな走りを目指しています.このため,本体やパーツは頑丈に作られており,サスペンションも装備され,凄く太いタイヤをはいています.

クロスバイクとは,このロードバイクとマウンテンバイクの中間的な自転車です.凸凹道も平気なマウンテンバイクは,街中の段差なんて全く気にせずに乗れますが,とても重いので,ロードバイクのように舗装路を速く快適に走ることはできません.要するに,街中では,マウンテンバイクはロードバイクに全く歯が立たないわけです.そこで,扱いやすいマウンテンバイクにロードバイクの細いスリックタイヤをはかせて,街で速く快適に走れるようにしたのがクロスバイクの始まりです.さらに,タイヤだけでなく,変速機などのパーツも適材適所で,マウンテンバイク用のものを使ったり,ロードバイク用のものを使ったりすることで,クロスバイクは多様化してきました.

このため,ほとんどマウンテンバイクのようなクロスバイクもあれば,ほとんどロードバイクのようなクロスバイクもあります.しかし,どうやら,レース用自転車でお馴染みのドロップハンドルではなく,まっすぐなフラットバーハンドルであることが,クロスバイクの条件のようです.特に,ロードバイクのドロップハンドルをフラットバーハンドルにしただけのようなクロスバイクを,フラットバーロードバイクと呼ぶようです.

私が購入したGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)は,クロスバイクですが,ロードバイク用のパーツばかりを使っているため,フラットバーロードということになります.

目的を明確に! クロスバイクにどのように乗りたいのか?

クロスバイクの選び方について調べると,通勤や週末サイクリングといった目的別にクロスバイクを分類していることが多いようです.しかし,同じ通勤でも,ロードバイク並みに車道を高速で走りたい人もいれば,歩道を中心にとにかく快適に移動したい人もいるでしょう.サイクリングにしても,100kmを超えるような長距離を速く駆け抜けたい人もいれば,のんびりと景色を楽しみながら気軽に走りたい人もいるでしょうし,舗装道路(オンロード)を中心に走るつもりの人もいれば,山や川に行ってオフロードを楽しむつもりの人もいるでしょう.このため,クロスバイクを選ぶときには,もちろん目的を明確にすることが最も重要なのですが,どのような乗り方をしたいのかをイメージしておく必要があります.そうでないと,「こんなはずじゃなかったのに」ということになりかねません.

「クロスバイクとは?」に書いたように,クロスバイクは,舗装路(オンロード)での高速走行を目的としたロードバイクと舗装されていない悪路(オフロード)でのタフな走りを目的としたマウンテンバイクの中間的な自転車ですから,クロスバイクを選ぶときには,基本的に,この2つの両極の間のどこを狙うかということになります.そこで,ロードバイクとマウンテンバイクの違いを下表に簡単にまとめておきます.

クロスバイクの分類と選び方
クロスバイクの分類と選び方

この違いから,クロスバイクを選ぶときのポイントをまとめてみます.

  • 山や河へ行って,悪路(オフロード)をガンガン走りたいなら,サスペンション付きでタイヤの太いクロスバイクを選びましょう.細いタイヤのロードバイクで悪路(オフロード)は走れません.
  • 舗装道路(オンロード)をとにかく速く走りたいなら,できるだけ軽く,タイヤの細いクロスバイクを選びましょう.サスペンション付きなんて論外です.
  • 舗装道路(オンロード)を軽快に走りたいけれど,歩道など段差があるところでも大丈夫で,乗り心地が良い(ガタガタと振動しない)クロスバイクが欲しいという人は,サスペンションなしで,タイヤが太めのクロスバイクを選びましょう.
  • ロードバイクとマウンテンバイクのハイブリッドであるスポーツ系クロスバイクには,泥よけ(マッドガード),カゴやキャリア,スタンドが付いていません.これはクロスバイクとシティサイクル(ママチャリ)との大きな違いです.買い物など普段使いがメインになる場合,泥よけ,カゴ,スタンドが最初から付いているか,少なくとも後から取り付けられるクロスバイクを選びましょう.

もちろん,クロスバイクを選ぶときには,価格も重要です.予算内で買えるクロスバイクしか買えません.それでも,高価なクロスバイクが安いクロスバイクとどう違うのかは知っておいた方がよいと思います.そもそも,クロスバイクが欲しいと思っている人,それもクロスバイクの選び方を調べているような人は,シティサイクル(ママチャリ)に満足せず,もっと速く走りたいなどの目的意識を持って,これまでよりも良い自転車に乗ろうとしているはずです.そうであるなら,「これならママチャリと変わらないよ」なんてことにならないように,買った後で後悔しないためにも,購入前にしっかり勉強し,試乗もしておきましょう.

良いものを使ったことがない人には,良いものの何が良いのかわからないものです.だから,自分は買えないとしても,高級車を試乗させてもらうことには意味があります.私も,サイクルモードインターナショナルで,ピナレロやコルナゴの最高級ロードレーサーに試乗させてもらい,量産型クロスバイクとの比較で,その軽さと速さに衝撃を受けました.その衝撃がクロスバイク選びに大きな影響を与えたことは確実です.

私が購入したGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)はかなりロードバイクに近いクロスバイク(フラットバーロード)ですが,その選択に際しては,上記の「舗装道路(オンロード)をとにかく速く走りたいなら,できるだけ軽く,タイヤの細いクロスバイクを選びましょう」に従っています.重量は10kg以下と軽く,タイヤは700x25Cという細いタイヤをはいています

フレームとフォークの材質

速さを追求するロードバイクには,軽いことと剛性が高い(加えた力が無駄なく推進力になる)ことが求められます.軽量で高剛性なバイクを作るために,フレーム(本体)やフロントフォーク(前輪をはさむ部分)の材質も進化してきました.現在,ロードバイクのフレーム材質は軽量なカーボン(炭素)が主流になっています.

クロスバイクにも同様に軽さが求められますが,フルカーボンフレームは高額になってしまうため,アルミ製フレームをよく見掛けます.また,フレームはアルミでも,シートステーをカーボンにしたもの(カーボンバック)やフロントフォークをカーボンにしたもの(カーボンフォーク)があります.部分的にカーボン素材を用いることで,バイクを軽量化できることに加えて,乗り心地が良くなる場合もあります.

アルミ製フレームの特徴は,軽くて剛性が高いことです.剛性が高いほど,加えた力を無駄なく自転車に伝えることができるため,速く走れます.ところが,剛性が高いということは,固いということでもあるため,路面の凸凹がダイレクトに体に伝わって,乗り心地は悪くなる傾向があります.

もう1つ,クロスバイクの代表的な素材に,クロモリ(クロムモリブデン鋼/クロムモリブデンスチール)があります.クロモリは,鉄に極僅かのクロムやモリブデン等を添加した低合金鋼の一種であり,高い強度を誇りますが,基本は鉄であるため,カーボンやアルミに比べてどうしても重くなります.また,ステンレス鋼(ステンレススチール)ほどクロムを含んでいないため,腐食耐性も十分とはいえず,錆びやすいとされます.それでも,乗り味が良いという理由から,自転車愛好家の中には,クロモリを好む人も多いようです.

それでは,材質についてまとめておきましょう.とにかく速くて軽いクロスバイクが欲しいなら,フルカーボン製のフレームを選びましょう.ただし,10万円以下では買えません.20万円前後になるでしょう.そこまで高いクロスバイクは必要ない(買えない)が,できるだけ軽いのが欲しいという人は,アルミ製フレームで,カーボンフォークやカーボンバックのクロスバイクを選びましょう.カーボンフォークのクロスバイクは種類が多いため,好きなブランドやカラーのクロスバイクを選ぶことができます.フロントフォークだけでなくシートステーもカーボン製のカーボンバックになると,そのぶんだけ軽いですが,価格は高く,選択肢も狭くなります.他方,乗り味が大切であったり,固くて乗り心地が悪いのは嫌だという人,さらに細いフレームが好きだという人は,クロモリ素材のクロスバイクを選ぶとよいでしょう.

ただし,材質だけでバイクの特徴が決まるわけではありません.同じカーボン製であっても,同じアルミ製であっても,同じクロモリ製であっても,製造方法や形状が異なれば,固さや乗り心地は異なります.このため,できれば試乗するのがよいのですが,試乗どころか実車を見ることさえ難しい場合も多いので,少なくとも,事前に口コミを調べるなどすることをお勧めします.

