4月 292011
 

今回の東日本大震災や福島原子力発電所事故の被害は確かに甚大だが,しかし,それも終わりの始まりにすぎないかもしれないという現実を直視できる人は一体どれだけいるのだろうか.今を生きている人類の行動は全体として全く持続可能なものではなく,人類は絶滅危惧種,それも他に類を見ない自殺しつつある種であるという現実から目を背けている余裕はない.

現在の地球の状態を考えれば,そして人類の過去を振り返り,その未来に目を向ければ,今望まれる日本の復興というのは,決して以前の姿に戻ることではないように思われる.日本人の叡智を集め,新しい社会を作り上げていくべきなのだろう.そうでなければ,復興というよりも,むしろ元の木阿弥ではないかと危惧される.

残酷なことを言っているのかもしれない.人間なんて弱いものだ.どうしようもない危機を前にすると,立ちすくんでしまう.目を閉じて,耳を塞いで,これは現実じゃないと自分に言い聞かせたくなる.そこまでしなくとも,無関心を装う.危機が黙って通り過ぎてくれることを祈りながら.

自分が住んでいるところだけは地震が来ないし,原発も事故を起こさないといった幻想を抱くのも,そういうことだろう.しかし,それでは何も解決しない.危機は黙って通り過ぎてくれそうにない.

少なくとも,無関心であってはいけないのではないだろうか.震災にしても,原発にしても,地球環境のことにしても,そして何より自分自身の生活の仕方,あるいは生き方についても.まず気付くこと,目を逸らさないこと,それが大きな意味のある第一歩になるだろう.

今,我々は価値観の大きな転換を求められているのではないだろうか.自然や他人を犠牲にしても金儲けができればいい,自分さえ良ければ,自己保身さえできればいいという考え方は時代錯誤も甚だしい.今回の原発事故で,国や企業や大学で重要な地位にいる人達が必ずしも善良ではないと改めてわかった.「そんなこと昔からわかっている」と言われるかもしれない.全くその通りだが,では,なぜ,そのような状態がずっと放置されてきたのだろうか.結局,我々の無関心がそうさせてきたのではないだろうか.今回のような自然及び人的災害が起きて,被災した人達の苦悩には心が痛むが,それでもなお無関心な人達もいる.その現実は,端的には,震災後に行われた地方選挙の投票率を見れば明らかだろう.

道徳の時間に子供たちは説教される.「いじめはダメ.いじめを見て見ぬふりするのもダメ」と.でも,考えてみれば,その説教には説得力の欠片もない.ちょっと社会を見てみれば,いたるところに,いじめと無関心が蔓延しているとわかるのだから.

まずは,今起こっていることに関心を持つこと,そして考えてみること.それが大切なのではないだろうか.

「関心を持っても,考えても,どうしたらいいかなんて分からないし,世の中は変わらない」と言われるかもしれない.人は,いつから,こんな諦観に支配されてしまうのだろうか.たとえ世の中は変えられなくても,自分は変われる.自分が変われば,何かが変わるだろう.

とても残念なことだが,原発問題で不正直な対応を繰り返す政府や役所や企業は海外から全く信用されていない.日本人として実に情けないことだが,しかし今回の震災で海外の注目を集めているのは,そのような不正直さだけではない.被災した人達も,その人達に関わろうとする人達も含めて,一般の名もない日本人が自然と示す態度に,日本人が受け継いできた精神に,世界から驚きと賞賛が送られている.

もちろん道程は険しいだろう.それでも,人類の未来はかくあるべしという範を,日本が世界に示せるといいなと思う.それが日本人にはできると思う.

  6 Responses to “終わりの始まり.日本は世界に範を示そう.”

  1. 『日本の常識は世界の非常識。世界の常識は日本の非常識』って誰かが言ってましたけど、本当に日本はひどいと思いますね。世界がまともだとは思いませんけど。

    『日本は世界に範を示す』ようになることを私も望んでおりますけど、その前に歴史に学んで自分たちがやってきたことに正対すべきでしょう。

    自国の野望を満たすためにアジアの国ぐにを侵略・植民地支配して2000万の無辜の人びとを虐殺した巨悪の戦争犯罪をいい加減にしているようではお話になりません。それどころか超特大の戦争犯罪人を『平和国家の象徴』なのを当然のようにしているのが日本人です。

    4月29日は”あの人”の誕生日。こんな忌まわしい日を『昭和の日』などといって祝日にしてるのは、ドイツで4月20日を『ナチスの日』として祝日にするのと同じですね。

    マレーシアに『コタバル戦争博物館』というのがありますが、ここには史上最悪の戦争犯罪人として”あの人”とヒトラーの写真が並べて掲げてあります。これがアジアの人びとの常識というものです。

    日本人は『範を示す』前に戦争責任を果たして戦犯国家を卒業すべきでしょう。

    • しきちゃんさん,おはようございます.

