11月 092011
 

クロスバイク≒(ロードバイク+マウンテンバイク)/2に興味あり.京都で人気の自転車屋さん」でBianchi camaleonte 3(ビアンキ カメレオンテ 3)を候補に挙げ,「クロスバイク検討中:Raleigh Radford-7とBASSO DEVIL 2012年モデル」で高評価のフラットバーロード2種を取り上げた.

とりあえず実車を見てみないことには始まらないというわけで,京都で評判の良いコセキサイクリングというスポーツバイク屋さんに行ってきた.店員さんに「クロスバイクに興味がある素人です」と告げると,「とりあえず乗ってみるか」とTREK 7.3 FXに試乗させてもらい,「カタログを見るか」とTREKとSPECIALIZEDのカタログをもらった.この2つが人気もあるからということだった.

TREK 7.3 FXに,というかクロスバイクに初めて乗った感想だが,期待したほど軽い!と感激することはなかった.もちろん軽いのだが,タイヤが700x32cと太めなこと,フィットネスバイクとの位置付けで,それほど軽量ではないことが原因なのかもしれない.小さめのフレームで少し窮屈に感じたが,乗った感じはママチャリと比べても全く違和感がなかった.タイヤも細めでも大丈夫そう.

TREK 7.5 FX

アルミフレームとカーボンフォークで予算10万円以内というと,TREKの候補はTREK 7.5 FX (トレック・7.5FX) 2012年モデルになる.TREK FXはフィットネスバイクと呼ばれ,コンポーネントはShimano DeoreやSoraなど実に様々なものの混合構成だが,7.3FXと異なり,7.5FXのタイヤは70x28Cと細めになる.

TREK 7.5 FX (トレック・7.5FX) 2012年モデル
TREK 7.5 FX (トレック・7.5FX) 2012年モデル

TREK FXシリーズはクロスバイクのスタンダードであり,特に7.3FXはカラーバリエーションも豊富で入門用クロスバイクとしてよく知らていれる.愛用者も多いようだ.しかし,FXシリーズで気になるのは,フレーム接合部の溶接の仕上がりが雑に見えることだ.写真でフレームの接合部をよく見ると,波打っているのがわかる.例えば,同価格帯のBianchi camaleonte 3の同じ部分を見ても,そのようなことはなく,綺麗に仕上がっていることが確認できる.他メーカーも同様だ.

そんなことを気にするなという意見もあるかもしれないが,クロスバイクをデザイン重視で選ぼうと考えている者からすれば,溶接や塗装の綺麗さは重要なチェックポイントになる.というわけで,TREK FXシリーズは候補から外れるだろう.

Specialized Sirrus Elite

アルミフレームとカーボンフォークで予算10万円以内というと,Specializedの候補はSpecialized Sirrus Elite (スペシャライズド・シラス・エリート) 2012年モデルになる.Specialized Sirrusはマルチユースバイクと呼ばれ,街乗りを含め何にでも使えるクロスバイクという位置づけになっている.コンポーネントはShimano AlivioやAceraが中心で,マウンテンバイク寄りの構成になっているようだ.タイヤは700x28cと普通のサイズになっている.

Specialized Sirrus Elite (スペシャライズド・シラス・エリート) 2012年モデル
Specialized Sirrus Elite (スペシャライズド・シラス・エリート) 2012年モデル

これも良いクロスバイクのように思えるが,色がBLUE(濃紺)しかない.今回は,単色の黒や紺など濃い色のクロスバイクを選ぶつもりが(今のところは)ないため,Specialized Sirrus Eliteも候補から外れるだろう.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>