クロスバイクの重量については,10kg以下なら軽い方だと考えてよいでしょう.これまでシティサイクル(ママチャリ)にしか乗ったことがないという初心者であれば,10kgでも軽いと感じるはずです.中には8kg以下の超軽量クロスバイクもありますが,軽くなればなるほど,価格も高くなる傾向があります.

力強いカーボンフレームと細いクロモリフレーム
力強いカーボンフレームと細いクロモリフレーム

ジオメトリ(サイズ)

シティサイクル(ママチャリ)の場合,車輪の直径が何インチかで,自分の体に適したサイズの自転車を選ぶのが普通です.ところが,ロードバイクやクロスバイクの場合には,車輪の大きさではなく,フレームサイズ(カタログに500mmなどと書いてあるシートチューブ長)で選びます.サイズが合っていない自転車に長時間乗ると,体を痛めてしまうこともあるので,くれぐれも注意しましょう.しっかりした自転車屋さんであれば,身長だけでなく,股下や手の長さも考慮して,体型にあったフレームサイズを教えてくれます.

いくつかのクロスバイクを見れば,フレームにも様々な形状があることに気付きます.つまり,フレームサイズ(シートチューブ長)が同じであっても,フレームの形状は異なり,適する体型も異なるということです.前傾姿勢で乗車するクロスバイクでは,特にトップチューブ長が重要になります.トップチューブ長が自分の体型に合っていないと,極端な前傾姿勢になったり,上半身が立ったりして,正しいペダリングができなってしまいます.こうなると,体のあちこちが痛くなったりしますから,特に初心者は,しっかりした自転車屋さんで体型にあったサイズを教えてもらうようにしましょう.

タイヤの幅

クロスバイクの特徴は,はいているタイヤに左右されます.細いタイヤをはけば,ロードバイクのような軽快な走りが期待できますが,路面の凸凹を拾って,乗り心地は悪くなります.逆に,太いタイヤをはけば,マウンテンバイクのような安定した走りが期待できますが,軽快さはなくなります.

ただし,タイヤはクロスバイクを購入した後でも交換できます.そのときに,タイヤ幅も変更できるので,購入時に標準で付いているタイヤに拘りすぎる必要はありません.それでも,多くの人は最初に付いているタイヤで長く乗るでしょうから,あまりにも自分の目的とかけ離れたタイヤは避けた方が良いでしょう.

クロスバイクのタイヤは,「ホイール直径×タイヤ幅」の2つの数字で表されます.例えば,GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデルに標準でついているのは,700×25Cというロードバイク並みに細いタイヤです.一般的なクロスバイクの場合,ホイール直径は700C(700mm),タイヤ幅は28~32C(28~32mm)が多いようです.

タイヤ幅は変更できると書きましたが,1つだけ注意すべきことがあります.それは,フレームのリアエンド幅です.マウンテンバイク寄りのクロスバイクの場合,太いタイヤ向けのホイールを付けるために,リアエンド幅が135mmになっています.一方,ロードバイク寄りのクロスバイクの場合,リアエンド幅は130mmです.リアエンド幅が135mmのクロスバイクには,細いロードバイク用のホイールを取り付けられません.具体的な例を挙げると,人気のBianchi camaleonte 4はロードバイク寄りでリアエンド幅が130mmですが,下位モデルのBianchi camaleonte 3はマウンテンバイク寄りでリアエンド幅が135mmのため,ロードバイク用のホイールをそのままはかせることができません.

ちなみに,この人気の2モデルはタイヤ幅以外の違いも大きく,camaleonte 4では,フロントフォークとシートステーに加えて,シートポストなどもカーボン製で軽量化が図られています.さらに,camaleonte 4では,シフターやディレイラーなどがロードバイク用のShimano TIAGRAで統一されており,マウンテンバイク用パーツを多く利用しているcamaleonte 3とは性格が異なります.

方向性の異なる2つのビアンキ・カメレオンテ
方向性の異なる2つのビアンキ・カメレオンテ

コンポーネント(変速機など)

初心者がクロスバイクを選ぶときの指標としては,あまり重要ではありません.しかし,クロスバイクについて調べていくと,どうしても気になるのがコンポーネントです.このため,一応,説明しておきます.

コンポーネントとは,自転車本体以外で必須の,クランク,フロントディレイラー,リアディレイラー,スプロケット,シフター,チェーン,ブレーキなど変速機等の部品の総称です.これまでシティサイクル(ママチャリ)しか乗ったことがない人は,変速機と言われても,3段とか7段とかいう段数の違いくらいしかイメージできないものです.ところが,自転車オタクはコンポーネントの違いで自転車の格付けを行うようです.下手をすると,自転車どころか,乗り手の格付けもされかねません...気になりますね.

コンポーネント・メーカーとしては,日本が誇る自転車界最大手のシマノ(SHIMANO)やイタリアのカンパニョーロ(Campagnolo)が有名です.これらのメーカーは,ランクの異なる,そして価格も異なる複数のコンポーネントを供給しています.5万円以下の廉価モデルは別として,10万円前後するようなクロスバイクには,シマノ(SHIMANO)のコンポーネントが利用されていることが多いようです.そこで,シマノ(SHIMANO)のコンポーネントについて簡単に紹介します.

ロードバイク用コンポーネント

  1. DURA-ACE(デュラエース):ロードバイク用コンポーネントの最高峰
  2. ULTEGRA(アルテグラ)
  3. 105
  4. TIAGRA(ティアグラ)
  5. SORA(ソラ)
  6. Shimano 2300:入門用

マウンテンバイク用コンポーネント

  1. XTR:マウンテンバイク用コンポーネントの最高峰
  2. Deore XT
  3. SLX
  4. Deore(ディオーレ)
  5. Alivio(アリビオ)
  6. Acera(アセラ):入門用

ブランド/デザイン

色々書きましたが,最低限知っておくべき基礎知識を身に付けたら,後は,自分が好きなブランド,自分が好きなデザインのクロスバイクを買えばよいと思います.自分が乗るのですから,自分が気に入ったクロスバイクが良いに決まっています.

12月 212011
 

本日,日曜日に納車されたばかりのGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデルで,初めての自転車通勤をした.

GIOS ULTIMO 2012年モデル@京都嵐山
GIOS ULTIMO 2012年モデル@京都嵐山

自宅から大学まで京都市バスあるいは自家用車で通勤すると,自宅(金閣寺道)→西大路五条→国道三宮→京都大学桂キャンパスという経路になる.自宅を出て2回右折したら大学に着くので,わかりやすいし,距離も短い.

しかし,この経路は自転車通勤向きではない.京都の幹線道路なので,交通量が多く,自転車道は当然ながら整備されていないため,危険かつ排ガスだらけだ.人力で走るのだから,安全で爽やかなところを走りたい.そんなことを考えつつ,走りながらコースを決めることにして,自宅を後にした.

結果的に,初自転車通勤の経路は,自宅→金閣寺→竜安寺→仁和寺→天竜寺→渡月橋→松尾大社→千代原口→京都大学桂キャンパスという遠回りコースになった.我ながら,経由地がさすが京都だと思う.京都を観光するときには,東側か西側かでわけるといいと思っているが,まさに西側の代表的観光コースが通勤経路になっている.人気の少ない渡月橋を,フラットバーロードで颯爽と駆け抜けるなんて,なかなか良いものだ.

約14km÷40分=21km/h.日頃の運動不足がたたって,朝からバテバテになったが,信号待ちが多くても平均時速20kmを超えている.ママチャリとは明らかに違う乗り物だ.自転車と一括りにしてはいけない.フラットバーロードの凄さを実感した.お尻がとんでもなく痛くなるし,路面が荒れていると乗り心地は悪いけれど,GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)は軽快で速い.予想以上だ.

GIOS ULTIMO 2012年モデル@京都渡月橋
GIOS ULTIMO 2012年モデル@京都渡月橋

帰りはもう真っ暗なので,往路の観光コースではなく,四条通り,御池通り,西大路通りといった大通りを中心に走った.西大路は走りにくい.取り付けたサイクルコンピュータによれば,最高時速43.1km/h,平均時速19.3km/h,時間38min04sec,距離12.26kmということだ.往路より復路が遅いのは,京都は北へ行くほど高くなっており,特に金閣寺周辺は高く,最後の登りでバテてしまったためだろう.登坂はやっぱりきつい.

お尻が痛いものの,自転車通勤ができるとわかったので,続けていこう.

