5月 152013
 

日曜日夜から月曜日夕方まで,埼玉県川越市に仕事で出掛けることになった.東京に行くことは多いが,埼玉はほとんどない.というか,行った記憶がない.そこで,この機会に埼玉観光をしようと調べてみると,目的地のすぐ近くの「川越」が日帰り観光地として人気だというので,日曜日午後に散策してみることにした.「小江戸」なのだそうだ.全国各地にある「小京都」みたいなものだろうか.

蔵造りの町並み@川越
蔵造りの町並み@川越

池袋から東武東上線で川越まで30分.日曜日の昼だからか,車内はガラガラだった.

川越駅から商店街をひたすら歩いて,「蔵造りの町並み」を目指す.途中の「大正浪漫夢通り」では多数の鯉のぼりが吊されていた.無風状態のため,泳いでいるとは言えない.

大正浪漫夢通りの鯉のぼり@川越
大正浪漫夢通りの鯉のぼり@川越

大正浪漫夢通りを抜けると,「蔵造りの町並み」に出る.確かに,古い蔵造りの建物が建ち並び,良い雰囲気を醸し出している.ただし,蔵造りの建物は道路の片側に集中しており,道路も恐らく観光客のであろう自動車で渋滞している.

蔵造りの町並みのランドマークが「時の鐘」だ.江戸時代初期に,川越城主だった酒井忠勝が建設したと伝えられている.ただし,時の鐘は何度か焼失しており,現存するのは明治27年に再建されたものだという.平成8年に環境庁の「残したい日本の音風景百選」に選ばれている.

時の鐘@川越
時の鐘@川越

蔵造りの町並みを,一軒一軒覗きながら歩いていると,「豆吉本舗」というお菓子屋があった.売っているのは豆なのだが,コーティングの種類が非常に多くて,「何これ?」という味がある.このお店が素晴らしいのは,いっぱい試食できること.大人味のミルク珈琲豆,季節限定のラムネ豆,それに巨峰豆や桃豆をお土産に購入した.

豆吉本舗@川越
豆吉本舗@川越

蔵造りの町並みを端まで行くと,「菓子屋横丁」がある.駄菓子の他,川越の名物らしい紫芋が多い.菓子屋横町は多くの人でごった返していた.みんなお菓子好きだ.

菓子屋横丁@川越
菓子屋横丁@川越

蔵造りの町並みを満喫した後,川越大師で知られる「喜多院」へ向かう.喜多院は徳川家との繋がりが深く,江戸城から移築された「三代将軍家光公誕生の間」や「春日局の化粧の間」を拝観できる.拝観料を払うと,それらに加えて,本堂や五百羅漢も拝観できる他,庭も見学できる.

題曲水の庭@喜多院
題曲水の庭@喜多院

轉合の庭と家光公お手植桜@喜多院
轉合の庭と家光公お手植桜@喜多院

徳川家光誕生の間や春日局の間には,これでもかというほど三つ葉の紋があった.

日曜日は途方もなく暑かったので,新緑豊かな庭を見ながら,日陰でのんびりとするのは,大変心地良かった.

五百羅漢@喜多院
五百羅漢@喜多院

五百羅漢を見学して,喜多院を後にする.そのまま川越駅を目指し,再び東武東上線で若葉へ.夕方から懇親会.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>