3月 052011
 

1泊2日の工場見学に引率教員として参加し,JFEスチール株式会社に用意していただいた宿泊施設で,学部3回生と朝3時過ぎまで話し込んだ.話題はあちこちに飛び跳ねていたが,いくつかポイントをまとめておこう.

道徳や倫理,人間としての基本

何も難しいことを考える必要はない.他人に迷惑をかけるようなことはするな.これが第一段階.遅刻するなというのも第一段階.実に簡単なことだ.これもできずに偉そうなことを言っても誰も共鳴しないだろう.

人間らしくあれ.これが第二段階.これは簡単ではないかもしれない.人間らしいとはどういうことかということから考える必要がある.自分で答えを探せ.

京都大学のぬるい実態

文句はあるだろう.自分がそうだっただけに,大学に失望するという気持ちも分かる.だが,自分自身以外のものに失望したからと言って,自分の人生に責任がなくなるわけでも,自分の人生を粗末に扱ってもよいわけでもない.環境に文句を言うのは誰でもできる.テレビに登場するのも,そんな評論家気取りばかりだ.しかし,環境や他人に文句を言うのは建設的な態度ではない.いつまでも同じレベルに停滞するだけだ.京大の現状に文句を言ってる奴は,その京大と同レベルだということだ.

文句を言う暇があるなら,自分を成長させろ.自分を磨け.自分がレベルアップすれば,環境もレベルアップする.他人を変えることなんてできない.変えられるのは自分だけだ.自分も変えられないのに,他人を変えられるはずがない.

大学院修士課程への進学

折角,京都大学工学部に進学したのだから,事情が許すなら,少なくとも修士課程までは進学するのがよいと思う.残念ながら,3回生までは高校の延長でしかなく,研究に触れられるのは4回生からだ.しかし,4回生の1年間では研究のいろはも実感できないうちに卒業することになるだろう.特に学部卒で就職する場合には,就職活動に時間を割くのだから尚更だ.それで理系と名乗ってもらいたくはないというのが正直なところだ.

さらに言うと,国際的には修士という学位にはほとんど何の意味もないことを知っておいた方がよい.専門家としての敬称はProf.やDr.である.つまり,博士であることが条件である.修士はMs.やMr.でしかなく,素人とみなされるのであって,Dr.のように別格扱いはされない.

海外の教育事情について少し話をしたが,中国,インド,韓国,台湾,シンガポールなどでは,日本の何倍,何十倍という学生が欧米でPh.D.を取得している.グローバル化・フラット化する社会で競争相手となるのは,そういうバイリンガル以上の高学歴な連中だ.日本のぬるい大学や大学院卒ではない.

今やるべきことは勉強

将来やりたいことがある学生も,まだない学生もいる.しかし,いずれにせよ,今やるべきことは勉強だろう.それが大学生の使命だからだ.目の前のやるべきことさえやれない人間が,偉そうに将来のことを語っても誰も聞く耳を持たない.大志を胸に抱き,その実現に向けて,目の前にある為すべきことを成し遂げろ.その一歩一歩が次に繋がるのだから.

仕事も同じだろう.与えられた小さな仕事に全力を尽くせないような人間に,大きな仕事は与えられない.

もしも,今やるべきことは勉強だと思えたなら,まずは大学院入試の勉強を真面目にやることを勧める.20歳の今からの5年間が勝負だと思え.そこで学んだことが自分の人生の基盤になると思え.そこでどれだけ全力を尽くしたかで人生が決まると思え.

就職

京都大学で化学工学を学んでいるのだから,就職なんて全く心配する必要はない.3月になった時点で,高々30名程度の学生に対して130社から求人が来ている.もちろん,そんな学校推薦を利用せず,自由に就職活動をしても構わない.むしろ心配なのは,自分がどのように生きたいのかを考えていないことであり,今やるべきことに全力を尽くせていないことだ.

目標

とりあえず,何でもいいから,具体的な目標を立ててみたらどうだろう.例えば,大学院入試に向けてTOEIC800点以上とか.数年前の私のように読書年50冊とか.資格を取るというのもいいだろう.重要なのは,目標が具体的である(成否を検証できる)ことと,期限を決めておくことだ.期限のないものは達成されない.

おわりに

プロセスシステム工学研究室に配属されることになり,幸か不幸か私のグループに入ることになる人,よろしくね.

3月 052011
 

2月下旬になると,これまで静かにしていたカブトムシの幼虫たちが,カサコソと動くようになった.遂に冬眠から目覚めたようだ.幼虫も室内で飼っているため,冬眠が終わるのも早いのだろう.しばらく放置しておくと,昆虫マットの表面に糞が目立つようになった.そろそろ,カブトムシの幼虫20匹の糞掃除をしないといけない.

というわけで,工場見学へ出掛ける前に,糞掃除を実施した.コバエシャッター(大)2ケースの昆虫マットとフンを,スプーンですくい,篩で分ける.予想以上に糞が多い.そのぶんだけカサが減るので,新しい新型ビートルマットを追加する.作業は以前書いた「カブトムシとクワガタムシ(14) 幼虫34匹の糞掃除: 誰か欲しい?」とほぼ同様.所要時間は1時間ほど.

これまでの糞掃除と同様,「○○ちゃんも手伝う」と言って長女が手伝ってくれるのだが,ケースの外に昆虫マットをこぼしてしまう.その掃除が面倒なので,むしろ時間がかかる.それでも,一緒にスプーンを持って,せっせと篩に昆虫マットとフンをすくいだす.

今回は一緒に糞掃除をした長男が,また小学校に持っていきたいという.今回は,幼虫が蛹になる前に,一匹ずつペットボトルなどに移して,蛹化や羽化を観察したいと考えているので,うまくできたら,それを小学校へ持っていくといいと答えた.楽しみだ.それまでは,ひたすら糞掃除.