1月 242011
 

バルティモアで開催されたQbD/PAT/RTRtを主テーマとする国際会議IFPACが終了した後,別件でイリノイ州を訪問.奇遇にも,石山高校時代からの友人夫婦がシカゴに駐在しているため,この機会に友人宅を訪問する.

バルティモアもシカゴも寒いのは寒いのだが,シカゴを訪問する日から,猛烈に気温が下がり,最低気温は−20℃以下,最高気温ですら−10℃以下という状態.シカゴオヘア空港まで迎えに来てもらったが,ターミナルビルから外に出ると,凍えるほど寒い.オハイオ州コロンバスに住んでいた頃を思い出す.

シカゴのダウンタウン
シカゴのダウンタウン

シカゴオヘア空港から自宅まで,セカンドカーのホンダ・オデッセイに乗せてもらう.アメリカらしい閑静な住宅街で,白色系の大きな家が,実にゆったりとした間隔で建ち並んでいる.玄関や庭(写真は玄関だけで広大な庭が裏にある)に雪は積もったままだが,道路は完璧に除雪されている.

ゴージャスな友人宅@シカゴ近郊の街
ゴージャスな友人宅@シカゴ近郊の街

アメリカの間取りは独特だが,日本風に換算すると10LDKくらいだろうか.目視確認した範囲でバスルームは2つ.滞在中,家の半分くらいにしか立ち入っていないので,正確なことはよくわからない.とにかくゴージャスということだ.

束の間,久しぶりの再会を喜ぶ.

ちなみに,友人一家がアメリカへ来てまだ半年程だが,小学校から幼稚園の三姉妹の英語の発音は既にカタカナではなかった.やはり子供は凄い.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>