8月 202013
 

先に「超モダンゴルフ」に書いたとおり,プロセス制御関連の研究会の方々から熱心に誘っていただき,遂にはクラブセットを含むゴルフ道具一式までプレゼントしていただき,とうとう,ゴルフを始めることにしました.

まず,6月に,ゴルフ道具一式をくださった方に,練習場に連れて行っていただき,ドライバーとアイアン(主に7番)の練習をしました.

そして8月,その一度の練習しかしていないにもかかわらず,河川敷コースに連れて行っていただきました.周囲からは「練習もしないでコースに行って,迷惑になるんじゃないの!」と散々言われましたが,やるしかありません.

京阪ゴルフ倶楽部
京阪ゴルフ倶楽部

生まれて初めてのコースで,バンカーの恐ろしさを満喫しました.バンカーから出すだけで8打とか,我ながら信じられません.結局,そのパー3のショートホールで12打を叩きました.しかし,やられっぱなしでは終われません.最終ホールでは,グリーン横の障害物付き陰険バンカーから一発で出せて,しかもピンそばにビシッと寄りました.この一打だけを取り上げたら,トッププロ並みですね.大いに満足したゴルフデビューでした.

結局,ショートホールでワンオンが一度あったものの,パーは一度も取れず,もうボロボロでしたが,OBが1回だけだったのが救いです.念のため,安いロストボールをたくさん買って行きましたが,全く不要でした.

ラウンド中,ゴルフナビというものを貸していただいて,自分の飛距離をせっせと計測しました.私の今の実力だと,ドライバーは200ヤード前後,7番アイアンは140ヤード前後です.しかし,アプローチとパットがわけわかりません.

キャディバッグ
キャディバッグ

コースに連れて行っていただいた後,ゴルフグッズを着々と揃えています.ゴルフナビも購入しました.クラブセットと一緒にキャディバッグも譲っていただきましたが,新しいのを購入しました.ルコックのですが,なぜかギフトラッピング状態でした.

これから精進していきます.

8月 202013
 

超モダンゴルフ―これがぼくらの新基本
江連忠,ゴルフダイジェスト社,1998

ある研究会の方々から熱心に誘っていただき,遂にはクラブセットを含むゴルフ道具一式までプレゼントしていただき,とうとう,ゴルフを始める決心をしました.アメリカに住んでいたときにさえ,誘われてもゴルフをすることはなく,このまま一生ゴルフとは縁なく生きるつもりだったのですが,人生とはわからないものです.

ゴルフ道具一式をプレゼントしてくださった方に練習場で色々と教えていただいたのですが,一度で身に付くはずもありません.自分なりに勉強してみようと,評判が良さそうで,図書館で借りられる本を探したところ,この「超モダンゴルフ」を見付けました.

正直,ド素人の私には書かれている内容が良いのかどうかすら分かりません.しかし,私がド素人だということを自覚してさえも,あまりにカタカナが多いのに驚きました.ハッキリ言って,初心者が一読して意味がわかるような本ではありません.恐らく,ゴルフ用語が既に染みついている人向けなのでしょう.著者がアメリカで活躍されていたとのことなので,その影響もあるのでしょうが,それにしても,カタカナが多い.ルー大柴も真っ青だろうと...

精進します.

目次

  • 第1章 現代型スウィング(クラブの進化で打法が変わる)
  • 第2章 『静』から『動』へ(グリップからテークバックまで)
  • 第3章 オンプレーン(トップからフィニッシュまで)
  • 第4章 最先端のスウィングチェック前編(フェースの向きとスウィングプレーン)
  • 第5章 最先端のスウィングチェック後編(体の動きとポジショニング)
  • 第6章 5つの不変の定理(ゴルフスウィングの基本)