3月 162014
 

好日山荘でハイキングシューズを購入した.京都では,子供が3歳になるまでに愛宕神社にお詣りすると一生火難に遭わないとされているため,多くの人が子供連れで愛宕山に登る.これまで,標高924mの愛宕山に登るのも普通のスニーカーだったが,今年の家族旅行ではスイスのサンモリッツやグリンデンワルドでハイキング三昧するつもりのため,初めて本格的なハイキングシューズを購入することにした.

いつものように,事前にトレッキングシューズやハイキングシューズの選び方について調べて,有名なメーカーやシューズのリストを頭に叩き込んでおいた.その上で,好日山荘の店員さんに色々と教えてもらいながら,自分の知識を確認しつつ,ハイキングシューズを選んだ.

彼女もハイキングシューズを持っていないので,2人とも買うことにして,男性用のコーナーと女性用のコーナーで別々に店員さんに相談しながら決めたところ,なんと全く同じ靴を選んでいた.それがMAMMUT(マムート)T Aenergy GTXだ.ただし,男性用と女性用では色が異なる.

MAMMUT(マムート)@スイスのハイキングシューズT Aenergy GTX
MAMMUT(マムート)@スイスのハイキングシューズT Aenergy GTX

MAMMUT(マムート)はスイスのメーカーで,元々はロープ屋さんから出発したが,今ではアパレルが売上の半分を占めるらしい.実際,MAMMUT(マムート)の日本公式サイトを見るとアパレルしかない.この会社の歴史を見ると,トレッキングシューズ専門ではないが,Raichle(ライケル)を買収して登山靴に参入している.今回の購入目的はハイキングなので,専門メーカーに拘る必要もないのだろうが,どうせ買うなら良いモノをとは思う.

最初に足のサイズと形を確認してもらったところ,日本人の平均よりも細めとのことで,海外のモデルでも大抵合うだろうとのことだった.足に合うハイキングシューズを5種類ほど用意してもらい,足と靴が合うかどうかのチェックポイントをいくつか教えてもらいながら,試し履きして店内を歩き回る.履き比べてみると,重さと固さが結構違うことに気付く.

スイスのハイキングコースはしっかり整備されていて,子供連れということもあり,一日中歩くわけでもないので,本格的なトレッキングシューズのようにソールが固い靴は必要ない.というか,普通にウォーキングにも使おうと思っているので,ソールが固すぎると歩きにくくて仕方がないだろう.そうかと言って,軟らかすぎると購入する意味がない(それならスニーカーでもよい)ので,そこそこのモノを選ぶことにする.また,アップダウンは結構あるので,ローカットは避けて(それならスニーカーでもよい),ホールド感のあるミドルカットにすることにした.

MERRELL(メレル)のCHAMELEON 5 MID VENTILATOR GORE-TEXは人気モデルのようだが,他の靴と比べてソールが軟らかすぎると感じたので,候補から外した.SIRIO(シリオ)はデザインがあまり好きでないため候補から外した.CARAVAN(キャラバン)は可もなく不可もなくで積極的に選ぶ理由がないため候補から外した.その他,LOWA(ローバー),LA SPORTIVA(スポルティバ),SCARPA(スカルパ),Zamberlan(ザンバラン),SALOMON(サロモン)といった欧州ブランドや,THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス)などを履いたり見たりしてみた.

最終的に,履きやすく,デザインやカラーも気に入ったMAMMUT(マムート)T Aenergy GTXが2万円以下であることから,それより高いハイキングシューズを買う理由もないということで決心した.T Aenergy GTXは店内で20分くらい履いていたと思う.

暖かくなったら,大文字山に登ったりしながら慣らしていこう.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>