11月 212014
 

現在,AIChE Annual Meeting(米国化学工学会年会)に参加するため,アトランタに滞在している.この会議には世界中から化学工学分野の研究者が集まるため,アメリカ化学工学会の会議ではあるが,大型の国際会議と言える.約1週間にわたり,朝8:30から夜8:00まで,60以上のパラレルセッションが行われ,昼間もプレナリーセッションがあって,すべてに参加すると昼食を取る時間さえないような会議だ.

今回は,研究室の修士課程学生2名と一緒に参加している.修士2年の学生は”Visualization and Prediction of Operating Conditions of Blast Furnace”というタイトルで,修士1年の学生は”Wavenumber Selection for NIR Calibration Modeling: Application to Water and Drug Content Estimation”というタイトルで発表をした.

2人とも非常に優秀な学生で,私が修士のときと比べたら,というか,比べるのがおこがましいくらいに良くできる.しかも,3人の中で英語が一番できないのが私という状況だ.こういう学生が研究室に来てくれるのだから本当に有り難い.

見事な発表をした学生を食事に連れて行くため,何が食べたいかと尋ねたところ,「本場アメリカのステーキが食べたい」とのことだった.折角ステーキを食べるなら本格的なレストランで食べるのが良い経験になるだろうと思い,Morton’s The Steakhouseを予約した.モートンズは全米に展開している高級ステーキハウスで,食事とサービスの良さで有名だ.

“Filet
Filet Mignon 12oz. with Foie gras-Cognac-Butter@Morton’s The Steakhouse

慰労会を始めるにあたり,まずは,アトランタの地ビール Sweet Water で乾杯!このビールは美味しいので,お勧めだ.

“アトランタの地ビールSweet
アトランタの地ビールSweet Water

メインはステーキにすることが決まっていたので,前菜には生牡蠣とオイスターロックフェラーを注文した.

“前菜の生牡蠣@Morton's
前菜の生牡蠣@Morton’s The Steakhouse

“前菜のオイスターロックフェラー@Morton's
前菜のオイスターロックフェラー@Morton’s The Steakhouse

膨大なワインリストを手にしてみたものの,何を頼むのが良いかなんて全くわからない.いつもの通り,お店の人にお勧めを尋ねる.「アメリカの赤ワインを飲みたい」とだけ伝えたところ,40ドル程の高くないワインから1000ドルを超えるワインまで揃う中で,全員がステーキを注文していることを踏まえて,モートンズお勧めという63ドルの赤ワインを勧めてもらった.迷うことなく,それをお願いする.

“お勧めのアメリカ赤ワイン@Morton's
お勧めのアメリカ赤ワイン@Morton’s The Steakhouse

いよいよメイン料理だ.私は Filet Mignon 12oz(55ドル)を選んで,さらに,アップグレード(5ドル)でフォアグラ・コニャック・バター(Foie gras-Cognac-Butter)を付けることにした.学生1名も同じ牛フィレ肉を注文した.ただしアップグレードはなし.

“牛フィレ肉+フォアグラ・コニャック・バター@Morton's
牛フィレ肉+フォアグラ・コニャック・バター@Morton’s The Steakhouse

もう1人の学生は巨大ステーキ Raymond Primal Cut 24oz(64ドル)を注文した.とにかくデカイ.驚くべき大きさだ.アメリカを満喫してくれたことだろう.

“巨大ステーキRaymond
巨大ステーキRaymond Primal Cut 24oz@Morton’s The Steakhouse

付け合わせに Spinach & Mushrooms と Steamed Broccoli を注文して,みんなでシェアした.ホウレン草とマッシュルームはお店の人のお勧めだが,これもとても美味しかった.

この時点でもうお腹一杯だったわけだが,学生にとっては初めての高級ステーキハウスだから,デザートまで一通り食べてみるのがいいだろうと思い,これもお店の人お勧めのチョコレートケーキとアイスクリームを注文した.

“チョコレートケーキとアイスクリーム@Morton's
チョコレートケーキとアイスクリーム@Morton’s The Steakhouse

中に濃厚なトロトロのチョコレートが詰まったチョコレートケーキと,サッパリしたアイスクリームの組み合わせは,非常に良かった.アメリカにしては甘すぎることなく,とても美味しいデザートだった.しかし,とにかく巨大なステーキを食べた後だ.完食してから注文したことを後悔する気持ちがなかったと言えば嘘になる.

“中がトロトロのチョコレートケーキ@Morton's
中がトロトロのチョコレートケーキ@Morton’s The Steakhouse

実は,当研究室の3名(私と学生2名)に加えて,旧所属研究室の2名も一緒だった.5人でトータル640ドル.まさに予告通りの散財だが,美味しい料理を楽しくいただいて,素晴らしい時間を過ごすことができた.大満足だ.

ホテルに戻ってパソコンの電源を入れると「7年振りの円安!」とかいうニュースが目に入った.「勘弁してくれ」と呟いたのはここだけの話にしておこう.

Sorry, the comment form is closed at this time.