2月 282011
 

京都大学ほかの入学試験問題が試験時間中にネットに投稿され,その質問に回答まであった事件が世間を騒がせている.所詮はカンニングだからどう対処するのだろうかと思っていたが,警察沙汰になるそうだ.京都大学が京都府警へ被害届を提出し,偽計業務妨害の疑いで捜査が始まるとのこと.ヤフー側も捜査には全面的に協力するとしているので,投稿者の身元は判明するだろう.投稿者が正真正銘の馬鹿でないなら,携帯電話はプリペイドで,購入時の身分証明書は偽造と予想されるが...

ちなみに,昔,韓国で携帯電話を利用した集団カンニングが発覚したときは,公務執行妨害で有罪となっている.

それにしてもだ.こういう馬鹿のおかげで,文部科学省から各大学に対して不正防止体制を強化しろという通達が来るだろう.特に事件の現場となった京都大学は何らかの措置を講じざるをえないため,大学教職員に与える被害は少なくない.どれだけの社会的損失を発生させることか.それを考えれば,有罪とされるのもやむを得ない.十分に反省してもらおう.

その一方で,受験生に動揺しないようにとのアナウンスがなされているが,一体,何に動揺するというのだろう.仮に複数の受験生が不正行為で合格できたとしても,それによる合格最低点の上昇は1点もないだろう.恐らく普通の受験生の合否には影響しない.特殊な不正行為よりも,当日たまたま出来が良かったか悪かったか,配点がたまたま自分に好都合だったかどうかの方が余程影響が大きいはずだ.

それにしてもだ.1点を争う入学試験というのも考えものだ.大学はアドミッションポリシーを公開し,求める学生像を描いているが,それは1点差で滑り込める学生なのか.違うとは言えないはずだ.点数だけで合否判定するという入試制度は大学が決めているのだから.問題は2つある.まずは,点数だけで判断していいのかという点.次に,偉そうなアドミッションポリシーを掲げながら点数だけで合否判定していいのかという点.

入学試験の点数主義を改める

入試制度については,以前,「カルチャーショック ハーバードvs東大─アメリカ奨学生のみた大学教育─」(ベンジャミン・トバクマン,大学教育出版)でも触れた.東京大学を筆頭に日本で世間体のよい大学では,「ペーパーテストで点を取る能力」のみが評価される.これは誰もが知っている事実であり,世論もそれで良いとしている.だからこそ,浪人の存在が社会的に許容されるわけだ.一年間,ペーパーテストで少しでも高い点を取れるようになることを目指して,日夜努力するわけだ.そして,その努力を大学が認める.偏狭であっても全く不思議でない,そのような浪人を大量に合格させる,つまり,そのような浪人が東大に相応しい志願者だと判断しているのが現状だ.著者は,「浪人の社会に対する貢献はゼロだ.「浪人制度」はお金持ちに偏っているだけではなく,志願者の社会問題への関心を薄め,大学の創造力も国の国際競争力も弱めることになる」と痛烈に批判している.

では,海外ではどうか.「カルチャーショック ハーバードvs東大─アメリカ奨学生のみた大学教育─」にはこう書かれている.

「社会のことはどうでもいい」と思う人は,きっぱりとハーバードに断られる.ハーバードに受かりたいならば,取りあえず,ボランティア活動をやってみることをお勧めする.こうして,志願書の「課外活動」という欄に書けるものが増えて受かりやすくなる.それとともに,有意義な経験を積むことだろう.

自律,自由,動機: ハーバードvs東大の続き」に書いたので繰り返さないが,日本の入試制度は知識偏重であり,ボランティア活動を評価すべきかどうかはともかくとして,何らかの変革が必要なのは確かだろう.1点差で試験に勝つことが大切だ!と信じていないのなら.

ただし,ボランティア活動の評価などが必ずしも良いと思わない.それは,こんなエピソードがあるからだ.ある街に優秀な女子高生がいた.学業が優秀なばかりでなく,積極的にボランティア活動などにも取り組んでいた.あるとき,その地域の高校生有志が,受験対策としてハーバード大学への視察旅行に出掛けた.視察旅行から戻った女子高生は,次のような感想を述べたそうだ.「私も,もっと目立つボランティアをしないといけないわね」と.このような「賢い」学生が,自分の利益だけでなく,社会のために頑張ってくれるとは思えないが,それでも,現状のまま何もしないよりは「まし」だろう.

