4月 222015
 

vision

学会発表に加えて,修論発表や卒論発表など,学生であっても,自分の研究について発表する機会はいくつもあります.就職活動でも研究発表を求められることもあるでしょう.

そういう発表において,もちろん,研究の背景,目的,方法,結果,結論を述べていると思います.しかし,その背景,目的が,その発表の範囲内のものでしかなければ,不十分と言わざるをえません.もっと視野を広げて,先まで見通して,自分が今取り組んでいるのは,一体何を実現するためなのかを,研究の当事者として明確にしておく必要があるでしょう.その最終目標には,自分だけでは到達できないかもしれません.修論や卒論の範囲では無理かもしれません.むしろ,無理なことがほとんどでしょう.それでも,その遠大な目標を達成するまでの道程において,今,自分はどこにいるのか,どこまで達成できていて,今何が問題の本質であるのか,そのような問題意識をいつも持つようにしていないと,道を逸れて,いわゆる重箱の隅を突くような研究に陥ってしまいかねません.もちろん,脇道に逸れたがために,とても面白い問題に遭遇できたということはあります.専門分野以外にアンテナを張り巡らしておくことも重要です.しかし,事柄の軽重を判断するためには,やはり視野を広げて,大所高所から見ることが必要でしょう.システムの研究をするというのは,そういう視点を持つということでもあります.

研究発表の場が与えられたとき,今一度,自分の研究について整理しましょう.修論や卒論の内容にとどまらず,もっと視野を広げて,先まで見通して,一体,自分が取り組んでいる研究の最終目標は何なのか,どこで,誰に,どのような影響を与えるのか,その最終目標に至るまでに超えなければならない障壁はどのようなもので,今,自分はどの障壁を突き破ろうと(あるいは巧妙に迂回しようと)しているのか,そのように俯瞰的に研究の全体像を把握することによって,自分の研究の意義が明確になるはずです.そうすれば,研究発表にも自信を持って臨めるでしょう.

研究のビジョンを持つといってもよいでしょう.そして,この問題は解く価値があるのか,と問い直してみる.そうすれば迷子になることはないと思います.

主要アドバイス一覧

勉強,レポート作成/論文執筆,研究発表/プレゼンテーションについて,主に卒業や修了を目指す学生へのアドバイスの一覧

(2015年10月4日リンク追加)

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>