6月 192014
 

2012年7月に,ロンドンのベッドタウンになっているGuildfordという街にあるUniversity of Surreyを訪問した.そこで大学教員から聞いた話をまとめておく.

イギリスの大学は日本とは異なるシステムを採用している.Lecture以上がテニュアなので,Lectureshipを獲るのが難しいが,さらに,その後Professorになるのは凄く難しいようだ.Senior Lecturerには簡単になれるが,PrefossorになるためのReadershipが獲れない人も多い.つまり,最終職歴がシニアレクチャーで退職する研究者も少なくないようだ.Full Professorにならなくていいなら,プレッシャーも少なくて比較的ハッピーなものかもしれない.

研究者(大学教員)の業績評価は,過去5年間の主要論文4報に対してなされる(UCLで聞いたのと少し違うので間違っているかも).このため,論文を量産する必要性は全くなく,腰を据えた研究に取り組める環境が用意されている.

論文がどのジャーナルに掲載されたかは重要で,Impact Factorも重要性を増している.ただし,分野によって主要雑誌や基準となるIFは異なるので,専攻(Department)ごとに主要雑誌を登録しておく.このため,専攻の主要雑誌に登録されていないジャーナルに論文を発表しても全く無意味で,業績としては無視される.このため,質の高い研究成果をトップジャーナルに載せるという動機付けが為されているものの,専攻内の他の研究者と異なる分野の研究をしていると,かなり辛い状況になる.これはこれで問題がある.

ちなみに,話を聞いた研究者は,英国のUniv of Surreyに来る前に,シンガポールのNanyang Tech Univにいたが,シンガポールでは論文数を増やせと言う圧力が凄まじかったらしい.年10報だと少ないと怒られるのだそうだ.しかも,シンガポール(その専攻だけかもしれないが)では,共同研究者を増やして共著者になりまくれ,他の研究者に頼んで自分の論文を引用してもらえ,と露骨に言われたりしたらしい.それに嫌気がさして,イギリスに移ったとのことだった.

イギリスでは,教員が大学院生に給料を出す義務はない.特に,自力で奨学金を見付けてきたか,あるいは金持ちでその必要性がない学生には何もしなくてよい.そうでない学生にはFellowshipを出すとのこと.また,イギリスの大学では,イギリス人の学費が安い一方で,留学生の学費は無茶苦茶高い.数倍は当然で,留学生には経済的に厳しい制度となっている.ビザが取りにくいなども含めて,保守系の政党が実権を握ってからの変化らしい.トニー・ブレアのときは海外から積極的に呼び寄せていた.

以上.イギリスの研究業績評価の仕組みにも見習うべきところがある.

(聞いた話をまとめたものなので間違いがあるかもしれません.間違いがあればご指摘下さい.)