8月 122011
 

結論: Mendeley + Dropbox + PDF Expert

数日の試行錯誤の末,Windows PC(VAIO S)を母艦としてiPad2で論文を読んで注釈をつける文献管理環境が構築できたので,まとめておく.それにしても,これだけの環境を構築して,ほとんど無料だというのが凄い.

PC側で用意するのは,1)Mendeley Desktop,2)Dropbox,の2つ.iPad側で用意するのは,1)Mendeley,2)Dropbox,3)PDF Expert(これのみ有料),の3つ.これだけで,PCとiPadをクラウドサービスで同期しつつ,使い勝手の良いMendeleyで文献情報を管理しつつ,PCではもちろん,iPadでもPDFファイルに注釈をつけることができる.

PCでの文献管理ソフト Mendeley Desktop

文献検索には学内で利用可能な文献データベースを利用するので,基本的にPCにインストールしたMendeley Desktopで文献収集を行う.

Mendeley Desktopは無料のソフトウェアだが,機能は充実しており,使いやすい.既にダウンロードしてあるPDFファイルがあれば,それをドラッグ&ドロップするなり,Watched Folderに移動するなりすれば,文献として自動的にライブラリーに登録される.ACS,IEEE,Nature,PubMed,ScienceDirect等々のデータベースや,Amazon,Google,Wikipedia等のウェブサイトの文献情報も,Web Importerを用いて一発で取り込める.文献データベースでの検索結果をRIS形式でExportすれば,複数の論文の情報を一気にライブラリーにImportできる.論文情報のウィンドウからウェブサイトにアクセスし,PDFファイルをダウンロードして,文献情報と結び付けるのも簡単だ.基本的に,自動的にリンクしてくれる.

登録した文献のPDFファイルは自動的にリネイムされ,Mendeley Desktopの専用フォルダに保存される.例えば,著者名+発行年+題目.pdfなどのファイル名が選べるため,ダウンロードするときにファイルの名前で悩む必要はない.

こうして整理された文献情報は,グループ機能を利用すれば,ウェブサイトを介して他人と共有することもできる.

iPadでの文献管理アプリ Mendeley – Reference Manager (Lite)

こうして収集した文献情報をiPadでも共有するために,iPadにMendeley – Reference Manager (Lite)をインストールする.

これで,iPadでも文献情報やPDFファイルを閲覧することができるのだが,Mendeley – Reference Manager (Lite)のPDFビュワーには,ファイルに注釈をつけられないという欠点がある.論文を読みながら,「おぉー,ここが大事だ!」と思ったときに困る.このため,iPadでは,Mendeley – Reference Manager (Lite)は文献情報の確認のためのアプリだと割り切り,PDFファイルの閲覧には別のアプリを使う.

PCとiPadでPDFファイルを共有&同期 Dropbox

Mendeley DesktopMendeley – Reference Manager (Lite)で管理する文献のPDFファイルをPCとiPadで共有するために,クラウド型サービスでファイル同期が可能なDropboxを利用する.

Dropboxを用いてPDFファイルを常に同期させるため,Mendeley DesktopでPDFファイル自動保存先に指定したフォルダを,Dropboxフォルダの中に入れておく.設定画面でそのように指定するだけだ.これで,クラウドを利用して,いつでもPCとiPadの文献を同期させられる.

iPad2でのPDF閲覧&注釈 PDF Expert

先に述べたように,Mendeley – Reference Manager (Lite)のPDFビュワーではファイルに注釈をつけることができない.iPadで利用可能な,PDFファイルに注釈をつけることもできるアプリとしては,GoodReader for iPadが有名だろう.GoodReaderは多くのファイル形式に対応しており,ファイルマネージャーとしても使える.これはこれで必須アプリに違いないのだが,PDFファイルに注釈をつけることのみに関していえば,それほど使い勝手の良いアプリではない.

PDF注釈アプリについて色々と調べた結果,最終的に,PDF Expertを使うことにした.もちろん,まだ使い込んだわけではないが,かなり使いやすい.もちろん,つけた注釈はPCのAdobe Acrobatで編集できる.逆もしかり.

文献を閲覧するには,DropboxにあるPDFファイルをPDF Expertで開くだけ.

ここで特筆すべきは,Dropbox内のフォルダをPDF Expertで同期(Sync)設定しておけば,そのフォルダ内のファイル全部をiPadに保存しておけることだ.つまり,インターネットに接続できない環境下にあっても,すべての文献PDFファイルをiPadで読むことができる.Dropbox内のファイルは1つずつダウンロードしなければならないので,PDF Expertがフォルダごと一括ダウンロードしてくれるのはありがたい.

おわりに

ここまで述べてきたMendeley+Dropbox+PDF Expertがここ数日間で到達した姿だ.これで,かなり快適に文献管理ができそうな気がする.遂に,印刷した紙を持ち歩くスタイルを卒業して,学生のレポートも含めて文献はすべてiPadで読むことにしよう.

ところで,もしMendeley+Dropbox+PDF Expertよりも快適な環境を構築されている方がおられたら,ぜひ教えて下さい.