2月 032013
 

2月3日節分ですね.本日は,家族で吉田神社節分祭に行くつもりです.

さて,2月になり,いよいよ修士論文や卒業論文の提出と発表会が迫ってきました.これまでに私が書いた,学生に目を通しておいてもらいたいメモを列挙しておきます.発表準備をしている学生さんは参考にして下さい.

先日,研究室内で修論発表練習を実施したときには,「詰め込みすぎスライド」が気になりました.頑張って研究をして,その結果をあますところなく紹介したいという気持ちはわかるのですが,分野違いの人達に研究の詳細をマシンガントークのように語っても理解なんてしてもらえません.そもそも興味を持ってもらえなかったら,何も伝わりません.「詰め込みすぎスライド」を作成する学生は,根本的に戦略を間違えているように思います.

冷静になって,自分の都合を優先するのではなく,発表の目的を明確にした上で,内容に優先順位をつけ,発表する事項を絞り込まないといけません.このとき,何よりもまず重要になるのが,研究の背景と目的です.これが伝わらないと研究していることそのものを否定されかねません.特に,発表会に参加する聴衆がどのような人達であるかを意識するようにしましょう.玄人向けと素人向けでは当然話すべき内容が変わります.

それでは,以下が発表のためのアドバイス一覧です.少なくとも当研究室学生は全員目を通しておいて下さい.

Good luck!

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>