ところで,初自転車通勤をしてみて,2つだけ,どうしても言っておきたいことがある.

1)自転車乗ってるヤツ,逆走すんな! 車両は左側通行だ!

2)自転車乗ってるヤツ,夜に無灯火で走んな!

本当に危険だから言っておく.法令違反者が自損事故を起こしても関知しないが,逆走や無灯火は,他者を巻き込んで傷つける危険性が極めて高い.即刻やめてもらいたい.

12月 192011
 

購入までの経緯は「フラットバーロードバイクGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデルを購入するまでの経緯まとめ」に詳細にまとめてありますので,そちらをご覧下さい.ここでは,感激したコセキサイクリングセンターでの受け渡しまでを紹介します.結論を述べると,京都で初心者がロードバイク/クロスバイクを買うなら,ここで買え!です.

自転車屋さんへGIOS ULTIMOを引き取りに

12月18日(日曜日),自宅の大掃除もそこそこに,GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデルを受け取りに,近所の自転車屋さんへ行ってきました.まあ,ジオスについては色々な意見がありますが,私の場合はこれでOKです.発注した際にサイズ(サドル位置など)は計測してもらっていたので,店内に調整済みのGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)が置いてありました.

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)に用意されているのはジオスブルーのみで選択肢はありません.カーボンフォークに加えて,カーボンバックになっています.それでも,固めの乗り心地らしいです.カーボン部分は塗装されていないので,そこがアクセントになっています.

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

自転車の受け渡しは店長との1対1です.事前に記入したアンケート用紙を見ながら,店長から必要なことを順番に教えてもらいます.今回はパンク修理も教えて欲しいと書いておいたので,受け渡しに2時間程かかると言われていました.

「ほんとにママチャリしか乗ったことないの?」「はい」というわけで,まずは,新型ティアグラ(SHIMANO TIAGRA)10速の変速方法を教えてもらいます.ブレーキは見たままなので,これでバイクに乗る準備はできました.

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

店長と一緒に走る

「それじゃ,ちょっと走りに行こう!」ということで,店長はTREKのロードレーサーに,私は真新しいGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)に乗って,まずは近くの住宅街を走りながら,サドルの高さや前後位置を微調整してもらいます.私の場合,違和感はなかったので,変更はありませんでした.

ポジションが決まったところで,自転車の主たる用途が通勤であるため,「ギアを変えながら通勤の時みたいに走って,一番使いやすいギアを探して」と言われます.試行錯誤した後に「こんな感じです」というと,並走しながらケイデンス(クランクの回転数)をみて,「このギアならロードっぽい走りだよ」と.特に走り方は問題なかったようです.

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

「じゃ,前を走ってみて」と言われて,住宅街の同じコースを調子よく走ると,「今の走り方はダメだよ~」とダメ出しです.何がダメなのかわからず,???状態の私に,店長は「自転車は2段階右折だからね.道路の内側を通って右折したらダメなの」と.さらに,原則として車道を走る,歩道を走るときは徐行で時速10km以下でないといけないなど,自転車に乗る者が心得ておくべき基本ルールを教えてもらいます.この店長さんを見ていると,確かに,左右に曲がるときや止まるときなど,キチッと手で合図を出しています.そう言えば,手での合図の出し方を昔どこかで習った記憶があります.

さらに店長と一緒に走りながら,駐車車両の横を通るときはドアの開閉があるかもしれないので十分な間隔を開けること,大きな交差点では二段階右折すること,歩道を通るときは自転車から降りて押すことなど,基本ルールをみっちりと教えてもらいます.

その他,歩行者とぶつかったときに備えて保険に入っているかなども.私の場合,手厚い自動車保険に加入しているので,その点は問題ありません.

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

一通りのレクチャーが終わったところで,「じゃ,もう少し走るよ」と,金閣寺からしょうざん方面へ.このあたりは急傾斜ではないものの,坂が長く続くため,運動不足で脚力も体力もない私には辛いです.店長のTREK,速過ぎです.

それでも,さすがフラットバーロードバイクのGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)です.これまで乗っていた古い無変速ママチャリとは次元が違って,フロント内側のギヤを使うと,スピードはともかく,軽々と坂を上れます.

かなり山の方まで行ったところで折り返して,店に戻ります.帰路はもちろん下り坂ですが,店長は超前傾姿勢で一気に駆け下りていきます.まるでスピードが違います.

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

充実のメンテナンス講習

店に戻って少し休憩した後は,メンテナンス講習です.まずはホイールの外し方と付け方(前後輪とも)を教えてもらいます.GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)はクイックリリースのため,その機構を説明してもらいます.ホイールを外すときには,レバーを引き,3回転させて,十分に緩んだら,キャリパーブレーキの隙間を広くして,フレームを持ち上げ,ホイールを外します.簡単に外れますが,あまりに簡単に外れてしまわないように,フォークに凸部があるため,少し力を加えてやる必要があります.ちなみに,この凸部はレース用のフォークにはないそうです.

ホイールを付けるときはこの逆ですが,これくらいの固さでレバーを締めるのが良いなど,脱着作業を何回か繰り返して実感させてもらいます.もちろん,ホイールを付けるときには,ホイールがフレームの中央に来なければなりません.そのためのコツや注意点なども教えてもらいます.

続いて後輪の脱着ですが,後輪はチェーンを外したり付けたりするので,難易度があがります.まず,ホイールを回転させながらギアチェンジして,チェーンを一番外側の小さいギヤに移動させます.その後は,前輪と同様にホイールを外して,最後にチェーンを外します.付けるときはこの逆です.

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

ホイールの脱着に続いて,ギアチェンジ(シフターとディレーラー)の仕組みとメンテナンス法について.同じ新型ティアグラ(SHIMANO TIAGRA)のリアディレーラーとスプロケットを持ってきて,どういう構造になっていて,どのようにギアチェンジが行われるのかを教えてもらいます.

まず,シフターとリアディレーラーがワイヤでどのように接続されているか,リアディレーラーがフレームにどのように取り付けられているかを確認します.それから実際にシフターを操作して,1段の変速でワイヤが何ミリ動くか,それによってディレーラーがどれだけ動くか,さらにその変化幅と隣接するギアの幅がどう対応しているかを,実際にワイヤを持ったりしながら,体験していきます.その上で,スプロケットとリアディレーラーのギアがまっすぐに対応していることが必要であり,変速がスムーズでなくなった場合に,ワイヤの長さをどこでどのように調整したらよいかを徹底的に教えてもらいます.ワイヤの長さが適切でない場合,変速がスムーズに行えないこと,極端に長さがおかしいと,端のギアが使えないこと,そのようになるワイヤ長さの変化は1mm程度でしかないことなどを体験します.

フロントも同様ですが,こちらは,リヤに比べると,ワイヤが大きく動きます.ティアグラのコンパクトクランクの場合,2つしかないので,これでいいのだということです.

さらに,フロントとリヤのギヤの歯をじっと見て,すべてが同じではないこと,その理由,どの部分でシフトが行われるかなどを教えてもらいます.実際,歯の形や大きさは違います.何も知らないで見れば,歯が欠けていると思うかもしれません.実際,そう言う人もいるそうです.

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

次にブレーキです.ワイヤが伸びてきたら,どこをどのように調整するか.キャリパーブレーキの左右のバランスがずれてきたら,どこをどのように調整するか.これも徹底的に教えてもらいます.

パンク修理講習

そして,いよいよパンク修理の演習です.実際に,ホイールからタイヤを外して,チューブを取り出して,新しいチューブに交換して,再びタイヤをホイールに取り付けるまでを,店長の模範演技のあとに自分でやってみます.

タイヤを外すときには,3本セットのタイヤレバーを使います.1本目,2本目は比較的楽にタイヤレバーをセットできるのですが,3本目は非常に固いです.しかし,この3本目さえねじ込めば,後は簡単に外れます.

新しいチューブをホイールとタイヤの隙間に入れていくときには,完全に空気が抜けた状態ではチューブを入れにくいため,少しだけ空気を入れておくなど,様々なコツも教えてもらいます.それにしても,タイヤをホイールにはめるには物凄い力が必要です.チューブを破ってしまわないためには,素手でタイヤをはめるのが良いらしいのですが,私の力では無理でした.仕方がないので,タイヤレバーを使って,慎重にタイヤをはめます.

