5月 162014
 

スイスには世界的に有名な観光列車がいくつもある.中でも氷河急行やベルニナ急行は人気があるため,特に夏に利用する場合には,事前に予約しておくべきとされている.予約方法についてメモしておく.

氷河急行(Glacier Express)

「世界一遅い特急列車」と呼ばれる氷河急行.パノラマ列車がスイスアルプスを横断し,高級リゾートのサン・モリッツまたはダヴォスと,マッターホルンを抱くツェルマットを結んでいる.

氷河急行の指定席はグレッシャー・エクスプレス(氷河急行)公式ホームページから予約できる.例えばレイルヨーロッパで予約すると2等車座席指定料金は4席で20800円となるが,公式サイトで予約すると132CHF(=約15000円)で購入できる.

グレッシャー・エクスプレス(氷河急行)公式ホームページ
グレッシャー・エクスプレス(氷河急行)公式ホームページ

ただし,公式サイトでも座席を選択することはできない.実際,「座席を選択することはできないのか?」と質問したところ,下記の回答を得た.

You can’t choose specific seats on www.glacierexpress.ch. The system is allocating the seats automatically. But if you book for four people you will get one table for four.

氷河急行で不思議なのは2等車の座席番号だ.予約結果を見ると,座席番号が「16号車11,12,13,18番」となっていて,「バラバラじゃないか!」と思ったが,実はこれでテーブルを囲む4席になっている.

氷河急行の2等車座席番号
氷河急行の2等車座席番号

ベルニナ急行(Bernina Express)

世界遺産のアルブラ線・ベルニナ線を通りアルプスを越えて南北ヨーロッパを縦断する壮観な鉄道ルート.クールとティラーノをパノラマ車両で結ぶのがベルニナ急行だ.その車窓風景は氷河急行を凌ぐと評されている.

ベルニナ急行の指定席はレーティッシュ鉄道(Rhätische Bahn AG)のサイトから予約できる.例えばレイルヨーロッパで予約すると2等車座席指定料金は4席で11200円となるが,ベルニナ急行チケットショップで予約すると56CHF(=約6400円)で購入できる.

ベルニナ急行チケットショップでは,座席を選択することができる.世界遺産のアルブラ線・ベルニナ線では,ベルニナ急行でも普通列車でも,ティラーノ行き(南行き)では進行方向右側,クール行き(北行き)では進行方向左側の眺望が良いとされている.このため,進行方向を考慮して座席指定をしたいところだが,下記FAQにあるように,列車の進行方向はわからない.予約時には運に任せるしかない.

How can I reserve seats on a specific side of the train?

As we don’t know on which side of the train certain seats are located, it is not possible to make such a booking. However, thanks to the large panoramic windows, you are able to enjoy perfect views from both sides of the train.

ベルニナ急行チケットショップ
ベルニナ急行チケットショップ

TGV Lyria

スイスのバーゼルからフランスのパリまでの移動にTGV Lyriaを利用する.フランスの鉄道予約には,フランス国鉄のサイト(Voyages-sncf.com)が便利だ.ちなみに,TGV Lyriaの専用サイトもあるが,ここから予約すると,自動的にレイルヨーロッパのサイトに誘導される.

なお,Voyages-sncf.comでは個別の座席を選択することはできないが,ある程度の好み(窓側・通路側,下階・上階など)を入力することができる.あと,TGVは残席数が少なくなると料金が上がること,路線によっては早々に完売になることに注意する必要がある.

フランス国鉄のサイト(Voyages-sncf.com)
フランス国鉄のサイト(Voyages-sncf.com)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>