8月 262012
 

国際会議で酷いプレゼンテーションをしないための秘訣(コツ)を紹介します.

初めて国際会議で発表する大学生や大学院生,さらには,十分な修行を積むことなく企業に入り,学会発表をする羽目になった技術者や研究者にも,お役に立てればと思います.

学会の公用語が日本語でも英語でも,学会発表の基本原則は変わりません.このため,まずは「学会発表や卒業研究発表の前に読みたいプレゼンテーション・アドバイス」を読んで下さい.その内容を修得したという前提で,ここでは,国際会議の晴れ舞台で,英語が苦手な日本人が英語で発表する際に気を付けたいことをまとめておきます.

短い文を使う

関係代名詞や関係副詞が何重構造にもなったような複雑で長い文章を,下手な英語で話されたら,聴衆が理解できるはずありません.文を分割できるところは分割し,短い文を使うように心掛けましょう.文語と口語は違うということを忘れずに.論文に書いた文章をそのまま読むと,非常に堅苦しく,聞きにくい発表になります.

正しい英文の書き方を身に付けたいと思うなら,”The Elements of Style”などを読むと良いでしょう.間違っても,英語が上手でない日本人が書いた解説本なんかを読むべきではありません.

文を正しく区切る

長い文章を話すときには,どこかで息継ぎが必要になります.このとき,息継ぎの場所に注意しなければなりません.副詞節の前後で区切るなどは分かりやすい規則ですが,とにかく,聴衆が聞きやすいように区切ることが原則です.慣れるまでは,原稿に区切りを書き込むようにしましょう.

正しいアクセントで話す

英語を話すときに,日本人は発音を非常に気にしてしまいます.確かに,”R”と”L”のように,日本人が不得意と国際的に認められている発音もあり,気になるのは仕方ないことです.しかし,一朝一夕で綺麗な発音ができるようになるはずもありません.それよりはむしろ,アクセントに気を付けるべきです.特に,普段からカタカナで利用している単語には要注意です.辞書でアクセントの位置を確認する習慣を身に付けましょう.発音を気にするのは,その後です.実際,アクセントの位置を間違えると,正しい発音でもネイティブな人は理解できないのですから.

結局,下手な英語をカバーするためには,ハッキリと話すしかありません.ただし,ハッキリ,ゆっくり話すというのは,単語ごとにバラバラに話すのとは全然違います.日本語で,「こ・れ・が・け・っ・か・で・す」とロボットみたいに話すと,非常に聞き取りづらいはずです.英語でも滑らかさが重要ですので,ハッキリかつ滑らかに話せるように徹底的に練習しましょう.

最初と最後

国際会議の発表において,最初と最後に言う言葉は概ね決まっています.

最初は,”Thank you, Mr. Chairman. Good morning, ladies and gentlemen.”みたいな感じで切り出します.”Chairman”というのは自分が発表するセッションの座長(司会者)で,発表者の紹介などをしてくれます.発表を始めるに際して,一言お礼を述べるのが礼儀です.

最後は,”Thank you for your kind attention. I am happy to answer any question that you might have.”みたいな感じで終わります.くれぐれも,終わったのか終わってないのか分からないようなフェードアウトはしないようにしましょう.

さらに,結論を述べた後,締め括りの言葉の前に,謝辞を述べましょう.謝辞とはお礼のことです.論文の共著者以外で研究に協力してくれた人や研究組織,研究資金を提供してくれた団体などが対象です.述べるべき相手が誰もいない場合は構いませんが,いるなら必ず謝辞を述べましょう.どうも日本人は謝辞を軽視しすぎる傾向にあります.しかし,それは不作法な行為です.礼儀正しくあって下さい.

さいごに

繰り返しますが,ここに書いたことは,「学会発表や卒業研究発表の前に読みたいプレゼンテーション・アドバイス」に書いた内容を修得したことを前提に,それに付け加えて気を付けるといいと私が思うことです.まずは,学会発表の基本を身に付けるようにしましょう.

主要アドバイス一覧

勉強,レポート作成/論文執筆,研究発表/プレゼンテーションについて,主に卒業や修了を目指す学生へのアドバイスの一覧

(2015年1月15日リンク追加)

話し方入門
デール・カーネギー,創元社,2000

プレゼンテーションや話し方に関する書籍で,私が最高だと思い,自信を持ってお勧めするのが,この「話し方入門」です.人前で上手に話すための秘訣が書かれています.もちろん,単なるハウツウではありません.人に伝えたいと切望するものがあること,周到に準備をすること,練習に練習を重ねて自信を持つこと,始め方と終わり方に注意すること,わかりやすく話すこと,そして,美しい言葉を身に付けることなどが挙げられています.人前で話すことの重要性を認識し,上手に話せるようになりたいと願う人にはきっと役立つはずです.

マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術
ジーン・ゼラズニー,東洋経済新報社,2004

研究発表向けの書籍ではありませんが,ビジネスでプレゼンする機会が多い,ビジネスにおけるプレゼン能力を磨きたい,というのであれば,この「マッキンゼー流 プレゼンテーションの技術」を読むと良いでしょう.プレゼンには人を動かすという目的があるはずであり,その目的を達成するために,プレゼンテーションに不可欠な要素は何かということが書かれています.このため,もちろん研究発表にも役立ちます.このようなノウハウの蓄積は,さすがマッキンゼーといったところでしょうか.

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則
カーマイン・ガロ(著),井口耕二(訳),日経BP社,2010

プレゼンテーションをうまくなりたいなら,つべこべ言わずに,本書「スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン」を読め!と言いたくなる本です.アップルのファンを熱狂させただけでなく,プレゼンの手本として絶賛されたスティーブ・ジョブズのプレゼンを分析し,その成功の秘訣をわかりやすく解説しています.実際,私は,本書を読んだ直後に,ある講演用のスライドをすべて書き換えたほどです.本書で強調されている点は次の3点です.第1に,プレゼンで伝えようとするモノに情熱を持つこと.第2に,聞き手が興味あることを,わかるように伝えること.第3に,練習し,練習し,そして練習すること.

LOGICOOL プロフェッショナルプレゼンター タイマー機能・LCD搭載 R80

手元のボタンで,ページ送りなどパワーポイントの操作もできる,明るいグリーンレーザーのポインターとしては,非常にコストパフォーマンスが良く,使いやすいレーザーポインターです.2012年現在,私はこれを愛用しています.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>