5月 282011
 

旅程を変更して,急遽,学会終了後に訪問することになった浙江大学のある杭州市.ホテルから西湖へ向かう途中で,また西湖畔を散策している間に,非常に目に付くものがある.電気原チャリだ.モーター音のみのため非常に静かで,もちろんクリーンだ.

杭州市街には,ガソリンで動くような汚い原チャリは既にない.そんな旧世代の乗り物を中国人は使わない.みんな,バッテリーを搭載した電気原チャリに乗っている.先進国である日本はどうだろう? もしかして,まだガソリンで原チャリを動かしているの? それは経済合理性があるから? なるほど,賢い日本人はきちんと経済問題を解いたわけだ.地球や人類の未来のことを尋ねるのは無粋というものなのだろう.

田舎の屋根はソーラーパネルだらけ: 中国の太陽エネルギー利用」に書いた通り,千島湖と杭州市を結ぶ高速道路沿いの田舎町では,実に多くの住宅・建物の屋根にソーラーパネルが設置されていた.そして,杭州市では電気原チャリだ.中国は確実に自然エネルギー・再生可能エネルギーを使用する方向に進んでいるのだろう.もちろん,大量にCO2を吐き出す石炭火力発電所が大量に稼働しており,さらに大量に建設されるであろう状態は恐ろしいが,それでも,電気原チャリに乗らなければならないと規定するなど,クリーンな政策を推し進めるという意図が示されている.

翻って日本はどうか?

ちなみに,浙江大学の学生に教えてもらったところ,電気原チャリは2000~3000RMB(中国元)とのこと.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>