支払い

最後に,普段のメンテナンス方法として,チェーンへの油の差し方,それ以外のどこに注油すべきか,すべきでないかなどを教えてもらいます.これだけ全部が終わり,「大丈夫か?」「はい!」となって,ようやく支払いです.GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)本体とポンプや小物類で計125千円ほどです.

奥さんに「疲れたでしょう」と出していただいたケーキとお茶をいただき,御礼を述べて,GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)に乗って颯爽と自宅に戻りました.

本物の自転車屋さん

店に到着したのが昼12時過ぎで,すべてを終えて店を出たのは午後3時前でした.2時間半くらい,みっちりと教えてもらったことになります.これは物凄いサービスです.間違っても初心者が通販で初バイクを買うものではないと確信しました.これがプロの自転車屋なのだと,その底力を見せ付けられた想いです.

今回,自転車を購入したのは京都の上七軒に近い(自宅から歩いて行きました)コセキサイクリングセンターです.これだけ店長が懇切丁寧に教えてくれるわけですから,評判が良いのも当然です.

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)の保管

自宅に戻って,まず大事なのが保管の場所と方法です.自宅で保管できないので,私の場合,マンションのオートロック内部の駐輪場に保管します.しかも,ワイヤーロックでの地球ロックです.さらに,写真は2つ目の鍵を取り付ける前ですが,フォールディングロックでダブルロックにしています.

GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル
GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデル

そこまでするかという感じですが,とにかく盗難被害が多いそうなので,十二分に注意します.これから,GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)に乗って通勤や週末サイクリングを楽しみます.

最後に,もう一度,結論を書いておきます.京都で初心者がロードバイク/クロスバイクを買うなら,ここで買え!です.初心者が安いからと通販でロードバイク/クロスバイクを購入するのは間違いです.ちなみに,海外通販も調べた上で書いています.

12月 192011
 

クロスバイクが欲しい!,よし買うぞ!と思い立ってから,約2ヶ月.遂に,この日曜日(12/18)に,GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデルを手に入れた.

これからクロスバイクを買う初心者の役に立つことを願いつつ,これまでの経緯を振り返っておきたい.

(以下,非常に長いです.時間に余裕のあるときにお読み下さい)

第1期 クロスバイクが欲しい

(参照:クロスバイク≒(ロードバイク+マウンテンバイク)/2に興味あり.京都で人気の自転車屋さん

2ヶ月前,自分でも何がきっかけかわからないが,ちょっと良い自転車に興味を持った.ロードレーサーほどではないが,速そうな格好良い自転車だ.最初はそれをクロスバイクと呼ぶということさえ知らなかった.15年以上前のママチャリしか乗っていないのだから仕方ない.

ネットで調べてみると,格好良い自転車で街中を颯爽と駆け抜けてみたいという自分に適した自転車は,クロスバイクというのだと知った.ただし,クロスバイクの定義はどうも曖昧なようで,オンロードでの高速走行を目指すロードバイクと,オフロードでのタフな走りを目指すマウンテンバイク(MTB)の中間的な自転車ということらしい.気軽に快適なサイクリングや街乗りを楽しむという観点から,巧妙な組み合わせなのだろう.不精者の私のことだから,ロードバイクなんて買っても宝の持ちぐされで,すぐにメンテナンス不良で壊してしまうにちがいない.真剣に自転車に乗るつもりでもない.ただ格好良い自転車で街中を颯爽と駆け抜けてみたい.そんな私には,流行のクロスバイクがピッタリだろう.

もちろん最大の問題は何を買うかだ.ド素人が訳も分からずに高級車を購入しても勿体ないだけだろうし,そもそもそんな自転車用資金もない.しかし,安物買いの銭失いになるのは最悪だ.この機会に自転車に乗る楽しさというものを味わってみたい.そこで,予算を,本体以外に必要な小物なども含めて10万円以下とした.

最も重要な評価基準をデザイン(ブランド力も含む)とした.いくら高性能でも好きになれないクロスバイクでは意味がない.乗る喜びだけでなく,所有する喜びというのも大切だ.この点については,自分の性格はハッキリしている.続いて,通勤を含む京都市街での街乗りが中心となるため,乗り心地と軽さを重視して,フレームがアルミ,フロントフォークがカーボンのものを優先する.スマートさに欠けるので,サスペンションはつけない.そして,予算の許す範囲でコンポーネントの良いものを選ぶ.

このような基準を掲げて(要するにデザインで決めるというだけの話だが),様々なメーカーのサイトやカタログを眺めた上で,有力候補にあがったのが,イタリアの老舗メーカーであるBianchi(ビアンキ)のcamaleonte 3(カメレオンテ 3)だ.

Bianchi camaleonte 3(ビアンキ カメレオンテ 3) 2012年モデル CELESTE
Bianchi camaleonte 3(ビアンキ カメレオンテ 3) 2012年モデル CELESTE

Bianchi camaleonte 3(ビアンキ カメレオンテ 3) 2012年モデル WHITE/RED
Bianchi camaleonte 3(ビアンキ カメレオンテ 3) 2012年モデル WHITE/RED

第2期 やっぱりフラットバーロードでしょ

(参照:クロスバイク検討中:Raleigh Radford-7とBASSO DEVIL 2012年モデル

近所の自転車屋さんをのぞいたりしながら,クロスバイクについての調査を続けた.颯爽と駆け抜けるためには,軽量な自転車がおすすめで,クロスバイクよりもむしろフラットバーロードバイクが良いのではないかと考えるようになった.

この段階で有力候補にあがったのが,コストパフォーマンスの高さと品質の確かさで評価の高いRaleigh Radford-7 (ラレー・ラドフォード7) 2012年モデルだ.アルミフレームとカーボンフォークで,リア10段の新型ティアグラ(SHIMANO TIAGRA)で統一されていて,重量はわずか9.3Kg.これで定価が9万円以下というのは本当に凄い.

Raleigh Radford-7 (ラレー・ラドフォード7) 2012年モデル
Raleigh Radford-7 (ラレー・ラドフォード7) 2012年モデル

Raleigh RF7は初心者が買って間違いないフラットバーロードバイクの代表だと,GIOS ULTIMOを購入した今でもそう思う.しかし,カラーリングを含めたデザインを好きになりきれなかった.興味深いことに,この時点では,700×25Cのタイヤを細過ぎると判断している.

別の候補として,BASSO DEVIL (バッソ・デビル) 2012年モデルもあった.デビルもアルミフレームとカーボンフォークで,重量はわずか9.4Kg.RF7と比べると,デザインは派手めで,ハンドルステムやサドルポストは黒く,定価は84000円と少し安いが,リアディレーラーが8spのSHIMANO RD-2300であるなど,コンポーネントが廉価版になっている.街で見掛けることがほとんどないというのは強力な長所だが,名前が好きになれず,このカラーリングで街乗りをするのもどうかという気がしたので,候補には残らなかった.

BASSO DEVIL(バッソ・デビル) 2012年モデル
BASSO DEVIL(バッソ・デビル) 2012年モデル

第3期 自転車屋さんにおすすめを聞く

(参照:ショップ推奨クロスバイク:TREK FXとSpecialized Sirrus 2012年モデル

クロスバイク/フラットバーロードバイク選びが煮詰まってきて,もう訳が分からなくなってきたところで,近所で最も評判の良い自転車屋さんへ行き,店長に相談した.

「クロスバイクに興味がある素人です」と告げると,「とりあえず乗ってみるか?」とTREK 7.3 FXに試乗させてもらい,「カタログを見るか?」とTREKとSPECIALIZEDのカタログをもらった.この2つが人気もあるからということだった.TREK 7.3 FXに,というかクロスバイクに初めて乗ったところ,期待したほど軽い!と感激することはなかった.もちろん軽いのだが,タイヤが700x32cと太めなこと,フィットネスバイクとの位置付けで,それほど軽量ではないことが原因だろう.

アルミフレームとカーボンフォークで予算10万円以内というと,TREKの候補はTREK 7.5 FX (トレック・7.5FX) 2012年モデルになる.コンポーネントはShimano DeoreやSoraなど実に様々なものの混合構成だが,7.3FXと異なり,7.5FXのタイヤは700x28Cと細めになる.

