5月 072014
 

私が所属するヒューマンシステム論分野では,毎週1回,研究室メンバー全員が集まって,学生が研究進捗状況を報告し,その内容について議論する場を設けている.「全体ゼミ」と呼んでいるが,スライドを用いて発表することは認めず,担当学生(1回2〜3人)はゼミ資料(レポート)を準備しなければならない.

ゼミ資料(レポート)での発表を求めるのは,研究室として下記4項目の「在学中に身に付けるべきこと」を掲げているためだ.

  • 論理的に思考し,自分の考えを説明できるようになること.
  • 正しい日本語で文章を書けるようになること.
  • 魅力的なプレゼンテーションができるようになること.
  • 必要な知識を身に付けられるようになること.

全体ゼミは,特に1番目と2番目の力を身に付けるための場として位置付けている.学生は少なくとも卒業論文や修士論文を執筆しなければならない.大学院生にもなれば,国際会議やジャーナルに投稿する論文も書くだろう.そのときまでに学術的な文書の書き方を身に付けてもらいたいが,一朝一夕にまともな文書が書けるようになるわけがない.そこで,繰り返し繰り返し練習するための場として,全体ゼミを活用している.

もちろん,「書け!」と言われて書けるものではないため,どのように書くべきかを具体的に示す必要がある.その目的のために「全体ゼミ資料の書き方」という資料を学生に配布している.出来映えに不安は残るものの,レポートを書かないといけない学生の参考になるかもしれないので,公開してみる.

全体ゼミ資料の書き方 [PDF 426KB]

主要アドバイス一覧

勉強,レポート作成/論文執筆,研究発表/プレゼンテーションについて,主に卒業や修了を目指す学生へのアドバイスの一覧

(2015年1月15日リンク追加)

5月 072014
 

英英辞典は”Oxford Advanced Learner’s Dictionary”を使っているが,この度,オックスフォード現代英英辞典第8版(Oxford Advanced Learner’s Dictionary 8th edition)を購入した.付属のDVD-ROMを使うのが目的だったが,なんと,Macbook Air (OS X Mavericks)にインストールしたアプリケーション(oald8.app)が動かない.これでは購入した意味が激減するので,解決策を探して対処した.手短に手順をメモしておく.

  1. http://www.oup.com/zip/elt/Oald8_FlashPlayer10_Patch.zip をダウンロードする.
  2. 解凍したフォルダにある2つのファイル(Flash Player.pluginとflashplayer.xpt)を oadl8.app/Contents/MacOS/plugins に入れる.

これだけでいい.アプリ(oald8.app)が立ち上がり,正常に動作するようになった.音声も入っていて良い.

DVDに入っているREADME_MAC.txtの指示に従っていれば,oadl8.appは「アプリケーション」フォルダにあるはずだ.それを選択して「パッケージの内容を表示」すれば,oadl8.app/Contents/MacOS/pluginsまで行ける.

なお,フォントをインストールするためにAWLPhonetics3U.TTFをダブルクリックしたらNumbersが立ち上がってしまうという人は,「このアプリケーションで開く」で”Font Book.app”を選びましょう.