7月 152012
 

ギルフォード(Guildford)のサリー大学(University of Surrey)を訪問した翌日,いよいよ日本に向けてイギリスを出国する.清々しい朝,Asperion Hotelでオーガニックな朝食をいただき,ギルフォード駅でロンドンまでの片道切符を購入し,再びロンドン・ウォータールー(Waterloo)駅へ.

夕方遅いフライトのため,午後3時頃まで駆け足でロンドンの観光名所を訪ねてみることにしていた.

空席の目立つ列車で,緑広がる田舎の景色を車窓から眺めること40分,約24時間ぶりにロンドン・ウォータールー駅に戻ってきた.列車から降り,重いスーツケースを引き摺りながら改札を通ると,金曜日とは全く違う光景が眼前に広がっていた.

ロイヤルアスコットに向かう紳士淑女@ロンドンのウォータールー駅
ロイヤルアスコットに向かう紳士淑女@ロンドンのウォータールー駅

な,なんなんだ,この着飾った上品な方々は!

これが大英帝国の紳士淑女ですか!!

正直,この1週間はずっとイギリスを舐めていた.全般的に食事は美味しくないにしても,オリンピックが開催されるにしても,ロンドンは別に普通の都会というだけじゃないかと.少なくとも,その朝,ウォータールー駅に着くまではそう思っていた.しかし,そこで衝撃を受けた.

ロイヤルアスコットに向かう紳士淑女@ロンドンのウォータールー駅
ロイヤルアスコットに向かう紳士淑女@ロンドンのウォータールー駅

おびただしい数の着飾った人達がいる鉄道駅を,これまで見たことがない.しかし,これらの着飾った紳士淑女は,金曜日の朝にも,土曜日の午後にも,駅では見掛けなかった.目撃したのは土曜日の朝のみ.何かスペシャルイベントがあったに違いない.

しかし,どのようなイベントがあるのか全くわからない.そこで,困ったときのTwitter頼みというわけで,この状況を写真付きで呟いた.

ロイヤルアスコットに向かう紳士淑女@ロンドンのウォータールー駅
ロイヤルアスコットに向かう紳士淑女@ロンドンのウォータールー駅

流石はツイッター.すぐに答えが分かった.

ウォータールー駅に結集していた紳士淑女は,ロイヤルアスコットレースミーティング(Royal Ascot Race Meeting)に参加する方々だ.ロイヤルアスコットは,6月にアスコット競馬場でイギリス王室が主催する競馬で,その歴史は1711年にアン女王が開催したことに遡る.開催中にはエリザベス女王自らウィンザー城から馬車に乗って臨席し,優勝トロフィーを贈呈するそうだ.

ロイヤルアスコットに向かう紳士淑女@ロンドンのウォータールー駅
ロイヤルアスコットに向かう紳士淑女@ロンドンのウォータールー駅

王室主催の競馬だから,ドレスコードもある.ロイヤルアスコットで,競馬場のロイヤル・エンクロージャーと呼ばれるエリアに入る際のドレスコードは,男性の場合,黒色又はグレーのモーニングとトップハット又は軍服の着用,女性の場合,フォーマルドレス&パンツスーツ,衣服に合う頭が隠れる帽子の着用とのことらしい

紳士淑女の謎は解けた.

  One Response to “凄いな,これがイギリスの紳士淑女か!!”

  1. […] 出典凄いな,これがイギリスの紳士淑女か!! | Chase Your Dream ! […]

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>