TREK 7.5 FX (トレック・7.5FX) 2012年モデル
TREK 7.5 FX (トレック・7.5FX) 2012年モデル

TREK FXシリーズはクロスバイクのスタンダードであり,特に7.3FXはカラーバリエーションも豊富で入門用クロスバイクとしてよく知らていれる.愛用者も多いようだ.しかし,FXシリーズで気になるのは,フレーム接合部の溶接の仕上がりが雑に見えることだ.フレームの接合部をよく見ると,かなり大きく波打っているのがわかる.例えば,同価格帯のBianchi camaleonte 3の同じ部分を見ても,そのようなことはなく,綺麗に仕上がっていることが確認できる.他メーカーも同様だ.

同じく,アルミフレームとカーボンフォークで予算10万円以内というと,Specializedの候補はSpecialized Sirrus Elite (スペシャライズド・シラス・エリート) 2012年モデルになる.Specialized Sirrusはマルチユースバイクと呼ばれ,街乗りを含め何にでも使えるクロスバイクという位置づけになっている.コンポーネントはShimano AlivioやAceraが中心で,マウンテンバイク寄りの構成になっており,タイヤは7.5FXと同じ700x28cになっている.

Specialized Sirrus Elite (スペシャライズド・シラス・エリート) 2012年モデル
Specialized Sirrus Elite (スペシャライズド・シラス・エリート) 2012年モデル

これも良いクロスバイクのように思えるが,カラーリングとデザインに共感できず,候補には残らなかった.

第4期 強欲への道

(参照:フルカーボンのFELTロードレーサーをフラットバーに!?

私がクロスバイクを買うつもりだと知った企業の方からメールが来た.長年愛用したマウンテンバイクからクロスバイクに乗り換えてみようと,自転車のことをよく知る方々に意見を求めたところ,1)フルカーボン以外は自転車ではない,2)30万円以下は自転車ではない,というアドバイスを受けたという.そこで,なんと,フルカーボンのFELTのロードレーサーを購入し,フラットバーに換装したという.最近ようやく納車された,そのなんちゃってクロスバイクは,無茶苦茶速いそうだ.そりゃそうだろう.あまりに凄すぎる.

この話を聞いて,私も考えた.Bianchi camaleonte 3(ビアンキ カメレオンテ 3)を候補に挙げているが,それよりも派手なロードバイクを購入し,それをフラットバーに換装すればいいのではないかと.そうすれば,街で他には見掛けない,なんちゃってクロスバイクができると.しかし,ママチャリしか乗ったことがない素人がそんなことを考えてはいけない.ここは冷静になるべきだ.

こうして新たに候補に加わったのが,Bianchi camaleonte 4(ビアンキ カメレオンテ 4) 2012年モデルだ.このcamaleonte 4はcamaleonte 3と大きく異なる.まず,フロントとリアのフォークがカーボンになる.それだけでなく,サドルポストなどもカーボンらしい.さらに,シフターやディレーラーなどがShimano TIAGRAで統一される.そして,極めて重要なのが,リアエンド幅が130mmになることだ.かなりクロスバイク寄りのcamaleonte 3はリアエンド幅が135mmで,ロードバイク用のホイールをそのままはかせることができない.ところが,camaleonte 4はそれができる.仕様がゴージャスなら,もちろん価格もゴージャスで,camaleonte 4の定価は126,000円.遂に10万円を超える高額自転車が候補にあがるようになってきた.泥沼だ.

Bianchi camaleonte 4(ビアンキ カメレオンテ 4) 2012年モデル CELESTE
Bianchi camaleonte 4(ビアンキ カメレオンテ 4) 2012年モデル CELESTE

第5期 サイクルモードで軽さと速さを体験する

(参照:サイクルモードで一番格好良いと思ったクロスバイクはPinarello Treviso

とにかく,実車を見てみないと判断できない.そう思って,インテックス大阪で開催されたサイクルモードインターナショナル2011に参加した.これまでママチャリしか乗っていなかった私が,まさかサイクルモードに行くとは...

サイクルモードは様々な自転車に試乗する絶好の機会なので,とりあえず,PINARELLO DOGMA 2 Carbonのカンパニョーロ・スーパーレコード仕様とか,COLNAGOの名前も知らないけど凄そうなロードレーサーなどに試乗した.いずれも完成車で80万円以上するような高級自転車だ.

な,な,なんなんだ,この軽さは! この速さは!! そして,このお尻の痛さは!!!

せいぜい2万円のママチャリに乗っている私からすると,まったく異次元の世界だった.とにかく,車体が軽い.片手で軽々持ち上がる.乗車してペダルを踏み込むと,一気に加速する.そして軽快なギアチェンジ.しかも,20段以上.自転車に乗って感激するとは思ってもみなかったが,衝撃を受けた.それと同じくらい,お尻の痛さにも驚いた.サドル堅すぎ...

購入候補にあがっているBianchi camaleonte 4(ビアンキ カメレオンテ 4)と,Raleigh RF7 Radford-7 (ラレー・ラドフォード7)の廉価版であるRaleigh RFL Radford-Limitedにも試乗した.軽快感は高級ロードレーサーにかなわないものの,乗り心地において,Bianchi camaleonte 4が群を抜いていた.

試乗できたクロスバイク以外にも,様々なクロスバイクを見ることができた.TREK FXシリーズの溶接はやはり美しくなかった.ただし,高級な7.7FXになると,溶接も綺麗に仕上げられている.つまり,下位モデルは溶接もそれなりということだ.また,溶接に関しては,明らかにBianchi camaleonteの方が美しい.だが,さらに美しいのは,PINARELLO TREVISO(ピナレロ・トレビソ)だった.溶接だけではなく,フレームの形状も色使いも実に綺麗で,気に入った.

Pinarello Treviso (ピナレロ・トレビソ) 2012年モデル
Pinarello Treviso (ピナレロ・トレビソ) 2012年モデル

PINARELLO(ピナレロ)のCITYというカテゴリーに,フラットバーロードのTREVISO(トレビソ)がある.2012年モデルは4色が用意されていて,スマートな白(White)と黒(BOB Matt)の他に,ド派手なSohoとChelseaがある.最も優先するデザイン性において,TREVISOは秀逸だ.ただ,フレームはフルアルミで,SHIMANO SORA 9spが装備され,この内容で128,000円というのは,確かに割高感がある.

試乗もしたBianchi camaleonte 4(ビアンキ カメレオンテ 4)については,売りであるカーボンフォークとカーボンバックのデザインが好きではなかった.アルミフレームと同色にせず,黒色であることは良いのだが,その斑点模様が好みでない.ここで,Bianchiが候補から外れた.

第6期 マニアックになる

(参照:クロスバイクからフラットバーロードへ:Wilier Bassano Weekend / Marostica / Cross Bike

PINARELLO TREVISO(ピナレロ・トレビソ)のデザインに惚れたものの,割高な感じが拭えないため,さらに未知のフラットバーロードを探す.ほとんど店頭で見掛けることのない,マニアックな自転車が対象になる.

この段階で候補に浮上してきたのが,Wilier(ウィリエール)のWeekendというカテゴリーのトップモデルBassano(バッサーノ)だ.日本のモデルは本国と異なり,Bassano Weekend(バッサーノ・ウィークエンド)という名称で販売されている.

日本版Bassano Weekend(バッサーノ・ウィークエンド)の詳細は不明だが,イタリアやイギリスのBassano(バッサーノ)のウェブサイトを見ると,アルミフレームとカーボンフォークのボディに,コンポはShimano Tiagra,ホイールはShimano RS10となっている.カラーは黒(カーボン)のみ.重量は公開されていないが,実測したというウェブサイトでは,なんと9kgを切ったそうだ.軽くて速いフラットバーロードだろう.日本版2012年モデルでは価格が抑えられ,12万円になるようだ.

Wilier Bassano Weekend (ウィリエール・バッサーノ・ウィークエンド) 2012年モデル
Wilier Bassano Weekend (ウィリエール・バッサーノ・ウィークエンド) 2012年モデル

これまでの検討結果を踏まえて,実はこの段階で,Wilier Bassano Weekend (ウィリエール・バッサーノ・ウィークエンド) 2012年モデルを購入することに決めた.そして,自転車屋さんに連絡し,在庫を確認してもらったところ,なんと,Wilier Bassano Weekend (ウィリエール・バッサーノ・ウィークエンド) 2012年モデルのLサイズは日本に入荷しないとのこと...

ガーーーン!!

まさに想定外の事態である.ビアンキが入手困難とか,納期が全くあてにならないとか,そういう情報は得ていたが,まさかカタログに掲載されているのに日本に入荷しないモデルがあるなんて...

