5月 122011
 

このブログのタイトルは”Chase Your Dream!”としている.「夢を追い求めろ!」と訳せるだろう.

昨日「なぜ勉強するのか? どうして勉強しないといけないのか?」に書いたことと結びつければ,「夢を叶えるために勉強する」というのが,「なぜ勉強するのか?」に対する1つの答えになる.

しかし,それほど単純な話ではない.

例えば,勉強する理由が「いい会社に入るため」「いい大学に入るため」だと言われれば,私は違和感を抱く.「で,その後は?」と思う.実際,毎年,担当する複数の講義で学生に夢は何?と尋ねることにしているが,凄いと感心する回答もある一方で,「給料の高い会社に入る」という回答もある.正直,それが京大生に相応しい夢だとは思わないし,そういう学生が夢を考えなおしてくれることを願っている.

夢を叶えることは素晴らしい.しかし,重要なのは,夢を叶えるというときの「夢」が何なのかということだ.勉強しないと夢が叶わないということも勉強する理由になるが,もっと根本的な問題として,勉強しないと「夢」がくだらない欲望になってしまう恐れがある.だから,叶える価値のある「夢」を掲げ,それを叶えるために,勉強する.

私はそう思っている.

最後に,クラーク博士の「少年よ,大志を抱け!」を紹介しよう.注目すべきは,それに続く言葉だ.

Boys be ambitious. Be ambitious not for money, or selfish aggrandizement, not for that evanescent thing which men call fame. Be ambitious for that attainment of all that a man ought to be.

  2 Responses to “夢を叶えるための勉強,夢を形づくるための勉強”

  1. こんにちは、yoshikです。

    さて、ボクの考えを少し書いてみたいと思います。
    ボク自身も「夢を叶えるための勉強」「夢を形づくるための勉強」という点はやっぱり一つの答えだなと思っています。
    ボクとしては一つ付け加えたいです。
    それは「夢を見つけるための勉強」です。

    前者の「夢を叶えるための勉強」というのは加納先生もおっしゃる「問題解決力」です。
    しかし加納先生は「問題解決も大事だが、問題を設定する力も大切だ」とボクが最初にお会いしたときにお伺いしてまさしくそのとおりだと思った次第です(もう8年くらい前ですねぇ笑)

    従って、「課題設定」という意味で、「夢を見つけるための勉強」というのも実は必要なんじゃないかな、と思うわけです。
    そもそも「夢ってなんぞや?」という話はとりあえず置き、
    文脈から「自分を使って、この世界で何をしたいか」という点で考えると、
    その夢を設定するには
    1. 自分は何が得意か?
    2. 世の中では何が足りていないか?
    という視点が、恐らく必要なんじゃないかなと思います。

    1に関しては、「巡りあいを大切にしつつ色々やってみる、突き詰めてやってみる」という泥臭ーいやり方しかないわけで、それはやっぱり色々勉強して「気づく」わけですよね。
    2に関しては、もう少しマクロな、社会情勢やそんなことまで視野を広める勉強が必要なわけですよね。

    「そもそもその夢がみつからなんねん」という人もやっぱりたくさんいるように思います。
    じゃ、そんな人はどうしたらいいの?勉強しなくていいの?
    違いますよね。「夢を見つけるための勉強」というのも大事です。

    あぁ、一生勉強ですね。「自分を使って世の中で何かを成し遂げるために」

    ・・・以上、思いつきでつらつらと失礼しました。

    yoshik

    • 仰る通り.

      学生に尋ねると,「夢はありません」という回答も少なくありません.ないなら探す努力をしてるのか?と思うわけですが,恐らく,そんな発想はないのでしょう.そういう意味で,「夢を見つけるための勉強」は必要ですね.

      1. 自分は何が得意か?
      2. 世の中では何が足りていないか?

      という指摘.らしいですね.ドラッカーも強みを活かせと強調していますしね.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>