      歴史をきちんと把握し,歴史から学ぶことは重要だと思いますね.しかし,記録された歴史というのは,基本的に勝者の歴史であり,中立公平に把握することの難しさもありますね.太平洋戦争に関しては,開戦に至る経緯に始まり,戦後補償の問題まで様々な立場があるのを承知しています.

      • しきちゃん、久しぶりです。今日5月8日は、ヨーロッパで第二次世界大戦の終戦記念日です。今年は66周年。

        東日本大震災で判った事は、「天皇が神の戦争時代」(大日本帝国)の復活を狙ってる奴らがのさばってる事ですね。

        (1)長友佑都の「一人じゃない、みんながいる」と寄せ書きした「日の丸」
        (2)空襲警報みたいな選抜高校野球のサイレン
        (3)「がんばろう日本」「一つになろう日本」という大々的キャンペーン
        (4)天皇明仁の震災被災地への「御巡幸」

        これらのカドラプルパンチ(四つの打撃)は、日本が「天皇が神の戦争時代」に、それも第二次世界大戦の前夜だった西暦1930年代に逆行してる事態を感じさせます。
        長友佑都の寄せ書き入り「日の丸」なんて、第二次世界大戦での「武運長久」と寄せ書きされた「日の丸」と同じですね。背筋が凍りましたよ。
        「がんばろう日本」「一つになろう日本」なんて、西暦1930年代後半の「国民精神総動員」ですね。
        極め付けは、天皇明仁の「御巡幸」ですね。あれは、「ヒロヒトラー」こと父・天皇裕仁の「御巡幸」の猿真似です。天皇明仁の「御巡幸」のニュースを聴いたら、動悸が酷くなって仕事どころじゃなくなりました。天皇明仁の「ビデオメッセージ」は、天皇裕仁の「玉音放送」だね。

        >超特大の戦争犯罪人を「平和国家の象徴」なのを当然のようにしているのが日本人です。

        戦争と犬死にと天皇教の象徴だった「日の丸」を、あたかも「平和と共存と民主主義の象徴」であるかのように錯覚してるのが日本人です。

        西暦1930年代に逆行してる日本を見たら、ベルリンの壁崩壊(西暦1989年)の頃に生まれた世代は「赤紙」で戦争に借り出され、同時多発テロ(西暦2001年)の頃に生まれた世代は「少国民」と呼ばれ、ロッキード事件(西暦1976年)の頃に生まれた世代は「勤労奉仕」で軍需工場に動員されるでしょう。
        となれば、香川真司が特攻隊に入って自爆死する日や、長谷部誠が「日の丸」を振りかざしてアジアやオセアニアの民衆を殺(あや)める日や、AKB48が戦争賛歌や天皇賛歌で民衆を洗脳する日が来るでしょう。長友佑都が、かつて自分が作った寄せ書き入り「日の丸」で戦争に送り出されたら、「死にたくないよ…」と漏らすのでしょうか?

        http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/img/sc-20110317-002-ns300.jpg
        長友佑都の「一人じゃない、みんながいる」と寄せ書きされた「日の丸」(2011年3月15日、ミュンヘン)
        http://yokotakanko.cocolog-nifty.com/blog/images/2011/04/27/touhoku.jpg自衛隊ヘリで宮城県を「御巡幸」する天皇明仁

  2. こんばんは.
    エネルギー,水,食料,地球環境問題などで浮かび上がるのはおっしゃる通り,現在の科学技術は持続可能な技術ではないということです.
    今後発展途上国が経済的に豊かになってくれば,このような問題は益々極端になってくると思われます.既往の技術・設計思想だけでこの問題に対処するのは不可能です.
    国民国家としての日本は,この危機に対して国民がどのような信念をもち,何をなすのかが問われていると思います.リーダーの必要性について異論はありませんが,これは特定少数の人々に丸投げすることとは違うと考えています.

    個人的には老子の言う「小国寡民」に興味があります.流石に今の社会システムを突然「小国寡民」にするということは不可能ですが,血眼になって新しいエネルギー源を探している我々の態度を省みると,何と言うべきか,心打たれるものがあります...

    • なるほど,小国寡民も1つの選択肢ですね.
      それしか解決策はないのかもしれません.

      ただ,科学技術を捨てて,「みんな古き良き時代に戻りましょう.みんな貧乏暮らしに戻りましょう」というのではなく,科学技術を活かして持続可能な状態に持ち込むことはできないものですかね.もちろん,今現時点での人類の根性のままでは無理でしょうが...

      今回の大震災と原発事故で,世界とは言わず,日本人はどう変わるでしょうね.
      しばらく,自分の根性を見つめ直します.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>