3月 252012
 

博士後期課程,社会人博士課程,修士課程,学部の区別なく,学生がジャーナルや国際会議に論文を投稿する際には,指導教員は赤ペン先生になる.特に私は,学生の実力を向上させるために,赤ペン先生をすることが大変有用であると考えているので,相当な時間と労力を費やしている.

論文には書き方がある.論文として成立するための必要条件というものがある.その条件を満たしていないと,査読者の評価が低くなり,ジャーナルや国際会議で発表する価値がないと判断される.つまり,リジェクトされる.あるいは,もっと酷い場合には,査読者に評価してもらうまでもなく,エディター(編集者)の判断でリジェクトされる.

研究内容が優れていることは言うまでもなく重要だ.しかし,研究内容が優れていることは論文が採録される十分条件ではない.必要条件を満たして,査読を通らなければならない.これはベテラン研究者にも新米研究者にも共通するわけだが,新米研究者には経験が不足している.特に,査読経験が不足しているために,どういう観点で論文が評価されるのかが理解できていない恐れがある.これでは,丸腰で戦に臨むようなものだろう.

そこで,論文執筆経験の浅い研究者・学生のために,査読者を擬似体験してもらい,赤ペン先生の負担を減らし,通る論文を書いてもらうために,「査読模擬体験票 」(PDF 1 KB)を作成してみた.

どうぞ,ご自由にお使い下さい.

論文執筆経験の浅い研究者・学生のための『査読模擬体験票』 (PDF 1 KB)

主要アドバイス一覧

勉強,レポート作成/論文執筆,研究発表/プレゼンテーションについて,主に卒業や修了を目指す学生へのアドバイスの一覧

(2015年1月15日リンク追加)