5月 032011
 

住友金属工業に技術者として30年勤めた山田恭暉氏(72)が,「福島原発暴発阻止行動隊」の結成を呼びかけたという.(J-CASTニュース

驚くべきことだが(嘘にも慣れて何事にも驚かなくなっているのが恐ろしいが),東京電力は,下請けや孫請け企業に任せるだけでなく,ハローワークなどで集めたド素人を原発の事故現場に投入しているという.そのような無責任な東電の対応に,善良な技術者として危機感を募らせてのことだという.

暴発という最悪のシナリオを避けるため,そして放射能汚染を減らすためにどうすべきかを「国家プロジェクトとして考えるべき」と山田氏は言う.もちろん,その作業は,放射性物質に晒される「決死の覚悟」で行わざるを得ない.「被曝しないで作業にあたることが現実としてむずかしいことは明らかで、だからこそしっかりとした知識や経験のある技術者が作業すべき」というのが,福島原発暴発阻止行動隊の結成に向けた訴えだ.

山田氏は「現場の作業や技術の蓄積のある退役者たちが,次世代のために働くべきだ.こういうことは未来のある若者には任せてはいけない」と話している.この心からの呼びかけに対して,既に30人超が福島原発暴発阻止行動隊への参加を表明,さらにその必要性を政府や国会に働きかける応援団も100人を超すという.

心を打たれる.政府や保安院,東電の隠蔽工作のために実態が掴めず,海外の専門家からは厳しい非難や指摘がなされているが,まだ最悪のシナリオが避けられる状態であることを祈ろう.もし福島原発暴発阻止行動隊が現実のものとなったならば,参加される方々の無事を祈ろう.

何と大きな犠牲を強いられるのだろう...

それでもなお,日本人は,今まで通りに電気やエネルギーを無駄に消費しつづけるのだろうか.そのことに無関心でありつづけるのだろうか.こういう問いかけを,経済合理性がないと切り捨てるのだろうか.負け組だとかいうのだろうか.馬鹿にされても,生活が不便になっても構わないが,心を失った生物にはなりたくないな.

福島原発で危険作業志願 高齢エンジニアたち「決死の覚悟」

(J-CASTニュース)

  3 Responses to “衷心より敬意と感謝を捧げます:高齢エンジニアが福島原発で危険作業志願”

  1. 海外でHiroshimaといえば、ふつう広島ではなくて『ヒロシマ』です。ChernobylといえばЧорнобильではなくて特大型の原発事故の代名詞です。今回の事故でChornobylはHukushimaに代わっちゃった感がありますね。

    「福島原発暴発阻止行動隊」にはわれわれは確かに敬意を表すべきでしょうけど、海外では彼らの行動はkamikazeといってるみたいですね。

    一番怪しからんのは東電です。そのうち海外ではTodenということばが使われるようになるかもしれませんね。もちろんTokyo Electric Power Companyの略ではなくて『東電のような会社』という意味で・・・

    ところでDreamChaserさんがご指摘のように、kamikazeになってる人たちって、東電の経営責任者たちではなくて、事故の責任がほとんどない一般労働者たちなんですね。こんなばかなことってありませんよね。

    Hukushimaの責任は東電だけではなくて、危険な原発を放置してきた科学者たちにもあると思います。

    DreamChaserさん、無事を願っているだけではなくて、しきちゃんと一緒にkamikazeを志願するのはいかがでしょうか?

  2. 福島の方々は,東電が引き起こした事故が「福島原発事故」と呼ばれるのが苦痛だと仰っているそうです.自分たちの故郷がそんな風に呼ばれるのが耐えられないと.だから,「東電原発事故」と呼ぶのがよいのでしょうね.どうしても地名で呼ばれてしまうものなのでしょうが.

    東電には責任を取ってもらわないといけません.政府の東電救済策は馬鹿げているにも程があります.「不祥事を起こした雪印を救済するため全国で牛乳料金を引き上げます」とか,「不祥事を起こした吉兆を救済するため全国で外食時に外食税を課します」なんてありえません.公共性?東電に限らず,原子力関連組織について,非公共的な組織に公共事業を任してきたことを政府や監督官庁が認めるのが先.

    しきちゃん,すみません.
    私には「福島原発暴発阻止行動隊」に応募する勇気がありません.

  3. 岩上氏によるインタビュー動画:
    2011年5月6日「福島原発暴発阻止行動プロジェクト」の発起人、山田恭暉氏、平井吉夫氏、佐々木さん、奥田さん、増渕真帆さんとのインタビューです。

    http://iwakamiyasumi.com/archives/9034

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>