3月 162011
 

大地震発生後の東京で

大地震があった翌日,静岡在住の友人から連絡があった.

ちょうどその日,東京都品川区で会社説明会を実施しており,学生共々帰宅できなくなったという.

その品川区の施設で暫く待機していたが,「ここはもうすぐ閉めるから近くの小学校へ行ってくれ」と指示され,「こういう有事の時にこういう施設(建設2年位)を使わなくてどうすんの?」と疑問を抱きつつも,近くの小学校へ移動したそうだ.

ところが,その一時間後に小学校から突然「区からこの小学校が非難所に指定されませんでしたので皆さんを収容しておくことはできません」と言われてしまい,移動手段もない状態で,放り出されてしまったそうだ.電車は動いていないし,遠くから来ている人達が歩いて帰れるわけもない.報道でも待機するようにと言われているのに見捨てられ,その小学校の非情な対応に失望したという.

非常時に体育館くらい解放できないものだろうか.

仮に自分の周りで同じような状況が起こったときに,どうなるだろうか,どうするだろうかと考えてみる.

記者会見とか

東京電力の記者会見を見ると,矢面に立たされている社員の方々はもう疲労困憊という様子で気の毒だ.福島第一原子力発電所で事故対応に取り組んでいる社員は家族と連絡も取れないらしい(どこかの記事に書いてあった).社長ら経営幹部は何をしているのだろうかと思う.

政府と東電の原発事故への対応は酷い(恐らくすべてが想定外なのだろう)ようだが,奮闘している官房長官らには倒れないようにしてもらいたい.