5月 312014
 

芝居の台詞について,津川雅彦氏が次のように語っている.

台詞を繰り返し何百回も言って覚えるには違いないんですが,回数をやればいいというものではなくて,日数をかけなきゃダメなんです.寝ては忘れ,起きてはまた覚えなおす.徐々に忘れる量が少なくなり,一晩や二晩寝てもワンフレーズも忘れなくなったら,今度は早口言葉で一気にロレらずしゃべれるようにする.次に車を運転しながらしゃべってみる.気は運転のほうに集中しないと危ないですから,そんな状態でも台詞がちゃんと出てくるかを確かめました.どんな障害にも気を散らすことなく言えるようになるまでに14日間かかりましたね.いまだに二週間前というのが自分の中で定着していて,そこから始めれば台詞を忘れるという心配は一切なしに,現場では相手役のセリフのニュアンス,間合い,テンポ,語気といったことにも神経を集中でき,それに自由に合わせられるようになった.これ,伊丹さんのおかげです.台詞は芝居の基本ですし,覚える作業が一番の苦行です.やっぱり職業というのは我慢とか忍耐とか苦労とか,そういうものを乗り越えない限り,プロの業とはいえないというのは,本当だなと思います.

プレゼン・研究発表もこれくらいの根性を持って臨めば必ずや上達するだろう.学会発表,卒業論文や修士論文の発表会も含めて,プレゼンをするというときには,少なくとも経験の浅い学生や若手はこれくらいの気合いで臨むといいと思う.相手役はプレゼンを聞いていくれる方々だ.

プレゼンするときに原稿を覚えておくのは当然だが,本番でアイコンタクトとかに気を配ったり,聴衆の反応を見ながら話す内容や調子を修正したりしようとすれば,なんとか原稿を覚えましたというレベルでは全く足りない.その上を目指さないといけない.特に研究発表の経験があまりないなら,推敲に推敲を重ねてスライドと原稿を完成させてから,1週間くらいは徹底的にプレゼンの練習をすべきだろう.練習しなければ上達もしない.もちろん,下手なままでいいというなら好きにしたらいい.うちの研究室では許されないが.

最後に,これまでにメモしたプレゼンテーション(学会発表)のアドバイスを紹介しておこう.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>