9月 142012
 

京都大学の財務報告書2012が配布されてきた.詳細に興味がある人には財務報告書を読んでもらうとして,社会,学生,教職員の立場から,京都大学の現状を把握するのに役立つ情報を抜粋してメモしておこう.

国民1人あたりの負担

京都大学に対する国民1人あたりの負担額=773円.

計算式は次の通り.

(業務実施コスト799億円+受託研究・受託事業等31億円+科学研究費補助金等145億円)/人口1.2618億人.

学生1人あたりの教育関係経費

学生1人あたりの教育関係経費=174万円.

ちなみに,学部と大学院(法科を除く)の入学料は28.2万円,授業料は53.58万円となっている.授業料で計算すると,学生が支払う授業料の3倍もの経費をかけて,京都大学は学生を教育していることになる.「授業料を払ってるんだから・・・」という学生の主張はたいした説得力を持たない.どうしてもそれを言いたいなら,2/3を支払っている社会に対する自分の責任を自覚してからにした方がいいだろう.

教員1人あたりの研究関係経費

教員1人あたりの研究関係経費=1945万円.

計算式は次の通り.

(経常費用等62036百万円+研究用資産支出額12216百万円)/教員3817人.

経常収益と経常支出

経常収益と経常支出は1450億円.

収益の内訳: 運営費交付金36%,学生納付金10%,付属病院収益22%,外部資金17%,その他15%.

支出の内訳: 人件費46%,教育4%,研究16%,診療14%,教育研究支援2%,受託研究費等14%,一般管理費3%,支払利息1%.

ざっと以上.ここでは京都大学の財務について紹介したが,これが国立大学法人の平均的な姿でないことは指摘しておきたい.

日本の高等教育への公的支出額は対GDP比でOECD加盟国中最底辺と悲劇的だが,それでも国民に支えられているわけで,その自覚は必要だと思う.教職員も学生も.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>