1月 122011
 

asahi.comに「東大院生も3割、就職難 学生生活実態調査」という記事があった.そこには,東京大学に在学する大学院生の就職について,次のように書かれている.

就職の見通しについて、「かなり厳しい」「見通しがたたない」が36.3%で、前回36.1%から微増。文系に限れば、52.9%と半数以上が就職難の波を受けている。高年齢になるにつれ、明るい展望を抱く割合が減っていたという。

工学研究科に所属する私には,そもそも文系の大学院というもののイメージが湧かない.せいぜいMBAくらいだ.「元々,就職先なんてないのでは?」と思うのは世間知らずだからだろうか.

でも,まあ,興味があるのは理系だ.asahi.comの記事には書かれていないが,ネタ元である「2009年(第59回)学生生活実態調査の結果」を読むと,

就職の見通しは「かなり厳しい」と「たたない」が文科系52.9%,理科系29.9%

とまとめられている.これは大学院生を対象にした調査結果だが,そもそも大学院進学率がどうなっているかも把握しておかないと評価は難しい.「2008年学生生活実態調査」によると,大学院進学予定者は理系で69.3%,文系で28.0%となっている.さらに,「2007年学生生活実態調査」によると,理系が70.1%,文系が30.0%となっている.大雑把に,進学率は理系で70%,文系で30%と考えて差し支えないだろう.

ここまでの結果をまとめると,東京大学に進学した勝ち組学生さんのうち,理科系の21%(=70%×29.9%),文系の16%(=30%×52.9%)が,わざわざ大学院に進学した挙げ句,就職の見通しが「かなり厳しい」あるいは「たたない」ということだ.

子供を世間体の良い大学にぶち込むことに執心する親御さんの努力は報われているのだろうか.

  2 Responses to “東大生の就職難”

  1. 極論をいうと就活をするということは 私に毎月お金を払ってください と会社に申し込むことだとおもいます。当然払う側はきびしく選考するし、若い方がいいし、仕事できそうな子がいいのです。例は悪いのですが、極論をいうとあの市橋容疑者ですらしらない土地で住み込み・常勤で仕事をしていました。保証人なし、自動車免許なし、偽名の犯罪逃亡人ですら、死に物狂いの人間ならちゃんと職にありつけて食っていけるという証明です。40代以下なら仕事はあります。40代以下は仕事のえり好みなどせず、とにかく働くことが大事です。新聞配達、パチンコ従業員、農林水産業など慢性人不足の業界で、知らない土地で心機一転働くつもりなら実は働けます。40代以下で就職できない人は強気すぎるのです。「自分らしくいられ、今のライフスタイルを維持でき、やりたい仕事でかつ正社員にしろ。できれば大企業、人気業界で」と要求するので結果的に就職できないのです。

  2. 就社活動において,原理を無視した我が儘を言う学生がいるのは事実でしょう.
    働く前から何もかもが見通せるわけではないので,とにかく,与えられた仕事に全力を尽くせというのは正論だと思います.ドラッカーなんかも,そう言ってます.文句を言うくらいは誰でもできますから,そんなことを評価する人はいません.全力を尽くすことが評価されるはずです.まあ,そんな人は好きなところにサッサと就職していくでしょうが.

    日本の制度だと,新卒採用一辺倒なのが気に入りません.そこで落伍すれば,まさに再起不能です.これは良くないと思っています.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>