9月 192013
 

ぜんぶわかる脳の事典―部位別・機能別にわかりやすくビジュアル解説
坂井建雄,久光正,成美堂出版,2011

医療関連データの解析,特に,脳や神経に関連するデータ(脳波や心電など)の解析を行う研究に携わらせていただくようになり,圧倒的に不足している基本知識を補うため,入門書を読んでいる.その1つが,本書「ぜんぶわかる 脳の事典」.脳だけでなく,神経系についての説明もあり,さらに,脳に関する病気のメカニズムと治療法まで網羅されているので,私の学習には非常に役立った.すべてのページに大きなカラーのイラストがあるのが有り難い.

本書を読んでわかったことの1つは,脳についてはまだまだわからないことだらけであるということだ.

あと,些細なことではあるが,どうも納得のいかない部分があった.ストレス状況下およびストレス解消後に,交感神経と副交感神経のどちらが優位になるかを説明している図があるのだが,天秤で軽い方が優位,重い方が優位でないとしている.しかし、私の感覚では、下になる(重い方)が優位だと思う.そのため,しばらく図の意味を理解することができなかった.

とても脳や神経系の各部の名称や薬の名称を覚えられそうにはないが,基本を知るには良い入門書だろう.

目次

Part1 脳の構造と機能

  • 脳の全体像
  • 脳の系統発生と発達
  • 脳を構成する細胞のしくみ
  • 大脳のしくみと働き
  • 間脳のしくみと働き
  • 小脳のしくみと働き
  • 脳幹のしくみと働き
  • 脳室のしくみと働き
  • 脳の血管循環のしくみ

Part2 神経系の構造と機能

  • 神経系の分類
  • 脳神経系のしくみと働き
  • 脊髄神経のしくみと働き
  • 自律神経のしくみと働き
  • 運動を司る神経の構造
  • 体性感覚を伝える神経の構造
  • 特殊感覚を伝える神経の構造

Part3 脳の高次機能と活動

  • 記憶のしくみ
  • 学習のしくみ
  • 感情・思考のしくみ
  • ストレス反応のしくみ
  • 睡眠のしくみ

Part4 脳の病気 メカニズムと治療法

  • 脳の検査
  • 脳神経疾患
  • 精神疾患・障害
  • 脳血管障害・腫瘍

  2 Responses to “ぜんぶわかる脳の事典―部位別・機能別にわかりやすくビジュアル解説”

  1. はじめまして。現在地方国立大学三回生情報学科に在学しているものです。貴方様のブログを拝見させていただき大変勉強になっております。現在、関西エリアの大学院、もっといえば大阪大学機械工学専攻で制御工学について学びたいと思っております。受験科目や日程、過去問についての情報は申し分ないのですがよくわからない点がまだ数多くあって困っております。
    いきなりこんなことを言って大変失礼なのは承知の上です。しかし本気でどうしても進学したいので相談に乗っていただけると幸いです。メールアドレスは上記に記載しております。よろしければそちらのほうにメールをしていただきたいです。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>