1月 132015
 

Book

修身教授録第6講:人生の始終

二十歳までには志を確立し,四十歳までは修業時代と心得て自己を磨くことに専念しなければ,真に国家社会のお役に立つ人間にはなれないでしょう.自惚れが強いと場所ふさぎにすぎないことになります.一日一日の歩みが四十歳の関所をいかに超えるかを決定しつつあるのです.

論語の「吾十有五而志于学.三十而立.四十而不惑.五十而知天命.六十而耳順.七十而従心所欲,不踰矩」に,四十にして惑わずとある.私みたいな凡人は四十にして前半生の歩みが疎かであったことに気付くわけです.それを若者に繰り返させないという一念から真の教育の一歩は始まると森信三氏は仰る.

修身教授録第7講:志学

人生の根本は真の志,身を修め国家社会に貢献するという志を打ち立てるところに始まります.その志を生涯をかけて必達するという人間をつくる教育が学校には乏しいのです.自分が天から受けた力を出し切るには,偉人の伝記を読み,その内面的動力を突き止めるのがよいでしょう.

孔子が十有五にして志したのは,身を修めることを中心として,ついには天下国家を治めるに至る大学の道です.ただ勉強を始めたのではありません.こういう話を聞いて一時的に感激しても,受身の状態で生じた感激は長続きしません.そんなことを繰り返していたら長生きしても大したことはできないでしょう.

大学の道は,明徳を明らかにするに在り,民を親しましむるに在り,至善に止まるに在り.物格(いた)りて后(のち)知至(きわ)まる.知至まりて后意誠(まこと)なり.意誠にして后心正し.心正しくして后身脩(修:おさ)まる.身脩まりて后家斉(ととの)う.家斉いて后国治まる.国治まりて后天下平らかなり.

修身教授録第8講:学問・修養の目標

学問修養が必要なのは自分が天から受けた本性を十分に実現する道を見出すためです.自己を錬磨しない限り,豊かな素質や才能も朽ち果てるほかありません.常に世界における我が国の位置を見,我が国の使命に想いを馳せつつ,自分がいかに貢献しうるかを深省せねばなりません.

修身教授録第9講:読書

読書は心の食物です.人生に重大な意味を持つ経験は心の養分となりますが,その意味の深さは読書の光に照らして初めて見出せるのです.真に志を抱く人は昔から分陰を惜しんで読書したものです.「一日読まざれば一日衰える」と覚悟し,心の養いとなる良書を読むことが大切です.

人から奨められねば読まぬという程度の人間は結局大したことはなく,大志を抱くならば人から読書を奨められているようではいけません.忙しさに口実を求めて自発的な読書をしないのは心が劣化しつつある証拠です.などと先生は手厳しい.

将来ひとかどの人間になろうとしたら,単に学校の教科書だけを勉強すれば事すむような姑息低調な考えではいけません.学校の教科は基礎知識として軽んずることはできませんが,それは土台程度のものでしかなく,人の特色というものは自ら進んで積極的に研究したものによって初めて出てくるのです.

この講義「読書」で森信三氏が紹介した本は,報徳記(二宮尊徳翁の伝記),二宮翁夜話(門人福住正兄が二宮尊徳の言行を記した書),講孟余話(吉田松陰の主著),学校教師論(三浦修吾著),国語教育易行道(芦田恵之助著),茶味(奥田正造の茶の湯思想の集大成)などであったらしい.

修身教授録第10講:尚友

尚友とは友を尚(たっと)ぶという意味で,吉田松陰先生の士規七則にも使われています.友とは師を共にする同門の友であり,友に大いに尊敬すべきものを認める時,初めて友を尚ぶわけです.「その人を知らんと欲すれば,まずその友を見よ」と言われるのにも真理があります.

人を知る基準とは,1)いかなる人を師匠としているか,2)いかなることをもって自分の一生の目標としているか,3)今日までいかなる事をしてきたか,4)愛読書がいかなるものか,5)友人いかん,であると先生は仰っている.この五点を調べれば,その人物も将来も見当はつくと.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>