この衝撃が,自転車選びの方向性を大きく転換させることになった.とにかく,自転車に乗りたいのだから,すぐに入手できる自転車を買う.そういうスタンスに変更した.

第7期 GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)に決定

超メジャーなブランドからマイナーなブランドまで,実に多くのクロスバイク/フラットバーロードバイクについて調査してきた.紆余曲折を経て,最終的に,1)すぐに入手できるもの,2)自分の好きなデザイン,3)街乗りで違和感のないデザイン,4)カーボンフォーク(できればカーボンバックも)で乗り心地が悪くないもの(固すぎないもの),5)TIAGRA以上のコンポーネント,5)小物を含めて15万円以内,という新基準でフラットバーロードバイクを購入することにした.

こうして選んだのが,GIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)2012年モデルだ.

GIOS ULTIMO 2012年モデル
GIOS ULTIMO 2012年モデル

GIOS ULTIMO 2012年モデル
GIOS ULTIMO 2012年モデル

GIOS ULTIMO 2012年モデル
GIOS ULTIMO 2012年モデル

結局のところ,デザインで選んだということになる.だから,他の人にこのフラットバーロードバイクGIOS ULTIMO(ジオス・ウルティモ)を勧めることはないが,私はこれで満足している.

折角購入した自転車なので,大切に,頻繁に乗るようにしたい.その結果として,本格的なロードバイクに乗りたくなったとしたら,それは嬉しいことだ.新たな世界が見えるようになるわけだから.

12月 182011
 

昨年12月以来,ほぼ正確に一年ぶりに「草喰 なかひがし」へ行ってきた.レベルの高い京都でも屈指の人気店だ.

草喰 なかひがし@京都
草喰 なかひがし@京都

昨年は,「遂に行くことができた,草喰 なかひがし.味も雰囲気も抜群!」に書いたように,鉄鋼会社でバリバリ働いている研究室の後輩が,苦労して予約してくれた.その後輩は,「草喰 なかひがし」が大変気に入ったとのことで,その後,京都観光の折に奥様らを連れてきている.ただし,本人は子供と一緒に別行動.というのも,子供は店に入れないからだ.なんとも奥様想いの後輩だと感心する.

そんなこんなで,今回も後輩に予約してもらい,研究室スタッフと卒業生4人で「草喰 なかひがし」へ.相変わらず,電話予約はプレミアムチケット並に難しかったようで,女将さんが「電話が繋がりにくくて,すみませんでした」と何度か言われていた.

4人で,かつ機密事項に関わる議題もあったため,二階の座敷席へ.部屋は複数あるのだが,昨年と同じ部屋だった.テーブルなどは同じだが,掛け軸は違うものになっていた.とりあえず,エビスビールを注文して,料理を待つ.

センスのない私が料理についてコメントしても伝わらないと思うので,写真を並べておくことにしよう.京野菜を中心にした季節感のある料理を目で堪能していただきたい.

八寸@草喰 なかひがし
八寸@草喰 なかひがし

京鹿の子@草喰 なかひがし
京鹿の子@草喰 なかひがし

煎った丹波黒豆@草喰 なかひがし
煎った丹波黒豆@草喰 なかひがし

からすみ@草喰 なかひがし
からすみ@草喰 なかひがし

めでたく紅白の椀物@草喰 なかひがし
めでたく紅白の椀物@草喰 なかひがし

さわら@草喰 なかひがし
さわら@草喰 なかひがし

醤油をかけて混ぜる@草喰 なかひがし
醤油をかけて混ぜる@草喰 なかひがし

野菜たっぷりの汁物@草喰 なかひがし
野菜たっぷりの汁物@草喰 なかひがし

馴鮨(なれずし)の後に白葡萄酒を@草喰 なかひがし
馴鮨(なれずし)の後に白葡萄酒を@草喰 なかひがし

堀川牛蒡が大きい@草喰 なかひがし
堀川牛蒡が大きい@草喰 なかひがし

このあたりで,ヱビスビールから日本酒へ.用意されている冷酒は,京都の英勲.料理を邪魔しない日本酒ということらしい.

炊きたてご飯はアルデンテ@草喰 なかひがし
炊きたてご飯はアルデンテ@草喰 なかひがし

料理の途中,炊きたてのご飯を持ってきていただく.炊きたてと言っても,まだ少し芯が残っている状態で,パスタでいうアルデンテだ.このご飯も凄く美味しい.ところが,初めて「草喰 なかひがし」に来た後輩は,このタイミングでトイレに行っていた.レ・ミゼラブル...戻ってきた頃には,芯がなくなってる...

大将が育てた地鶏のすき焼き@草喰 なかひがし
大将が育てた地鶏のすき焼き@草喰 なかひがし

カウンターが空いてきたタイミングで,「下でどうですか?」と女将さん.待ってましたと座敷からカウンターへ大移動.

ここからは,ご飯もの.大将が友人に作ってもらったという特製の土鍋で炊いたご飯は素晴らしく美味しい.

ご飯と漬け物@草喰 なかひがし
ご飯と漬け物@草喰 なかひがし

絶品の卵かけご飯@草喰 なかひがし
絶品の卵かけご飯@草喰 なかひがし

おこげ@草喰 なかひがし
おこげ@草喰 なかひがし

おこげの奥にある皿には,めざしが乗っていたのだけれど,写真を撮る前に食べてしまった.

ご飯は,そのままの白いご飯,乾燥醤油が効いている卵かけご飯の他にも,パリ,ニューヨークなどがある.あまりに美味しいので,どんどんお代わりして,全員「もう食べられません」状態に...デザートがあるの忘れてたよ...

クリスマスっぽいデザート@草喰 なかひがし
クリスマスっぽいデザート@草喰 なかひがし

水出し珈琲@草喰 なかひがし
水出し珈琲@草喰 なかひがし

大将に水出し珈琲を注いでいただきながら,色々と話を伺う.

大満足の「草喰 なかひがし」.本当に良いお店だ.ご馳走様でした.

12月 112011
 

反貧困―「すべり台社会」からの脱出
湯浅誠,岩波書店,2008

自分が住んでいる日本の社会が抱えている問題について,少しは自覚しておきたいと思い,社会問題関連の本を時々読んでいる.本書「反貧困」の著者である湯浅氏は,反貧困ネットワークやNPO法人自立生活サポートセンター「もやい」の事務局長を務めるなど,貧困問題に最前線で取り組んでいる方だ.

なぜ貧困が大きな問題であるのか.なぜ貧困問題に取り組まなければならないのか.それは多くの社会問題が,結局のところ,貧困に根差しているからだ.湯浅氏は,アメリカの児童虐待研究の蓄積を踏まえたリーロイ・H・ペルトン氏の言葉を引用している.

「20年以上にわたる調査や研究を経ても,児童虐待やネグレクトが強く貧困や低収入に結びついているという事実を超える,児童虐待やネグレクトに関する事実はひとつもない」

(中略)児童虐待を本気でなくそうとするならば,まっすぐに原因に向かわなければならない.それは「児童虐待やネグレクトを減らすためには,少なくとも貧困ラインの上まで家庭の収入を増やす」(ペルトン)ことだ.

幼児・児童虐待のニュースが流れるたびに,コメンテーターが「酷い親ですね」と見下げたように発言するのを聞かされるわけだが,そのような批判者に正義があるかは甚だ疑問である.

戦後の高度経済成長期を経た日本では,少なくともバブルが崩壊するまでは,貧困などというのは遠い異国での話だという認識が共有されていたように思う.しかし,いまやそれは昔話でしかない.最近のOECDの調査によると,先進国で相対的貧困率(等価可処分所得(世帯の可処分所得を世帯員数の平方根で割った値)が,全国民の等価可処分所得の中央値の半分に満たない国民の割合)が高いのはアメリカで,17%を超えている.一方,西欧諸国の相対的貧困率は概ね10%以下であり,スエーデンやデンマークなどの北欧諸国では5%前後と一段と低くなっている.翻って,日本はどうか.日本の相対的貧困率は2009年時点で16%と報告されている.西欧諸国よりも,むしろ貧困大国アメリカに近い.

昨今の日本社会を見ていれば,別に驚くような結果ではないものの,それでもやはりショックな結果ではある.しかし,このような現実があっても,日本政府および厚生労働省の公式見解は,日本に貧困はないというものなのだそうだ.もちろん,日本に絶対的貧困(1日の所得が1米ドル以下)が蔓延しているわけではない.だからといって,日本に貧困問題がないわけでもない.年金にしてもその他にしても,このような意図的な事実誤認によって政策が決定されていくところに,日本の政治的貧困があるように思われる.

