12月 222013
 

ムンバイにも数多くのトラックが走っているが,そのトラックをよく見ると,後方に必ず”HORN OK PLEASE”とペイントしてある.「クラクションを鳴らして!」ということだろうが,日本人の感覚からすると,全く謎な表示だ.

“HORN
HORN OK PLEASEの表示は義務@ムンバイ

この”HORN OK PLEASE”というマークについて,ホテルから国際空港へ向かう途中,送迎タクシーの運転手に尋ねてみた.すると,トラック後方に”HORN OK PLEASE”をペイントするのは義務だとの答えが返ってきた.

運転手の説明では,トラック運転手は後方から車が接近してきているかどうかがわからないため,クラクションを鳴らして知らせる必要があるとのことだ.

なるほど,そういうことかと納得したが,そもそもこの表示が必要なのは,車線がないからだろう.ただ,そうは言っても,近い将来にムンバイで車が車線を守って走るようになるとは到底思えないので,交通安全にはクラクションが必須だということになる.

うるさいクラクションにも,ちゃんと意味があったわけだ.

“HORN
HORN OK PLEASEの表示は義務@ムンバイ

“HORN
HORN OK PLEASEの表示は義務@ムンバイ

“HORN
HORN OK PLEASEの表示は義務@ムンバイ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>