6月 102013
 

子供たちが海遊館に行きたいというので,物凄く久しぶりに,海遊館に行ってきた.これまでは,ただ海遊館に行くだけだったが,今回は,折角だからと,「海遊館ガイドツアー」に参加してみた.

最近,長男が動物(魚類や鳥類などジャンルは様々)に強い興味を示し,よく図鑑を眺めていて,先日は絶滅危惧種ばかりを掲載した図鑑を買ってもらっていたので,きっと海遊館ガイドツアーも喜ぶだろうと考えてのことだ.

エサを準備する調餌室や飼育係員が作業する様子を見学できるバックヤードツアーに参加したかったのだが,このツアーは6月には一度も開催されない.そこで,魚類の見どころを選りすぐって案内してくれるという「ガイドツアーBコース」を予約した.魚類の観覧ルートに加えて,約15分間の太平洋水槽バックヤードのエサやり見学もできる.約60分間で1人500円.

実際に参加してみて,この海遊館ガイドツアーは非常にお得だと感じた.とても面白いし,勉強にもなるし,500円は本当に安いと思う.参加したことがない人は,海遊館に行く機会があれば,是非予約することをお勧めしたい.

通常の観覧ルートでは見ることができない珍しいモノを見せて貰えるし,色々と教えて貰えるし,質問にも答えて貰えるし,至れり尽くせりだ.以下では,教えてもらったことの一部を紹介しよう.

ジンベイザメ@海遊館
ジンベイザメ@海遊館

まず,海遊館と言えば,ジンベイザメ.沖縄の美ら海水族館のスケールには及ばないものの,巨大なジンベイザメは人気者だ.

ジンベイザメの餌はオキアミなどのプランクトンで,海遊館では1日に9.6kgの餌を与えている.海水と一緒に餌を呑み込むわけだが,なんと一口で100Lもの海水を呑み込むらしい.海遊館では,人が泳ぎながら水中でジンベイザメにエサを与える.これは,ジンベイザメの体調が悪くなったときなどに備えて,給餌中に人間がジンベイザメに触れることで,人間に触れられることに慣れさせるためなのだそうだ.

ところで,昔はカイ君とユウちゃんの2匹いたはずのジンベイザメが,今はユウちゃん1匹しかいない.カイ君はどこに行ったのか.実は,ジンベイザメはまだまだ謎が多いので,生態調査のために発信機をつけて,カイ君は高知県沖で放流されたそうだ.

ジンベイザメのエサやりを見学した後,その近くの小さな水槽に閉じ込められているアオウミガメを見学した.このカメも以前は太平洋水槽で泳いでいたそうだが,3ヵ月ほど前から,この狭い水槽に隔離されているとのこと.実は,ジンベイザメに恋をして,ストーカーになってしまい,ずっとジンベイザメから離れなかったらしい.このままではジンベイザメにストレスを与えてしまうということで,小さな水槽に隔離して,頭を冷やさせているのだとか.それにしても,3ヶ月も隔離とは可哀想に.ちなみに,カメのエサは青梗菜(チンゲンサイ).

熱帯魚と珊瑚@海遊館
熱帯魚と珊瑚@海遊館

色とりどりの美しい熱帯魚が泳いでいる水槽の珊瑚は偽物なのだそうだ.珊瑚は貴重な動物であるため,生態系を破壊しないために,本物は採取しないとのこと.ちなみに,熱帯魚の餌はレタス.

鰯@海遊館
鰯@海遊館

一般の観覧コースの最後の方で,鰯の大群を見ることができる.この水槽には,なんと約15000匹のイワシが泳いでいるそうだ.

さらに進むと,クラゲのコーナーがあり,続いて,アザラシを下から見上げることができる新・体感エリアがある.その先には,サメやエイに触れることができるコーナーも.

ちなみに,サメもエイも軟骨魚類で,すべての骨が軟骨のため,陸上では体を支えられないそうだ.サメとエイの違いは,エラが横側にあるか,腹側にあるかで,平べったいのがエイというわけではない.

新・体感エリア@海遊館
新・体感エリア@海遊館

この他にも,色々なモノを見せてもらい,色々な話を聞かせてもらったが,それは海遊館ガイドツアーに参加してのお楽しみとしておこう.

最後に,長男がお姉さんに質問した内容を書いておく.実は,ガイドツアーに参加する前に,館内を全部見学して,前回来たときに見たマンボウがいないことに気が付いた.もしかして死んでしまったのかとも思ったのだが,長男が「マンボウはどこに行ったのですか?」とお姉さんに尋ねたところ,「今は健康診断のために,高知県の研究所にいるんですよ」とのことだった.健康診断が終われば,海遊館に戻ってくるそうだ.

まあ,ともかく,海遊館ガイドツアーはお勧めだ.大変面白いし,勉強にもなる.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>