この貧困問題の見えにくさが,貧困問題の難しさだと湯浅氏は指摘する.

貧困の実態を社会的に共有することは,しかし貧困問題にとって最も難しい.問題や実態がつかみにくいという「見えにくさ」こそが,貧困の最大の特徴だからだ.

姿が見えない,実態が見えない,そして問題が見えない.そのことが,自己責任論を許し,それゆえにより一層社会から貧困を見えにくくし,それがまた自己責任論を誘発する,という悪循環を生んでいる.貧困問題解決への第一歩は,貧困の姿・実態・問題を見えるようにし(可視化し),この悪循環を断ち切ることに他ならない.本書の執筆動機もまた,それ以外にはない.

本書「反貧困」が最も強く訴えていることは,自己責任論を貧困問題へ適用することの無謀さ・暴力性だ.誰も自ら好んで貧困状態になっているわけではない.貧困から抜け出そうと努力してもいる.それでも,自分の力だけではどうにもならないのが貧困なのである.そのような貧困の実態が見えないために,相変わらず自己責任論で片付ける風潮が蔓延してしまっている.

貧困状態を理解すると,それがいかに自己責任論と相容れないものであるかがわかるだろう.(中略)自己責任論とは「他の選択肢を等しく選べたはず」という前提で成り立つ議論である.他方,貧困とは「他の選択肢を等しくは選べない」,その意味で「基本的な潜在能力を欠如させた」状態,あるいは総合的に”溜め”を奪われた/失った状態である.

健全な社会とは,自己責任論の適用領域について,線引きできる社会のはずである.(中略)貧困問題に対して自己責任論が適用されてしまうのは,(中略)多くの人たちが自分の経験に照らして心当たりがないから,それはきっと自己責任なのだと即断してしまうのだろう.

湯浅氏は「溜め」の重要性を説く.溜めとは,ノーベル経済学賞を受賞したアマルティア・セン氏がいう「潜在能力」に他ならない.

センは「貧困はたんに所得の低さというよりも,基本的な潜在能力が奪われた状態と見られなければならない」と主張する.(中略)潜在能力とはセン独自の概念である.それは「十分に栄養をとる」「衣料や住居が満たされている」という生活状態に達するための個人的・社会的自由を指している.

この潜在能力に欠けた人は,選択の自由など与えられていないのであるから,およそ自己責任論が適用される余地はない.それにもかかわらず,小泉流自己責任論が大好きな日本人は何にでも自己責任論を適用したがる.そうして,自分で自分の首を絞めていく.

日本政府も厚生労働省も貧困問題の存在を認めたがらない.ようやく貧困問題に関連する数値が明らかにされると,それを貧困問題の解決に活用するのではなく,これだけ困っている人がいるのだからと,国民生活の最低水準を切り下げる根拠に活用する.日本は,まさに底抜け社会である.

貧困の規模・程度・実態を明らかにすることを拒み続けた末に出してきた資料が,貧困問題の公認のための材料になるどころか,最低生活費の切下げ,国民生活の「底下げ」のための材料に使われた.この事実は,2007年段階における,日本政府の貧困問題に対する姿勢を如実に物語るものとして,人々の記憶に刻まれていい.

そればかりでない.国家ぐるみで貧困ビジネスが横行している.

さまざまなサポートセンターを設置するお金,職員配置のお金ばかりが消費されていく.大川興業社長の大川豊氏は,雇用保険の流用金の問題に絡めて,細分化された数々の施策は,結局役人の天下り先確保のために過ぎないのではないかと語っているが,小林美希氏は,同じようなことが再チャレンジ政策でも起こっていることを暴露した.フリーターの就労支援対策として設置された若年向けハローワーク「ジョブカフェ」運営の再委託を受けたリクルートが,日給12万円という人件費(プロジェクトマネージャー.事務スタッフでも5万円)を計上していた一件だ.

“溜め”のない人たちををダシに,政府や企業が私服を肥やしているのだとしたら,国家ぐるみで貧困者を食い物にする「貧困ビジネス」に手を染めていると言われても仕方がない.

その上で,湯浅氏は行政の非効率さや無責任さと,草の根活動の苦境を吐露している.

もし,各自治体が,ほとんど利用されないサービスのために使っている費用を<もやい>の運営に充ててくれるならば,今の数倍の人たちが連帯保証人問題で躓くことなくアパート入居を果たせるはずだが,発足後6年半,行政からの資金は1円たりとも入っておらず,メンバーの大半が無償ボランティアで活動を支えている.

<たすけあいネット>の「たすけあい金」も,<もやい>の連帯保証人提供も,相互扶助の取組みは,真に社会的に必要とされているものほど,行政の補完的役割を担わされやすい.相互扶助(共助)の顕彰(「美しき助け合い」)は,しばしば公的責任(公助)の不在を正当化するために,”活用”されがちだ.しかし私たちの取組みは,決して公的責任の不在を正当化するものではない.私たちは常に問うている.「私たちでさえ可能なことを,なぜ行政がやらないのか」と.

貧困問題が厄介なのは,それが世代間で連鎖していくからだ.

大阪府堺市健康福祉局理事の道中隆氏の調査によれば,(中略)親が生活保護を受けていたら,自分も生活保護世帯になる,という貧困の世代間連鎖が確認された.道中氏は「経済的に困難な家庭に生まれる子どもは,豊かな家庭で成長した子どもと同等の機会や発達条件,将来の可能性から排除される危険の高い生育環境にあることが,この調査結果において数量的に実証された」と述べる.

再び,溜めや潜在能力の話になるが,それらの形成を社会として支えていかなくては,貧困問題は解決しそうにない.ごく一部の不届き者を槍玉に挙げて,生活保護制度そのものを否定しているようでは全く話にならない.しょうもない自己満足のために,社会的な問題を矮小化するべきではない.

どのような社会に住みたいのか.どのような社会にしたいのか.日本をどうするか決めるのは日本人だ.

人間を再生産できない社会に「持続可能性」はない.私たちは,誰に対しても人間らしい労働と生活を保障できる,「強い社会」を目指すべきである.

それでは,どうするべきなのか.

日本における貧困者よりもずっと貧しい人達が世界にはたくさんいる.彼らにも仕事が必要であるし,日本人並みの生活をするなんて百年早いんじゃ!と言う権利は日本人にあるはずもない.グローバル化こそが彼らの貧困問題を解決するものだと主張するのは,フリードマンだ.

ずばりいおう.適切に根気よく利用するなら,グローバリゼーションは無数の人々を貧困から救い出す巨大な潜在力を秘めている.インド,中国,アイルランドなどで,多くの人々が貧困から抜け出すのを見ていると,つい気持ちが昂ぶってしまう.それをわびるつもりはない.

「フラット化する世界〔普及版〕中」(トーマス・フリードマン,日本経済新聞出版社)

確かに一理ある.しかし,グローバル化によって,日本人の高給を正当化するのが難しくなっているのも確かだろう.西欧諸国で深刻化する移民問題と同じことだ.

この流れに巻き込まれないために,いや巻き込まれるのは不可避なので,その潮流の中で下流層へ滑り落ちてしまわないために,今の中高年が精を出しているのが,子や孫への教育投資ということになるだろう.しかし,それは社会的に望ましい解なのか?

目次

貧困問題の現場から

  • ある夫婦の暮らし
  • すべり台社会・日本
  • 貧困は自己責任なのか

「反貧困」の現場から

  • 「すべり台社会」に歯止めを
  • つながり始めた「反貧困」

強い社会をめざして—反貧困のネットワークを

12月 102011
 

外国語上達法
千野栄一,岩波書店,1986

古い本だが,実に面白い.でも,書かれてある上達法は極めてまともなのだと思う.思うというのは,自分が外国語を習得できていないため,この上達法の良否を判定できないから.ちなみに,本書でいう外国語は英語に限定されず,チェコ語をはじめ,実に様々な言語が登場する.それがまた面白い.

最初に,グロータース神父のエッセイから,こんな言葉が引用されている.