また,「これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学」(マイケル・サンデル,早川書房)にも,学業面での資質のみを基準に学生を選考する大学もあるかもしれないが,ほとんどの大学は違うと書かれている.彼らからすれば,日本の大学入試制度は奇異だろう.

入学試験をクジ引きにする

サンデル教授は「これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学」において,入学試験の合格通知と不合格通知に添える文面を提案している.

まず合格通知では,合格することと人間としての価値とは無関係であること,人間として価値があるから合格させるのではなく,大学の利益になるから合格させるのだと述べる.一方の不合格通知では,逆に,不合格となったことは人間としての価値とは無関係であること,たまたま大学が求める能力と志願者の能力とがミスマッチしていただけであると述べる.これらはジョン・ロールズの掲げる正義に合致する.

入学試験の結果なんて偶然の産物でしかないと思えれば,不合格だからと言って,自分に価値がないなどと妄想して落胆しなくても済むだろう.そこで,どこで見掛けたかは忘れてしまった(どこかのウェブサイトだった)のだが,入試の点数にランダムに点数を加算してしまえという意見があった.例えば,100点満点の試験だとして,デタラメに0〜10点を加点してしまえというわけだ.しかし,この方法は機能しないだろう.10点加点するルールなら,11点以上差をつけて勝てばいいと誰もが考えるからだ.だから,もし実行するなら,合格最低点を決めて,それ以上の点数をとった受験生全員でクジ引きする方が確実に目的を成し遂げられる.こうすれば,無駄な(?)努力はしなくなる.

合格通知を競売する

もう1つ.「これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学」でサンデル教授が提示している思考実験がある.合格通知を競売にかけるというものだ.

前に「国立大学倒産に向けて」や「財政破綻する日本の大学: 脱出ボタンを押せるのは優秀な人材のみ」に書いたとおり,独立法人化された地方大学で集客力のないところは財政破綻しかねない.集客力のあるところでも,以前のレベルは維持できなくなっている.そこで,合格通知(入学許可証)の一部(例えば数%)を競売にかけてしまったらどうだろうか.東大や京大の合格通知が買えるなら,1億円くらいなら出すという子供想いの親はいるだろう.例えば年間10人(1%未満)の合格枠を割り当てれば10億円の収入となる.オークションだから,実際にはもっと収入は増えるかもしれない.自分で金を稼げと言われている大学には良い儲け話だ.一方,受験生とその家族にしてみれば,効果が不確かな家庭教師や教材に資金を注ぎ込むよりも確実に欲しい結果を手にすることができる.両者共にハッピーだ.

しかし,この提案は現実には社会的に受け入れられないだろう.推薦入試で合格し,多額の寄付金を大学に捧げることとの違いがハッキリしないように思えるのだが,恐らく表立って認めるわけにはいかないということなのだろう.もちろん,そのような仕組みが公正ではないという意見もあるはずだ.しかし,そもそも公正とは何か.家庭の経済的状況などを全く無視して,現在の受験生が公正な競争をしているとでも言うのか.その10億円を経済的に恵まれない成績優秀者に奨学金として分配するとしたらどうか.

このような問いをサンデル教授は投げかける.なるほど.講義の人気が高いのも頷ける.私も大学一回生のときに哲学を受講したが,そこではニーチェが・・・(聞き取れないか,意味が分からない)と教授が呟いているだけだったから.「哲学」学か哲学史と名付けた方が良いような講義だった気がする.

大学に進学する人たちへ

日本の入試制度は知識偏重で点数でしか受験生を評価しない.だから,仮に不合格になっても自分という人間に価値がないなどと決して思う必要はない.むしろ逆で,大学に人を見る眼がないだけだ.

私の経験から言えば,どこの大学にも,凄い学生もいれば,???な学生もいる.どこの組織でも,そこに所属している人間は2:6:2に分かれるそうだ.優秀な人が2割,普通の人が6割,動かない人が2割.どこの大学に行くかではなく,3つのうちのどのグループに入るかが問題だ.