4月 142012
 

工学研究科化学工学専攻から情報学研究科システム科学専攻への異動に伴い,本年度から,工学部物理工学科3回生対象の講義「工業数学F2」を担当することになった.これだけ読んだ人には,異動と担当の関係が全く意味不明だろうが,事実だ.書き間違いでもない.ともかく,フーリエ解析(フーリエ級数やフーリエ変換)やラプラス変換を講義することになった.

初回の講義が終わった後,留学生(恐らく韓国から)が「英語の教科書で勉強したいので,お勧めの教科書を教えて下さい」と言ってきた.留学生がそれほど裕福な暮らしをしているとは思えないし,講義ごとに高額な教科書を買うのも大変だろうと思い,「まずは,これを見てみたら」と,無料でダウンロードできるフーリエ解析のテキストを教えた.

紹介したのは Brad Osgood, “The Fourier Transform and its Applications“, Stanford University, 2009 で,なんと428頁もある.こんな資料が無料で入手できるのだから,全く凄い世の中になったものだ.

しかも,テキストが無料なだけでなく,このスタンフォード大学のBrad Osgood教授による講義(EE 261)”The Fourier Transforms and Its Applications“全30回をすべてYouTubeで見ることもできる.

本当に,勉強する気さえあれば,いくらでもできる.講義がつまらないとか,そういう不満ばかり言っている学生がいるとしたら,その本人こそがつまらないのじゃないだろうか.なんだか負のエネルギーを送り込まれそうで,私は不満を言う人が好きではない.

上述以外にも,無料でダウンロードできるテキストがいくつもある.フーリエ級数,フーリエ変換,フーリエ解析,それに線形偏微分方程式に関する無料教科書のいくつかを,ここで紹介しておこう.

フーリエ変換や線形偏微分方程式の無料英語テキスト

  1. Brad Osgood, “The Fourier Transform and its Applications“, Stanford University, 2009
    (428頁,無料でダウンロード可能,e-book)
  2. Marcus Pivato, “Linear Partial Differential Equations and Fourier Theory“, Cambridge University Press, 2005
    (431頁,無料でダウンロード可能,e-book)
  3. Peter J. Olver, “Introduction to Partial Differential Equations“, University of Minnesota, 2010
    (538頁,無料でダウンロード可能,e-book)
  4. Matthew Hancock, “Linear Partial Differential Equations“, MIT OpenCourseWare, 2006
    (無料でダウンロード可能,e-book)

フーリエ変換の講義動画

  1. The Fourier Transforms and Its Applications” by Professor Brad Osgood for the Electrical Engineering course (EE 261) at Stanford University.
    (YouTube,スタンフォード大学の講義,全30回,上記テキスト”The Fourier Transform and its Applications“に対応)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>