さて,これまで言語について大学生たちに講義をする機会があるたびに,私はいつも「外国語をおぼえるコツを教えましょうか」と申し出たものです.学生は皆,喜んで鉛筆をもって構える.そこで私はおもむろに宣言します.「親を選ぶことです!」

こんなことを言われてしまうと絶望するしかないのだが,とにかく,本書で語られている外国語上達法の神髄に耳を傾けよう.

  • 外国語を習得しようとする場合,何語を何の目的で学ぶかをはっきり決めてかからないといけない,というのが第一の主張である.(中略)次に,習得したいと思う外国語が決まったら,その外国語をどの程度習得するつもりかの見通しをつけなくてはならない.読み書き話すという三つができるようになるまでには,言語の難易の差によって,三年から五年が必要になってくる.だから,必要でない言語を単に教養のためとかいって三つも四つもやることは,人生での大きなむだ以外の何物でもない.
  • 言語の習得にぜひ必要なものはお金と時間であり,覚えなければ外国語が習得できない二つの項目は語彙と文法で,習得のための三つの大切な道具はよい教科書と,よい先生と,よい辞書ということになる.
  • 外国語の習得に際して,語彙に関してはこれまであまり無視されていたので,もっと関心を持つ必要があり,語彙の習得にもっと計画的に時間をかけることが絶対に必要である.
  • 語学書は薄くなければならない.とりわけ,初歩の学習書はそうでなければならない.
  • まだ基礎語彙すら習得していない人が頁がまっ黒になるほどの単語を引きながら読むのは間違った学習で,辞書を引く指さきの神経は発達することがあっても,語学ができるようにはならない.
  • とりわけその言語が外国語であれば,母語の話し手が持っているレアリアに絶えず近づくことによってレアリアの量が増し,よりよくその外国語が理解できるようになるのである.そこでその外国語を支えている文化,歴史,社会…という様々な分野の知識を身につけておけば,それは外国語の理解の際に,まるでかくし味のようにあとから効いてくるのである.
  • よく考えて集められた例文や語彙をゆっくりと規則正しく覚えていくのが一番正しい学習法である.

本書「外国語上達法」で強調されているのは,外国語を習得したいのであれば,まず,基本的な単語を覚えなさいということだ.最低限必要な単語も知らないで,外国語を上達するも何もあったものではないと.もちろん,覚える単語は正しく選ばれていなければならず,頻出する単語から順に覚えるべきだと述べられている.詰め込み反対な人は再考した方が良いだろう.

さらに本書「外国語上達法」では,語学教師の資格についても書かれている.

語学教師にとっての第一の資格は,まずその外国語をよく知っていることである.教師の外国語の実力に対する学生,受講者の信頼は,授業が成立するための必要条件である.(中略)第二に,語学教師は教え方にたけていなければならない.たとえどんなによく外国語を知っていても,それを学習者に伝える技術を身につけていなければうまく伝わらないのは自明の理である.(中略)そして最後に,語学教師にとって一番大切なものは,語学教育への熱意と,学習者をひきつけずにはおかない魅力ある人間性である.これが欠けていては教壇に立つ資格がなく,これさえあれば時には語学力がいささか不足していようと,教え方にやや難があろうとカバーできる大切な資質である.

日本でも小学校から英語教育をするわけだが,これらの資格を満足している教師がどれだけいるのかと思うと,不安が募る.次のJ・トマン博士の言葉を読めば,尚更だ.

外国語を正しく学ぶための重要な前提になるのは,正しい発音の知識である.文法上での誤りをとんでもないミスと見なす人々が外国人を仰天させるような酷い発音で話すのに出会うのは,興味をひく事実としかいいようがない.しかもその際に,外国人は文法上のミスのある文の方を,ひどい発音で話された文よりもむしろ理解できるということをわきまえておく必要がある.

まあ,人様のことをどうこう言えるレベルにない私は,英単語でも覚えることから始めよう.

目次

  • はじめに―外国語習得にはコツがある
  • 目的と目標―なぜ学ぶのか、ゴールはどこか
  • 必要なもの―“語学の神様”はこう語った
  • 語彙―覚えるべき千の単語とは
  • 文法―“愛される文法の”のために
  • 学習書―よい本の条件はこれだ
  • 教師―こんな先生に教わりたい
  • 辞書―自分に合った学習辞典を
  • 発音―こればかりは始めが肝心
  • 会話―あやまちは人の常、と覚悟して
  • リアリア―歴史・文化を知らないと…
  • まとめ―言語を知れば、人間は大きくなる
11月 242011
 

このブログで「クロスバイクを買いたい」と最初に述べてから,色々と調べた.自転車屋さん巡りもした.大阪までサイクルモードにも出掛けた.この間,約2週間.

実に様々なクロスバイク(あるいはフラットバーロード)について検討してきたが,(まったく個人的な)ある一定の水準をクリアした候補として,これまでに,Bianchi camaleonte 3(ビアンキ カメレオンテ 3)Raleigh Radford-7 (ラレー・ラドフォード7)BASSO DEVIL(バッソ・デビル)TREK 7.5 FXSpecialized Sirrus EliteBianchi camaleonte 4(ビアンキ カメレオンテ 4)PINARELLO TREVISO(ピナレロ・トレビソ)を挙げてきた.

これらの中で,現時点で候補に残っているのは,Bianchi camaleonte 4(ビアンキ カメレオンテ 4)PINARELLO TREVISO(ピナレロ・トレビソ)の2つだ.この2つの候補を持って,近所の自転車屋さんに出掛けて,店長に相談してみた.そこで教えてもらった情報をもとに,さらに検討を進めた結果,新たな有力候補が登場した.イタリアの老舗Wilier(ウィリエール)のフラットバーロードだ.

Wilier Bassano Weekend

Wilier(ウィリエール)のWeekendというカテゴリーのトップモデルがBassano(バッサーノ)だ.日本のモデルは本国と異なり,Bassano Weekend(バッサーノ・ウィークエンド)という名称で販売されている.

Wilier Bassano Weekend (ウィリエール・バッサーノ・ウィークエンド) 2012年モデル
Wilier Bassano Weekend (ウィリエール・バッサーノ・ウィークエンド) 2012年モデル

日本版Bassano Weekend(バッサーノ・ウィークエンド)の詳細は不明だが,イタリアやイギリスのBassano(バッサーノ)のウェブサイトを見ると,アルミフレームとカーボンフォークのボディに,コンポはShimano Tiagra,ホイールはShimano RS10となっている.カラーは黒(カーボン)のみ.重量は公開されていないが,実測したというウェブサイトでは,なんと9kgを切ったそうだ.軽くて速いと期待される.まさにフラットバーロードと呼べるモデルだろう.日本版2012年モデルでは価格が抑えられ,12万円になるようだ.

Wilier Marostica

Bassano(バッサーノ)の下位モデルがMarostica(マロスティカ)になる.このモデルは本国でも日本でも同名のようだ.

Wilier Marostica (ウィリエール・マロスティカ) 2012年モデル
Wilier Marostica (ウィリエール・マロスティカ) 2012年モデル

Bassano(バッサーノ)との違いは,フォークがアルミであること,Soraなど下位グレードのコンポーネントを用いていること,ホイールがShimano R500であることのようだ.カラーはシルバーのみで,価格は10万円になるらしい.

Wilier Bassano Cross Bike

さらに下位モデルとして,どうやら日本専用モデルらしいBassano Cross Bike(バッサーノ・クロスバイク)がある.その名の通り,フラットバーロードというよりは,街乗りを意識した日本人向けクロスバイクなのだろう.フレーム形状も変わってくる.

Wilier Bassano Cross Bike (ウィリエール・バッサーノ・クロスバイク) 2012年モデル
Wilier Bassano Cross Bike (ウィリエール・バッサーノ・クロスバイク) 2012年モデル

当初は漠然とクロスバイクを買うつもりでいたが,主な用途が京都市街での通勤であること,いずれ自転車で実家に帰るつもりで,その場合,片道30km程度であること,休日にサイクリングをするつもりであること,いずれにせよ舗装道路しか走らないこと,脚力はないこと,サイクルモードでピナレロ・ドグマ2のようなレース用高級自転車に試乗して,その軽さと速さに感激したこと,ドロップハンドルにはしたくないこと,デザイン重視であること,みんなと同じ自転車は嫌であること,やはり快適さは重要だと思うこと,などを考慮すると,乗り心地にも配慮したフラットバーロードが購入すべき自転車だという結論に達した.とりあえず,希少性があってスタイリッシュなアルミフレーム&カーボンフォークを中心に検討することにしよう.