3月 312011
 

ビジネスを主たるテーマにしている「フラット化する世界」(トーマス・フリードマン,日本経済新聞出版社)においても,教育の重要性が強調されている.印象的な部分を引用しておこう.

「賄賂を使ってIITに入学することはできない・・・受験者は厳しい入学試験を経て入学する.政府はカリキュラムに干渉せず,勉学は過酷だ・・・おそらくハーバードやMITに入学するよりも難しいだろう・・・サン・マイクロシステムズの共同創設者でIIT卒業生のビノド・コスラはいう.『IITデリー校を卒業して,修士号を取るためにカーネギー・メロンに行ったら,たいして勉強しなくてもいいと思った.IITでの教育に比べたら,ずいぶんと楽だったから』」

(ウォール・ストリート・ジャーナル,2003年4月16日付)

昨今,中国,韓国,インドなどアジア諸国から米欧の大学・大学院への留学生が増えているのに対して,日本からの留学生は減少していることが問題視されている.グローバル化した世界において,世界に目を向けず,内向きな人達が増えるような国に明るい未来があるとは思えないという危機感のあらわれだろう.なお,個別的な具体例として,米国ジョージア工科大学のことを「アメリカの大学院を目指してみよう」に書いてあるので,読んでもらうといいだろう.

しかし,留学生の数だけが問題なのではない.上記の記事をよく読んで欲しい.世界トップクラスの大学院に対して,「たいして勉強しなくてもいいと思った.IITでの教育に比べたら,ずいぶんと楽だったから」という感想をインド人学生は持つのだ.もはや彼らは必ずしも米欧に留学する必要性を感じない.自国で教育を受け,グローバルに戦えると思っている.

ところが日本では,教育改革が遅々として進まず,学力低下だけは明らかになってきている.世界が,英語もできず,ろくな人材も育たない日本を相手にする必要はないと感じてもおかしくはない.中国やインドは優秀な博士を大量に育成できるようになりつつある.その数は日本とは桁違いだ.そのような状況下での今回の大震災だ.諸外国は人道的な観点から日本を援助してくれるが,ビジネスは別の話だろう.教育を疎かにしてきたツケはいずれ払わないといけない.覚悟しておいた方がいい.

「東欧は目を覚ましかけているし,中国もサービス産業で時流に乗っていろいろなことをやろうと手ぐすね引いて待ちかまえています.インフラが整備されているおかげで,今日では世界各地のどこからでも最高の製品やサービスや能力を調達できます.あとはインフラを利用しようという意思さえあればいい.だから,さまざまなビジネス,さまざまな人々が,このインフラを楽に使いこなせるようになれば,大爆発が起きますよ.五年ないし七年後には,英語ができる優秀な中国人学生が大量に大学を卒業する.ポーランドやハンガリーは地理的にヨーロッパ西部にも近く,関係も非常に深い.文化も大差ない.いまインドは一歩先んじていますが,その位置を守るためには,相当な努力が必要です.立ちどまることなく自分を変え,さらに変え続けなければなりません.(中略)世界はサッカー場のようなもので,そこでプレイするチームとして残るためには,鋭敏でないとだめです.実力がなかったら,ベンチを温め,ゲームを眺めるはめになります.しごく簡単でしょう」

(ゲーム会社ドゥルバ・インタラクティブを設立したラジェシュ・ラオ)

日本はこれからどのようなプレイヤーになるのか.それ以前に,あなたはこれからの世界でどのようなプレイヤーになるのか.真剣に考えた方がいいだろう.他者には置き換えられない個人になれるかどうか.これが重要になる.置き換えがきくなら,あなたに任せる必然性は何もない.このような状況下で,勉強しないのは勝手だが,そのツケは自分が払うしかない.

どうも馬鹿親が増殖しているようなのが気になるが,もはや日本の中でどうこうという段階ではない.ぬるま湯に浸かってボケーッとしている日本人と違って,猛烈に勉強し,仕事をする外国人がいくらでもいる.これからもっと増えていく.そういう世界になったことを認識する必要がある.