5月 272011
 

国際会議ADCONIPの国内組織委員会(NOC)委員長を務めたのが浙江大学のJian Chu教授だ.彼が学会会場として,中国杭州千島湖畔のリゾートホテルNew Century Resort Qiandao Lake Hangzhouを選んだ.

今回は,会議にだけ参加して,そのまま帰国する予定だった.ところが,急遽,旅程を変更して,学会終了後に千島湖から杭州市街に移動し,そこで一泊して,翌日に浙江大学を訪問することになった.経緯はこうだ.

学会初日の昼前,久しぶりに再会したChu教授と挨拶を交わして話をしていたところ,その場にいた韓国の教授らと一緒にランチを食べようと誘われた.他にも誘いたい人がいたら誰でも連れてきてくれとのこと.Chu教授と縁のある日本人は私だけなので,「日本からは私だけ」と答えた.一方,韓国の親分であるYoon教授は「何人でもいいのか?お金は大丈夫か?」と質問.それに対してChu教授は「何人でもいいよ.費用も心配ない.同僚が全部払うから」と太っ腹だ.

それもそのはず.Chu教授は中国でも精華大学などと並び称される浙江大学の副学長である.しかも,今や事業を国際展開しているプロセス制御機器企業SUPCONの創業者で,成功したビジネスエリートでもある.私なんかとは格が違って,とんでもなく偉い.ちなみに,Yoon教授も超学歴社会韓国のトップに君臨するソウル国立大学(SNU)の大物教授だ.昼前の雑談で一緒だったもう一人のLee教授は,最近,米国のジョージア工科大学(Georgia Tech)から韓国の名門校KAISTに引き抜かれたばかりで,将来,この分野で韓国のリーダーになることは間違いない.

12時に指定された個室に行くと,来ているのはChu教授だけだった.そこで,「会議の翌日に浙江大学を見学させてもらえないか」と尋ねた.Chu教授は「もちろん大歓迎だ」と即答して,電話をかけてから,「バスもホテルもこちらですべて準備するから」と言ってくれた.

ランチには地元の杭州料理をご馳走していただいた.出てくる料理の数が尋常ではなかったが,味付けもマイルドで,非常に美味しかった.

さて,その後.Chu教授のグループに属しているXie准教授が私の訪問の面倒をみてくれることになった.彼は私よりずっと若いが,研究分野が近いこともあって,これまでにも国際会議で何度も顔を合わせている.

最終的に,会議後の千島湖ツアーに参加した後,午後に杭州国際空港経由浙江大学行きのバスで移動し,浙江大学に近いホテルに宿泊することになった.さらに翌日の朝,英国Imperial College LondonのThornhill教授と一緒に浙江大学を見学し,早めの昼食後に上海浦東国際空港まで車で送ってもらうことになった.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>