2月 232012
 

文部科学省の「博士課程教育リーディングプログラム」事業に,京都大学から2件のプログラムが採択されました.

文部科学省によるこの事業は、優秀な学生を俯瞰力と独創力を備え広く産学官にわたりグローバルに活躍するリーダーへと導くため、国内外の第一級の教員・学生を結集し、産・学・官の参画を得つつ、専門分野の枠を超えて博士課程前期・後期一貫した世界に通用する質の保証された学位プログラムを構築・展開する大学院教育の抜本的改革を支援し、最高学府に相応しい大学院の形成を推進する事業です。

採択されたプログラムの1つが,オールラウンド型「京都大学大学院思修館」 で,その概要は下記のようになっています.

本プログラムでは、志、自鍛、責任感を重視し、専門分野の深い知識・経験と幅広い学識を兼ね備えるとともに、柔軟性ある思考で既存の学問や課題領域を束ねることができ、かつ国内外での豊富な実践教育を通じて、現地実践力と突破力を備えたグローバルリーダーたる人材を育成します。

「博士課程教育リーディングプログラム」のオールラウンド型で採択されたプログラムは日本全体で以下の3件です.

  • 京都大学: 京都大学大学院思修館
  • 大阪大学: 超域イノベーション博士課程プログラム
  • 慶應義塾大学: 超成熟社会発展のサイエンス

京都大学のプログラム名称「思修館」は漢字だけで,これはこれでインパクトがあります.ところで,思修館って一体何なのでしょう.私もその名称の由来を全く知らなかったのですが,本日,たまたま説明を聞く機会がありましたので,ここにメモしておきます.

仏教における様々な修行の結果として得られる「さとり」の慧(または智慧)を,般若というそうです.この慧が働く様子を三段にわけて聞慧・思慧・修慧といいます.まず聞き,次に考え,そして実際に修行(行動)することによって慧が完成すると捉えます.これを聞思修といいます.

既におわかりだと思いますが,この聞思修が「思修館」の由来です.聞く(学ぶ)段階を学部教育と位置づけ,この全寮制・5年一貫教育の大学院「思修館」では,考え,行動する段階の人材育成を体現するということです.

博士課程教育リーディングプログラムのオールラウンド型としては,大阪大学の「超域イノベーション博士課程プログラム」が名前の凄さで有名ではないかと思います.既に立派なウェブサイトも公開されています.一方,京都大学は「思修館」と地味ですが,個人的にはカタカナ多用が好きではないので,「思修館」も良いと思っています.

ちなみに,文部科学省の博士課程教育リーディングプログラムは,あくまでプログラムであり,予算が付く間だけのもの(金の切れ目は縁の切れ目)なのですが,オールラウンド型「京都大学大学院思修館」は,総長の指揮下,単なるプログラムではなく,大学院として正式に設置するとのことです.この新しい大学院を設置・運営していくとなると,これは大事ですが,やるからには優秀な人材を輩出して,国際的にも認められるような成果を挙げてもらいたいと思います.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>