6月 072011
 

水ビジネスの現状と展望 水メジャーの戦略・日本としての課題
服部聡之,丸善,2010

タイトルと中身がミスマッチで,正直なところ,期待はずれだった.

「水ビジネスの現状と展望」というよりは,「水道事業の歴史と現状」が相応しいように思う.ヴェオリア・ウォーター,スエズ・エンバイロメント,テムズ・ウォーター,ゼネラル・エレクトリック,シーメンスといった水メジャーの動向についてのまとめや,水道事業民営化の失敗事例は非常に興味深かったが,本書の半分は上下水道の歴史と仕組みの解説に割かれている.もちろん,そのような基礎的知識の必要性は認めるが,期待した水ビジネスの展望に関する記述が貧弱だ.

実際,「あとがき」には次のように書かれている.

国民の血税を使って得たそうした貴重な財産を,今後わが国の産業戦略としていかに活用してゆくか,そのことについては,また別の機会に述べたいと思っている.

割愛されてしまったその内容こそが,本書タイトルの「水ビジネスの展望」ではないかと思うのだが...

水道事業についてまとめられた解説書としては良い出来だと思う.その点にケチをつけるつもりはない.ただ,タイトルに惹かれて読んだために,内容が期待はずれだったということだ.

目次

  • 公益事業として上下水道-各国の制度比較
  • 日本の上下水道事業の経営状況
  • 日本の上下水道事業における今後の課題
  • 水問題に対する世界的な取組み
  • 世界の「水メジャー」の戦略
  • 水道事業民営化の課題
  • 深刻化する水不足-新規ビジネスが期待される国々
  • 上水道の歴史
  • 上水道の仕組み
  • 下水道の歴史
  • 下水道の仕組み
  • 水道水の安全性-飲み水は安全か
  • 下水道の安全性-水辺は蘇るか

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>