5月 122013
 

最近,日本の伝統文化をもっと知ろう,体験しようと思うようになり,東京で空き時間がある土曜日の午後に,生まれて初めて歌舞伎を観に行くことにした.

もちろん,京都四條南座でも歌舞伎は観られるわけだが,こちらにも行ったことがない(気がする).それなのにどうして銀座の歌舞伎座かというと,約3年に及ぶ建て替えを終えて新しくなり,2013年4月2日から柿葺落興行が行われるとのことで,初めて行ってみるには良い機会かなと思ったからだ.まあ,ただの気紛れではある.

杮葺落五月大歌舞伎@歌舞伎座
杮葺落五月大歌舞伎@歌舞伎座

土曜日午後に空き時間があるので「そうだ.歌舞伎座に行こう」と思ったのが4月中旬.チケットWeb松竹でチケットを購入した.

料金(税込)は,一階桟敷席22,000円,一等席20,000円,二等席15,000円,三階A席6,000円,三階B席4,000円と安くない.参考までに他と比較してみると,宝塚歌劇の「ベルサイユのばら」宝塚大劇場SS席が11000円,劇団四季の「リトルマーメード」四季劇場[夏]S席が9800円,祇園新地甲部歌舞会の「都をどり」茶券付特等観覧席が4500円となっている.大衆芸能と言われるが,歌舞伎のチケットは確かに高い.

チケットを購入するタイミングが遅いこともあって,余っている席の中でとにかく良い席を予約することにした.選んだのは,2階席3列33番という,舞台中央側が通路になっている通路側の席.舞台全体を見るには1階よりも2階の方が良いだろうとの考えと,他の観客が最も邪魔にならないのは通路側の席だろうとの考えで,この席を選んだ.一等席20,000円.正解だったと思う.

杮葺落五月大歌舞伎@歌舞伎座
杮葺落五月大歌舞伎@歌舞伎座

杮葺落五月大歌舞伎は3部からなる.

第一部

  • 鶴亀(つるかめ)
  • 菅原伝授手習鑑 寺子屋(てらこや)
  • 三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ) 大川端庚申塚の場

第二部

  • 伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ) 御殿 床下
  • 夕霧 伊左衛門 廓文章(くるわぶんしょう) 吉田屋

第三部

  • 梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり) 鶴ヶ岡八幡社頭の場
  • 京鹿子娘二人道成寺(きょうかのこむすめににんどうじょうじ) 道行より鐘入りまで

私が観たのは第二部で,演目は下記2つ.

伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ) 御殿 床下

〈御殿〉
乳人政岡 藤十郎
沖の井 時 蔵
松島 扇 雀
栄御前 秀太郎
八汐 梅 玉
   
〈床下〉
仁木弾正 幸四郎
荒獅子男之助 吉右衛門

夕霧 伊左衛門 廓文章(くるわぶんしょう) 吉田屋

藤屋伊左衛門 仁左衛門
吉田屋女房おきさ 秀太郎
阿波の大尽 秀 調
太鼓持豊作 千之助
番頭清七 桂 三
吉田屋喜左衛門 彌十郎
扇屋夕霧 玉三郎

政岡役の坂田藤十郎(山城屋),荒獅子男之助役の中村吉右衛門(播磨屋),夕霧役の坂東玉三郎(大和屋)は人間国宝(重要無形文化財各個指定)なのだから凄い舞台だ.

伽羅先代萩は,伊達藩のお家騒動をもとにした作品で,主君に忠義な子供が惨殺されるという残酷な物語だ.最後の「床下」の場面で,吉右衛門が荒獅子男之助として登場するが,「おぉー,これが熊取か」と感激した.仁木弾正役の松本幸四郎は一言も発しない.

廓文章吉田屋は,遊郭を舞台にした情趣溢れる上方和事の代表作とのことだが,こちらは笑いを誘う楽しい演目だった.藤屋伊左衛門役の片岡仁左衛門が実に面白かった.

杮葺落五月大歌舞伎@歌舞伎座
杮葺落五月大歌舞伎@歌舞伎座

2万円出してちょくちょく行くというわけにはいかないが,1幕2千円の幕見席ならいいかも.幕見席に行列ができてるのも頷けた.

今回は歌舞伎を観るのが初めてだったので,イヤホンガイドを利用した.舞台の進行に合わせて,あらすじ・配役・衣装・道具・独特な約束事などを説明してくれるので,これはお勧め.初心者は借りるべき.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>