11月 292012
 

飯吉先生の公開授業に参加した.当該講義は全学共通科目「オープンエデュケーションの世界」で,英語で実施されている.受講生の1/3程度が留学生だったように思う.本日の講義では,30分程度のイントロダクションの後,courseraやedXをレビューした結果を学生が英語で発表し,先生が全体をまとめ,その後さらにグループ討議が行われた.グループ討議のテーマは,「MOOCが普及すると,学生にとって何が重要になり,何が重要でなくなるか」というもの.MOOCとは”Massive Open Online Course”の略で,ウェブ上で無料で参加できる大規模講義を指す.主にアメリカの大学で運営されており,ビデオ講義を受けるだけでなく,試験を受けることもできる.

講義の冒頭で紹介されたのは,”What is 21st century education?”というビデオ.わずか2分間ではあるが,21世紀に起こる変化がどれほどダイナミックなものかを示し,それを踏まえて,教育はいかにあるべきか,教師には何が求められるか,を示している.

まとめでは,オープンエデュケーションに取り組んでいる大学のコメントが紹介された.MITの学長とプリンストンの副学長のものだったと記憶しているが,いずれも,オープンエデュケーションで提供している講義は,キャンパスでの講義とは全く別物だと指摘している.つまり,MITの講義をウェブで見たからと言って,MITで講義を受けたようにはいかないし,プリンストンの講義をウェブで見たからと言って,プリンストンで講義を受けたようにはいかないということだ.何が違うのか.それはインタラクションだという.そういう意味では,教員と学生の間で,学生と学生の間で,刺激を与え合うことを促せないようであれば,生の講義には大した意味はないということになるだろう.

オープンエデュケーションの講義を聴きながら,以下のようなことを考えた.

ウェブ上で無料で世界トップクラスの講義を受けられるのは大変素晴らしいことだ.しかし,「誰しも自分以上のものの見方はできない」とショーペンハウエルが言い「しょせん,人間は自分が学べることしか学ばない」とゲーテがメフィストフェレスに言わせたことを思うと,学習者が興味を持つことだけを学習するのでは不十分であり,学習者には見えていない「高み」を見せてくれる何かが必要だろう.そこに,教員の存在意義があるように思う.

さらに,ある分野の勉強をしようと思うのであれば,その学問分野の俯瞰図が必要になる.何か高度な知識を得ようとする場合に,そのために必要な知識は何かということを知っておく必要がある.勉強してみたい,興味のあるテーマがあるときに,そのテーマ名で検索して,講義資料に行き着いたからといって,それで勉強できるわけではない.しかし,この点については,技術で何とでもできるだろう.

オープンエデュケーション

  • coursera
    We are a social entrepreneurship company that partners with the top universities in the world to offer courses online for anyone to take, for free. We envision a future where the top universities are educating not only thousands of students, but millions. Our technology enables the best professors to teach tens or hundreds of thousands of students. Through this, we hope to give everyone access to the world-class education that has so far been available only to a select few. We want to empower people with education that will improve their lives, the lives of their families, and the communities they live in.
  • edX
    EdX is a not-for-profit enterprise of its founding partners Harvard University and the Massachusetts Institute of Technology that features learning designed specifically for interactive study via the web. Based on a long history of collaboration and their shared educational missions, the founders are creating a new online-learning experience with online courses that reflect their disciplinary breadth. Along with offering online courses, the institutions will use edX to research how students learn and how technology can transform learning–both on-campus and worldwide. Anant Agarwal, former Director of MIT’s Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory, serves as the first president of edX. EdX’s goals combine the desire to reach out to students of all ages, means, and nations, and to deliver these teachings from a faculty who reflect the diversity of its audience. EdX is based in Cambridge, Massachusetts and is governed by MIT and Harvard.
  • Khan Academy
    The Khan Academy is an organization on a mission. We’re a not-for-profit with the goal of changing education for the better by providing a free world-class education for anyone anywhere. All of the site’s resources are available to anyone. It doesn’t matter if you are a student, teacher, home-schooler, principal, adult returning to the classroom after 20 years, or a friendly alien just trying to get a leg up in earthly biology. The Khan Academy’s materials and resources are available to you completely free of charge.
  • iTunes U
    Now it’s easier than ever to unleash the full potential of iPad in your classroom by creating your own courses for iPad. You get to share your ideas in a powerful new way, and your students get a rich, immersive learning experience using the iTunes U app for iPad. iTunes U is available no matter where you teach — at any college, university, or K-12 school.

日本での取り組みとして,JOCW(日本オープンコースウェア・コンソーシアム)を紹介する.リンク先に飛んでもらえれば一目瞭然だが,海外サイトと比べて,猛烈に見劣りする...

最後に,これは明らかだと思うのだが,英語ができないというのは致命的だ.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>