2月 282013
 

先日,進路希望調査を実施しましたが,見事なまでに,有名企業が揃いました.優秀な学生諸君であれば,そのような有名企業への就職も叶うことでしょう.

ここで,いくつか考えておいて欲しいことがあります.

我々が所属するシステム科学専攻や情報学研究科に学校推薦枠を設けるので是非学生に来てもらいたいと企業が言って下さるのは誰のおかげか.今の学生諸君ではありません.企業に就職した先輩らが活躍されているおかげです.京都大学ブランドも含めて,諸君は非常に恵まれた立場にあるわけです.そのことに感謝できる人間であってもらいたいと思っています.さらに,その恵まれた境遇を利用して就職したのであれば,後に続く後輩のためにも,さすが京大卒業生は凄いなと思われるような活躍をしてくれることを願っています.率直に言って,企業は,あるいは社会は,諸君に物凄い期待を寄せているわけです.リーダーシップを発揮して欲しいと.その期待に応えようとする意気込みを持ち続けて,社会で自分の為すべきことを為してもらえることを切に願っています.

京都大学大学院に入学できたのは自分が頭が良いからだし,入学金も授業料も支払っているのだから,そんな義理はないという学生がいるかもしれませんが,そのような考え方は不届き千万です.もちろん様々な事情はあったでしょうが,大学院に進学できるまで育ててくれた両親その他がいてくれたからこそ,今の諸君があるわけです.また,諸君が大学院で教育を受けて研究のイロハを学ぶために,京都大学では年間174万円(学部も含む平均値なので諸君の場合はこの金額を遙かに上回るでしょう)を投じています.このようなことも含めて,どれだけ周囲に助けられて,ここまでやってきたかに思いを馳せることも大切なことだと思います.

さて,話は変わりますが,次の希望調査までに,これまでは注目していなかった業界や企業にも目を向けてみて下さい.恐らく,非常に狭い視野でしか企業を見てこなかった学生が多いと思います.とりあえず,システム科学専攻に求人票を出して下さっている企業だけでも構わないので,先入観に囚われずに,その事業内容などをパンフレットやウェブで確認してみて下さい.思い込んでいたのとは全く異なる事業を手掛けていたり,むしろそういう事業が中核に成長していたりすることに気付くでしょう.もちろん,当専攻に求人票が来ない企業の中に,素晴らしい企業がたくさんあります.すべてを調べ上げるなんてことは到底できそうにありませんが,一生に一度の新卒での就職活動です.思い切って視野を広げて臨んで下さい.

ガイダンスで述べたことも忘れずに!

健闘を祈ります.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>