5月 152011
 

4月から,淀川管内河川レンジャー(木津川出張所管内)が主催する「親子川の学校」に参加している.毎回,場所を変えながら,水質調査と魚取りをする他,ダムなどを見学したりもする.

この親子川の学校に参加することもあって,長男7歳と長女5歳は,魚取りをしたいとはりきっている.そんなわけで,今日は賀茂川へ魚取りに出掛けた.それも,京都三大祭りの1つ,葵祭の真っ只中に,上賀茂神社の近くへ.

魚取り網は,先週末に購入しておいた.当然ながら,2つ.丸い網ではなく,網の先端部分がまっすぐになっていて,網が破れにくいように金属で防護されている.棒は伸縮するタイプで,子供たちは「伸びろ~!」「縮め~!」などと言って遊んでいる.如意棒のつもりだ.

さらに,水槽は楽天で購入しておいた.いつものように綿密な調査・比較検討を行い,テトラジャパンの水槽セットAG-41GFに決めた.利用したのはcharmという店だが,価格がダントツで安く,しかも評判が凄く良い.実際に購入してみて,”SHOP OF THE YEAR 2010″に選ばれたというのも頷ける.見事な顧客対応だ.

 ☆テトラ 観賞魚水槽セット AG―41GF【テトラジャパン】● 【あす楽対応_関東】
 ☆テトラ 観賞魚水槽セット AG―41GF【テトラジャパン】● 【あす楽対応_関東】
価格:2,220円(税込、送料別)

お弁当を持って,賀茂川へ.はじめは北大路から北山にかけての府立植物園あたりにしようかと思っていたのだが,植物園の駐車場に行列ができていたこともあり,さらに北へ行くことにした.上賀茂神社も超えて,結局,MKの近くまで.

服装も完全に魚取りモードで,いざ,賀茂川へ突入.しかし,まだ5月中旬だからか,水が無茶苦茶冷たい.凍るかと思うくらいだ.それでも我慢して水に浸かっていると,その冷たさにも徐々に慣れてくる.

しかし,魚が見付からない...

草の下に網を突っ込んでも,取れるのはエビばかり.最初はエビを捕まえて満足そうだった長男も,エビを捕まえるのには飽きてきて,魚を捕まえたいという.余計に捕ったエビはそのまま逃がしてやる.

さらに北へ移動してみるものの,魚は捕まえられず.今度は反対に南側へ移動して,ようやく魚取りポイントを発見した.メダカくらいの大きさの小さな魚だが,たくさんいる.長男も一度に5匹くらいを捕まえることができて,とても嬉しそうだった.持参した虫カゴに,エビと一緒に放り込む.

賀茂川で捕まえた小魚とエビとタニシ
賀茂川で捕まえた小魚とエビとタニシ

元々,水遊びがそれほど好きでもない長女は,途中から合流したジジババと一緒に葵祭を見に行った.馬を見たかったようだ.長男はずっと水遊び.諦めかけていた川魚もたくさん捕まえられたし,エビもたくさん捕まえられたし,おまけのタニシも捕まえられたしということで,京都市立図書館が閉館する前に撤収.図書館によって,10冊くらい本を返却し,代わりに15冊くらい借りて,帰宅.

変な虫やゴミが水槽に入らないように注意しながら,捕獲した小魚とエビとタニシを水槽へ.

賀茂川で捕まえた小魚とエビとタニシを水槽(テトラAG-41GF)に
賀茂川で捕まえた小魚とエビとタニシを水槽(テトラAG-41GF)に

実によく遊んだが,本当に疲れた...もう寝ます.