4月 192011
 

彼女に尋ねられます.「子供を外に出して大丈夫?」,「雨に濡れても大丈夫?」,「野菜や魚を食べても大丈夫?」などと.そんな家庭は少なくないと思います.

極めて遺憾ながら,日本政府には国民を守る意志が希薄で,国民が自分で自分を守るために必要な情報を出す気もないようです.もはや,世界中で誰も日本政府の発表を信用していないような有様ですから,本当に残念です.

既に自分で調べている人も多いと思いますが,ここで,放射能雲の動きを知ることができるサイトを紹介しておきます.もちろん,日本の政府や気象庁の発表するものではありません.彼らは発表すらしませんし,発表しても信じられませんが...

イギリスのWeatherOnlineにて,ノルウェー気象庁(Norsk institutt for luftforskning)が提供している,福島発放射能雲の予報図(Cloud spread – Fukushima)を見ることができます.トップページの右上に目立つように”Cloud spread – Fukushima”の文字と予報図が掲載されています.そこをクリックすると,さらに詳細な情報を見ることができます

参考までに,本日夕方のヨウ素131,キセノン133,セシウム137の放射能雲の予報図を掲載しておきます.下記リンクからも,予報図のページに行けます.

これらの図はあくまでも計算上のものですので,実際とは異なるでしょう.しかし,風向きなどの影響で放射能雲の位置は大きく変わるとしても,西日本もスッポリと放射能雲に覆われる危険性は常にあることがわかります.注意したいのは降雨です.濃度が高い放射能雲に覆われているときに雨が降ると,汚染された雨が降ってきます.

このような情報を常にチェックしていたのでは日常生活に支障が出てしまいます.だから,最初の質問「子供を外に出して大丈夫?」,「雨に濡れても大丈夫?」に対する私の答えはこうです.

「京都では普通に生活してても大丈夫だよ.でも,雨には濡れないようにして.」

ヨウ素131の放射能雲の予報(4月18日03時における4月19日18時の予想)
ヨウ素131の放射能雲の予報(4月18日03時における4月19日18時の予想)

キセノン133の放射能雲の予報(4月18日03時における4月19日18時の予想)
キセノン133の放射能雲の予報(4月18日03時における4月19日18時の予想)

セシウム137の放射能雲の予報(4月18日03時における4月19日18時の予想)
セシウム137の放射能雲の予報(4月18日03時における4月19日18時の予想)

  9 Responses to “本日夕方の日本上空における放射能雲の予報: ノルウェー気象庁発表@WeatherOnline”

  1. こんにちは.いつも勉強になってます.
    日本放射線影響学会のwebページ
    http://wwwsoc.nii.ac.jp/jrr/
    に「福島原子力発電所の事故に伴う放射線の人体影響に関する質問と解説 (Q&A)」が掲載されています.具体的な質問も数多く掲載されています.
    気象庁からの発表がなされないのは本当に残念ですが,国内の関連学会ではこのような取り組みもされています.

    • Ishitobiさん,こんにちは.
      情報ありがとうございます.参考になりました.
      専門家が回答されているので,とても有り難いのですが,
      Q&Aに書かれている回答が必ずしも十分に安全を確保できるように
      との立場でなされているわけではないように思います.というものの,
      そのような発言は学協会という公的立場では無理でしょう.

      例えば,下記.
      Q19 野菜および魚介類から基準を数倍上回る放射性物質が
      検出されたようですが食べても大丈夫ですか?
      A:野菜および魚介類などは、放射性物質による汚染検査を
      していますので放射性物質を含むものは市場に出回りません。

      残念ながら,その汚染検査が信じられないという問題があります.
      今回の事故前に定められていた基準や方法がことごとく覆され,
      杜撰な基準や方法が罷り通っていると聞きます.
      「放射性物質を含むものは市場に出回りません」と言い切った勇気は凄いです.
      政府等の安全宣言を信じるかどうかは各自で判断するほかありませんね.

      農業や漁業に携わっておられる方々をしっかり救済するのは当然として,
      自分で自分の健康を守る覚悟も必要です.国には任せられません.

      なお,この期に及んで,政府と東電は責任の擦り付けあいをしています.
      外務委員会での政府答弁と東電の会見とで全く違うことを言ってます.

      • 今回のような放射性物質の汚染検査は一般の人が行うのはほぼ不可能(測定に特別な機器が必要)という点で,検査は厳格に行われなければならないし,専門知識をもつ者は責任と矜持を持って検査しなければならないと思います.このような事態になってしまったことが残念です.

        • 事故が起こった事実は消せない.
          今からみんなでベストを尽くすべき.
          そうすれば,日本は素晴らしく良くなると思うのだけれどなぁ...

  2. 理系の大学に勤める立場で、京都でも雨に濡れないようにと発言するのはどうなのでしょうか。
    降雨時のモニタリング結果や降下物の放射線量などのデータは公表されているようです。
    予想は条件しだいで大きく変わるし、どのような濃度のコンターにするかで印象がガラッと変わります。
    もう1ヶ月もたつのだし、実際の測定値などを踏まえてどうなんでしょうか?
    それとも、公表されている実測値も都合のよいデータだけ公表していると考えられているのでしょうか?

    • 仰ることは,もっともだと思います.
      各地の実測値をふまえて,全く問題なしと判断される冷静な方もおられるでしょう.

      日常生活でも,添加物だらけの食品を食べて平気な人もいれば,
      有機野菜に限るという人もいるように,実に様々な考え方があると思います.
      加えて,今の科学技術で何がどこまで正しく把握できているのかについても,
      定かでありません.今安全と思われているものが本当に安全なのか.
      過去を振り返ると,結構怪しい気もします.

      生活を送る上では,どこかで線引きしないと仕方ありません.
      私はどちらかというと過敏な方です.
      それで,「雨には濡れないようにして」です.
      元々,原発事故を抜きにしても,雨が綺麗だと思っていないこともあります.

    • 補足です.

      現在の基準で安全と宣言されているものは安全だとする立場の個人が
      おられても,それはそれでよいと思います.

      しかし,原子力発電所周辺で小児白血病が高率で発症しているという報告や
      それに関する議論は少なくなく,因果関係が完全に証明されたわけではない
      としても,その危険性を無視してよいとも思いません.

      これも,現在の日本の基準では安全だと宣言されている例だと思います.

      無論,私は素人ですし,個人で判断しましょうとしか言えませんが...

  3. 貴重な情報、ありがとうございます。

    東電や日本政府、マスゴミの情報は狂っているのがたくさんありますから、国民は何を頼りにしていいのかわからなくなります。科学のことでしたら最も信頼できる情報はやはり『Nature』か『Science』ではないでしょうか。

    http://www.nature.com/news/specials/japanquake/index.html

    東電は10年で元通りにすると言っておりますけど、『Nature』の記事を見ますと、『何十年必要か見当もつかない、100年以上かかるかもしれない』という専門家の意見が載っています。

    やはり菅総理が言ったように、原発近辺に住んでいた被害者の方がたは10年、20年は戻れないというのが事実ではないでしょうか。

    菅総理もたまにはまともなことを言うと思ったんですけど、メディアにボコボコに叩かれましたね。

    こういう日本人の体質といいますか、国民性といいますか、が国民に都合が悪い情報が隠蔽され歪曲報道が蔓延する一因になっているのではないかと思いますね。

    • NatureやScienceを否定する気はありませんが,影響が大きいかどうかと,信頼できるかどうかは,また別だと思います.結局,権威にすがるようでは元の木阿弥ですから,自分で情報を集めて自分で考えるという姿勢を身につけることが大切だと思います.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>