5月 262011
 

国際会議ADCONIPの会場は,中国杭州千島湖畔の五つ星リゾートホテルNew Century Resort Qiandao Lake Hangzhouだ.千島湖を見下ろす斜面に建設されており,ホテル正面玄関は湖の反対側の5階にある.

湖畔には緑の美しい庭園とプールがある.

New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖
New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖

New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖
New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖

New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖
New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖

湖畔の庭園やベランダには,放し飼いの孔雀がいる.何羽いるのかは定かでないが,時折,けたたましく鳴く.

New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖
New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖

客室はゴージャス.リゾートホテルと呼ぶのに相応しい.

今回宿泊したのはデラックスルームだが,1人で使うには勿体ない.部屋からは,千島湖畔の別荘(のような住宅?)が見える.5百万ドル(4億円)くらいだろうとのことだった.凄い.

New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖
New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖

ベランダからは千島湖が見える.

デスクは小さいが,1人でパソコンを操るには十分.有線LANで接続できるようになっている.

New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖
New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖

洗面台もゴージャスで,鏡の丸い部分が光るようになっている.アメニティ類も不足はない.

New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖
New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖

浴槽とシャワールームが別になっていて,浴槽は窓辺にあった.サンスクリーンを開ければ,開放感あふれる入浴が楽しめるのだろうが,今回の滞在中に実行はしなかった.

New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖
New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖

さて,最後になるが,New Century Resort Qiandao Lake Hangzhouがゴージャスだと感じた最大の理由がこれだ.トイレに花びらが浮かんでいる.

New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖
New Century Resort Qiandao Lake Hangzhou@中国杭州千島湖

5月 262011
 

朝8:30ホテルロビーに集合と言われて,間に合うようにチェックアウトする.それにしても,中国のホテルのデポジットは無茶苦茶に高い.チェックインするときに,宿泊費を遙かに超えるようなデポジットを要求される.恐らく,そうでもしないと,部屋の備品がなくなってしまうのだろう.

バスで上海浦東国際空港から杭州千島湖へ
バスで上海浦東国際空港から杭州千島湖へ

国際会議ADCONIPをホストしている浙江大学が用意してくれたバスに乗り込む.上海浦東国際空港から杭州千島湖のNew Century Resort Qiandao Lake Hangzhouまで,長いバスの旅だ.事前の案内ではおよそ4時間半かかるとのことだった.

上海から杭州までは高速道路を使うのだが,バスの運転手がとにかくクラクションを鳴らしまくる.安全のためなのだろうが,かなりうるさかった.

途中立ち寄ったサービスエリアの売店
途中立ち寄ったサービスエリアの売店

途中に2回,サービスエリアらしきところに立ち寄った.食べ物の売店は匂いがきつい.トイレは普通.

上海から4時間以上かけて,ようやく千島湖の料金所近くまで来ると,千島湖の宣伝看板が目立つようになる.凄い数だ.

バスで千島湖の料金所に到着
バスで千島湖の料金所に到着

それまでは奥深い山の中を走っているという雰囲気だったのだが,千島湖の料金所を過ぎると,急に街が現れた.ホテルやアパート(?)が林立し,店も多い.シェラトンホテルもある.いかにも繁華街という雰囲気だ.

興味を惹かれたのは,信号機だ.車用の信号機にカウントダウン機能がついている.しかも,青信号でも赤信号でもカウントダウンするようになっている.こうでもしないと,信号が守られないのだろうか.

カウントダウンする信号機
カウントダウンする信号機

この繁華街に近いホテルに宿泊するのかなと思ったのだが,バスはどんどん進んでいく.繁華街は後方に過ぎ去り,ビルはなくなり,店もなくなり,人里離れた感が濃厚になってきたとき,バスは左折して私有地に入っていった.ここがADCONIPの会場にもなるNew Century Resort Qiandao Lake Hangzhouだ.高級リゾートホテル感を醸し出している.

結局,上海浦東国際空港から杭州千島湖のホテルまで,バスで5時間かかった.お腹ペコペコだよ.

5月 262011
 

中国杭州の千島湖で開催される国際会議ADCONIPに参加するため,今,New Century Resort Qiandao Lake Hangzhouという★★★★★ホテルに宿泊している.ここに至るまでの道程を紹介したい.最初は,上海浦東国際空港で利用したホテルだ.

今回,学会事務局が上海浦東国際空港から千島湖のNew Century Resort Qiandao Lake Hangzhouまでバスで送迎してくれるというので,紹介されたShanghai Dazhong Airport Hotelというホテルに宿泊した.このホテルは,上海浦東国際空港のターミナル1とターミナル2の中央に位置している.入国審査を終えて,到着ロビーに出ると,ADCONIPのホストである浙江大学の学生さん達がプレートを持って出迎え,ホテルまで連れて行ってくれた.非常に助かった.感謝.

Shanghai Dazhong Airport Hotel@上海浦東国際空港
Shanghai Dazhong Airport Hotel@上海浦東国際空港

Shanghai Dazhong Airport Hotelは北館と南館に分かれていて,北館は安いモーテル,南館は高いホテルとなっているようだ.本当に寝るだけであるため,今回は安さを追求して,”Motel Standard Room/North Tower”に宿泊した.それでも,一泊¥428(中国元)なので,それほど安いわけでもない.まあ,空港内のホテルだから,そんなものだろう.

Shanghai Dazhong Airport Hotel@上海浦東国際空港
Shanghai Dazhong Airport Hotel@上海浦東国際空港

客室は簡素そのもの.でも,ツインベッドで広さは十分だし,文句はない.アメニティーもある.大きめの液晶テレビも壁に掛かっていた.

驚いたのはデスクだ.有線でインターネット接続できるようになっているのだが,デスクにノートパソコン用のクーラー(中央の黒いの)が置いてある.なぜ?と思うわけだが,ちゃんと理由が書いてあった.曰く,「繊細なデスクを傷めないようにパソコンはクーラーの上で使いなさい」.まじっすか!?

Shanghai Dazhong Airport Hotel@上海浦東国際空港
Shanghai Dazhong Airport Hotel@上海浦東国際空港

ところで,今回の空港ホテルShanghai Dazhong Airport Hotelでの宿泊で最も印象に残ったのは,ホテル従業員,特にフロント係の無愛想さだ.全く愛想がない.愛想の欠片もない.随分と改善されてきたというような話も耳にするが,さすが中国,こんなものか.