12月 182011
 

昨年12月以来,ほぼ正確に一年ぶりに「草喰 なかひがし」へ行ってきた.レベルの高い京都でも屈指の人気店だ.

草喰 なかひがし@京都
草喰 なかひがし@京都

昨年は,「遂に行くことができた,草喰 なかひがし.味も雰囲気も抜群!」に書いたように,鉄鋼会社でバリバリ働いている研究室の後輩が,苦労して予約してくれた.その後輩は,「草喰 なかひがし」が大変気に入ったとのことで,その後,京都観光の折に奥様らを連れてきている.ただし,本人は子供と一緒に別行動.というのも,子供は店に入れないからだ.なんとも奥様想いの後輩だと感心する.

そんなこんなで,今回も後輩に予約してもらい,研究室スタッフと卒業生4人で「草喰 なかひがし」へ.相変わらず,電話予約はプレミアムチケット並に難しかったようで,女将さんが「電話が繋がりにくくて,すみませんでした」と何度か言われていた.

4人で,かつ機密事項に関わる議題もあったため,二階の座敷席へ.部屋は複数あるのだが,昨年と同じ部屋だった.テーブルなどは同じだが,掛け軸は違うものになっていた.とりあえず,エビスビールを注文して,料理を待つ.

センスのない私が料理についてコメントしても伝わらないと思うので,写真を並べておくことにしよう.京野菜を中心にした季節感のある料理を目で堪能していただきたい.

八寸@草喰 なかひがし
八寸@草喰 なかひがし

京鹿の子@草喰 なかひがし
京鹿の子@草喰 なかひがし

煎った丹波黒豆@草喰 なかひがし
煎った丹波黒豆@草喰 なかひがし

からすみ@草喰 なかひがし
からすみ@草喰 なかひがし

めでたく紅白の椀物@草喰 なかひがし
めでたく紅白の椀物@草喰 なかひがし

さわら@草喰 なかひがし
さわら@草喰 なかひがし

醤油をかけて混ぜる@草喰 なかひがし
醤油をかけて混ぜる@草喰 なかひがし

野菜たっぷりの汁物@草喰 なかひがし
野菜たっぷりの汁物@草喰 なかひがし

馴鮨(なれずし)の後に白葡萄酒を@草喰 なかひがし
馴鮨(なれずし)の後に白葡萄酒を@草喰 なかひがし

堀川牛蒡が大きい@草喰 なかひがし
堀川牛蒡が大きい@草喰 なかひがし

このあたりで,ヱビスビールから日本酒へ.用意されている冷酒は,京都の英勲.料理を邪魔しない日本酒ということらしい.

炊きたてご飯はアルデンテ@草喰 なかひがし
炊きたてご飯はアルデンテ@草喰 なかひがし

料理の途中,炊きたてのご飯を持ってきていただく.炊きたてと言っても,まだ少し芯が残っている状態で,パスタでいうアルデンテだ.このご飯も凄く美味しい.ところが,初めて「草喰 なかひがし」に来た後輩は,このタイミングでトイレに行っていた.レ・ミゼラブル...戻ってきた頃には,芯がなくなってる...

大将が育てた地鶏のすき焼き@草喰 なかひがし
大将が育てた地鶏のすき焼き@草喰 なかひがし

カウンターが空いてきたタイミングで,「下でどうですか?」と女将さん.待ってましたと座敷からカウンターへ大移動.

ここからは,ご飯もの.大将が友人に作ってもらったという特製の土鍋で炊いたご飯は素晴らしく美味しい.

ご飯と漬け物@草喰 なかひがし
ご飯と漬け物@草喰 なかひがし

絶品の卵かけご飯@草喰 なかひがし
絶品の卵かけご飯@草喰 なかひがし

おこげ@草喰 なかひがし
おこげ@草喰 なかひがし

おこげの奥にある皿には,めざしが乗っていたのだけれど,写真を撮る前に食べてしまった.

ご飯は,そのままの白いご飯,乾燥醤油が効いている卵かけご飯の他にも,パリ,ニューヨークなどがある.あまりに美味しいので,どんどんお代わりして,全員「もう食べられません」状態に...デザートがあるの忘れてたよ...

クリスマスっぽいデザート@草喰 なかひがし
クリスマスっぽいデザート@草喰 なかひがし

水出し珈琲@草喰 なかひがし
水出し珈琲@草喰 なかひがし

大将に水出し珈琲を注いでいただきながら,色々と話を伺う.

大満足の「草喰 なかひがし」.本当に良いお店だ.ご馳走様でした.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>