11月 242011
 

このブログで「クロスバイクを買いたい」と最初に述べてから,色々と調べた.自転車屋さん巡りもした.大阪までサイクルモードにも出掛けた.この間,約2週間.

実に様々なクロスバイク(あるいはフラットバーロード)について検討してきたが,(まったく個人的な)ある一定の水準をクリアした候補として,これまでに,Bianchi camaleonte 3(ビアンキ カメレオンテ 3)Raleigh Radford-7 (ラレー・ラドフォード7)BASSO DEVIL(バッソ・デビル)TREK 7.5 FXSpecialized Sirrus EliteBianchi camaleonte 4(ビアンキ カメレオンテ 4)PINARELLO TREVISO(ピナレロ・トレビソ)を挙げてきた.

これらの中で,現時点で候補に残っているのは,Bianchi camaleonte 4(ビアンキ カメレオンテ 4)PINARELLO TREVISO(ピナレロ・トレビソ)の2つだ.この2つの候補を持って,近所の自転車屋さんに出掛けて,店長に相談してみた.そこで教えてもらった情報をもとに,さらに検討を進めた結果,新たな有力候補が登場した.イタリアの老舗Wilier(ウィリエール)のフラットバーロードだ.

Wilier Bassano Weekend

Wilier(ウィリエール)のWeekendというカテゴリーのトップモデルがBassano(バッサーノ)だ.日本のモデルは本国と異なり,Bassano Weekend(バッサーノ・ウィークエンド)という名称で販売されている.

Wilier Bassano Weekend (ウィリエール・バッサーノ・ウィークエンド) 2012年モデル
Wilier Bassano Weekend (ウィリエール・バッサーノ・ウィークエンド) 2012年モデル

日本版Bassano Weekend(バッサーノ・ウィークエンド)の詳細は不明だが,イタリアやイギリスのBassano(バッサーノ)のウェブサイトを見ると,アルミフレームとカーボンフォークのボディに,コンポはShimano Tiagra,ホイールはShimano RS10となっている.カラーは黒(カーボン)のみ.重量は公開されていないが,実測したというウェブサイトでは,なんと9kgを切ったそうだ.軽くて速いと期待される.まさにフラットバーロードと呼べるモデルだろう.日本版2012年モデルでは価格が抑えられ,12万円になるようだ.

Wilier Marostica

Bassano(バッサーノ)の下位モデルがMarostica(マロスティカ)になる.このモデルは本国でも日本でも同名のようだ.

Wilier Marostica (ウィリエール・マロスティカ) 2012年モデル
Wilier Marostica (ウィリエール・マロスティカ) 2012年モデル

Bassano(バッサーノ)との違いは,フォークがアルミであること,Soraなど下位グレードのコンポーネントを用いていること,ホイールがShimano R500であることのようだ.カラーはシルバーのみで,価格は10万円になるらしい.

Wilier Bassano Cross Bike

さらに下位モデルとして,どうやら日本専用モデルらしいBassano Cross Bike(バッサーノ・クロスバイク)がある.その名の通り,フラットバーロードというよりは,街乗りを意識した日本人向けクロスバイクなのだろう.フレーム形状も変わってくる.

Wilier Bassano Cross Bike (ウィリエール・バッサーノ・クロスバイク) 2012年モデル
Wilier Bassano Cross Bike (ウィリエール・バッサーノ・クロスバイク) 2012年モデル

当初は漠然とクロスバイクを買うつもりでいたが,主な用途が京都市街での通勤であること,いずれ自転車で実家に帰るつもりで,その場合,片道30km程度であること,休日にサイクリングをするつもりであること,いずれにせよ舗装道路しか走らないこと,脚力はないこと,サイクルモードでピナレロ・ドグマ2のようなレース用高級自転車に試乗して,その軽さと速さに感激したこと,ドロップハンドルにはしたくないこと,デザイン重視であること,みんなと同じ自転車は嫌であること,やはり快適さは重要だと思うこと,などを考慮すると,乗り心地にも配慮したフラットバーロードが購入すべき自転車だという結論に達した.とりあえず,希少性があってスタイリッシュなアルミフレーム&カーボンフォークを中心に検討することにしよう.