2月 162012
 

マックス・ウェーバーは「職業としての学問」で,「私講師や研究所助手が他日正教授や研究所幹部となるためには,ただ僥倖を待つほかはない(中略)これほど偶然によって左右される職歴はほかにないであろう.」と述べています.これは100年近く前の講演録ですが,状況は現在もそれほど変わってはいないでしょう.

私が今あるのは,私の実力のおかげなどではありえません.教授になれたのも,幸運に恵まれ,巡り合わせがよかったからにすぎません.もちろん,公募で採用される程度には研究業績を挙げるために,時間と労力を費やしてきました.しかし,そうだからといって,自分だけの力で教授になれたなどということはありえないわけです.

京都大学に入学できたのも卒業できるのも,自分の力だけでなんてことはありえません.もちろん苦労も努力もしてきたことと思います.それでも,親,家族,友人,先生,その他,自分を取り巻く諸々の環境に恵まれて,今の自分があることを忘れてはいけないでしょう.

就職活動は非常に厳しく,大企業の正規社員になれる人なんて,ほんの一握りしかいません.それでも,ここにいる学生の多くは,京都大学化学工学専攻という看板のおかげもあって,比較的簡単に就職を決めることができたはずです.各社において卒業生がどれだけ支援してくれたか,親や先生がどれだけ気にかけてくれたかを,決して忘れないで欲しいと思います.

君達は,いや私達は,それだけの幸運に恵まれているわけです.だからこそ成功してきたし,これからも成功していくでしょう.そのような幸運に感謝し,成功に伴う責任を果たさなければなりません.そのように自覚しなければならないと思うのです.それがノーブレス・オブリージです.

「論語」には,「命を知らざれば,以て君子たること無きなり」という孔子の言葉が記されています.天命を知れということです.吉田松陰は「君子に貴ぶ所のものは志のみ,胆のみ.胆なく志なくんば,則ち区々の才知将た何の用か之れを為さん」と言いました.頭がいいといっても,志がなければ何の意味もないということです.これからも,志を持って人生を送って下さい.

自分が恵まれていることを自覚し,そのことに感謝して,ノーブレス・オブリージを果たすべく,責任感のある行動によって,幸せになってもらいたい.そう願っています.

2月 162012
 

昨日,今日,明日と,私の旧所属である化学工学専攻の修士論文&卒業論文発表会です.プロセスシステム工学研究室の学生の発表は,修士は1日目,学士は2日目で終了したため,本日は打ち上げのコンパがありました.2月1日付で情報学研究科システム科学専攻に異動した私も,修了生や卒業生と共に追い出してもらいました.

その追い出しコンパでは,修了生と卒業生にプレゼントを贈るのが慣例になっているのですが,計らずも,私も在学生からプレゼントをもらいました.プレゼントはフォトブックなのですが,最近の写真だけでなく,桂キャンパスに移転する前,吉田キャンパス高分子別館2階に研究室があった時代の昔々の写真まで拾い集めてくれてあり,しかも,プロセスシステム工学研究室の先輩・後輩である卒業生,在校生による寄せ書きまでありました.

本当に感激しました.これ以上のプレゼントはありません.

修士課程でプロセスシステム工学研究室に配属されてから,3月末でちょうど20年になります.この間,常に素晴らしいスタッフと学生に恵まれてきました.私がハッピー&ラッキーな研究者生活を送って来られたのは,偏にスタッフと学生のお陰です.もちろん,数多くの共同研究を通して,企業の方々にも大変お世話になりました.このように縁のあった方々のお陰で,今の自分があります.本当にありがとうございました.

これから,ヒューマンシステム論分野という新しい研究室を立ち上げるわけですが,プロセスシステム工学研究室に負けない研究室を創ることが目標です.これからも引き続き,よろしくお願いします.

さて,この最後のコンパで,学生全員に私からの感謝の気持ちを込めて,本を贈りました.3種類あって,論語(孔子),武士道(新渡戸稲造)自省録(マルクス・アウレリウス・アントニヌス)です.留学生には”Bushido:The Soul of Japan”を贈りました.いずれも流行廃りとは無縁の良書ですので,末永く座右に置いてもらえればと思っています.

寄せ書きを寄稿して下さった卒業生の皆様,在校生のみんな,そしてスタッフに心より感謝申し上げます.本当にありがとうございました.