2月 272011
 

老子
老子(著),蜂屋邦夫(訳),岩波書店,2008

タオ―老子」(加島祥造,筑摩書房)を読み,老子の言葉をそのまま読んでみたいと思ったので,岩波版の本書を手にした.正直,難しい.私ごときでは,まだまだ老子は理解できない.体得できないどころか,頭でもわからないところが多い.それでも,いくつか引用してみる.

善人は不善人の教師であり,不善人は善人の手助けである.その教師を貴ばず,その手助けを愛惜しなければ,どんなに智者であっても,たいへんな愚か者である.このことを,玄妙な道理という.(第二十七章)

剛強なあり方を知りながら,柔弱の立場を守っていくと,世の中の人々が慕いよる谿となる.世の中の谿となれば,恒常の徳は身から離れず,純粋な嬰児の状態に立ちかえる.賢明なあり方を知りながら,暗愚の立場を守っていくと,世の中の人々が仰ぎみる模範となる.世の中の模範となれば,その身は恒常の徳と違わず,極まりなき道の世界に立ちかえる.栄誉あるあり方を知りながら,汚辱の立場を守っていくと,世の中の人々が慕いよる谷となる.世の中の谷となれば,恒常の徳はその身に満ち足りて,素朴な樸の状態に立ちかえる.(第二十八章)

わたしには三つの宝があり,しっかりと保持している.第一は慈悲,第二は倹約,第三は世の中の人々の先頭には立たない,ということである.慈悲深いから勇敢でありうるし,倹約であるから国が広くなりうるし,世の中の人々の先頭には立たないから万人の長になりうるのだ.(第六十七章)

すぐれた武将は猛々しくない.すぐれた戦士は怒りに任せない.うまく敵に勝つ者は敵とまともにぶつからない.うまく人を使う者は,彼らにへりくだる.これを争わない徳といい,これを人の能力を使うといい,これを天に匹敵するという.むかしからの最高の道理である.(第六十八章)

全体を通して,無欲であることを良しとする意識が強いと感じられる.恐らく,禁欲ではなく,無欲だ.

それに,水が良いものの喩えとして再三登場する.柔弱だが剛強に勝ち,低いところを好む.云々.

目次

  • 老子(第一章から第八十一章)
  • 解説