12月 072014
 

evernote

四六時中使用しているMacBook Air(Yosemite)で,突然,Evernoteが猛烈に遅くなった.ノートを表示しようとしても数秒どころか数十秒表示されない.遂にノート数かノートサイズが臨界点を超えてしまったかと思い,高速化する方法をググって実行してみた.うまくいったのでメモしておく.

ちなみに,劇遅状態になったときのフォルダ情報を見ると,41137項目,1.7GBとなっていた.最初の問題は,このEvernoteのローカルファイルが保存されているフォルダ(データベースフォルダ)がどこにあるのか,ということだ.データベースフォルダの場所が分からないと,データベースを再構築できない.

データベースフォルダはライブラリの深奥に存在するが,これを正攻法で探すのは簡単ではない.ところが,Evernoteのメニューから,

“Evernote” → “Evernote について”

を開いて,ポップアップウィンドウが表示されたら,そこで”option”を押す.すると,「データベースフォルダを開く」というリンクが表示される.このリンクをクリックすると,データベースフォルダが現れる.これは便利だ.

念のため,このデータベースフォルダを別名にして避難させておく.その上で,Evernoteを再起動すると,データベースが自動的に再構築される.以上.

これでEvernoteがサクサクと動くようになった.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>