5月 302015
 

スカイガーデンを後にして,ミリ市街をドライブし,「酒に酔わせた鶏の肉のスープ」が看板メニューだという店へ.

“酒に酔わせた鶏の肉のスープ@ミリ”
酒に酔わせた鶏の肉のスープ@ミリ

その店の名前は”Bat Kut Teh. Cafe”で,確かに看板に「玉心黄酒鶏(たぶん)」と書いてあるので,その料理の正体は不明だが,看板料理であることは間違いなさそうだ.

“Bat
Bat Kut Teh. Cafe@ミリ

ドリンクと料理を注文してしばらくすると,お湯の入った青いプラスチックカップが運ばれてきた.飲むのではなさそうだが,何に使うのか全くわからずポカンとしていると,「スプーンを使う前に,この熱湯につけて消毒するんだ」と友人が教えてくれた.衝撃的な事実である.

“衝撃!スプーンをプラスチックカップの熱湯で消毒する”
衝撃!スプーンをプラスチックカップの熱湯で消毒する

ともかく,郷に入れば郷に従えというわけで,全員分のスプーンを熱湯につけて料理が出てくるのを待つ.

「玉心黄酒鶏(たぶん)」の英語名は”Ginger Wine Chicken Soup”となっていて,生姜と酒と鶏肉が原料であることは理解できた.確かに,生姜と鶏肉は存在を確認できた.酒はよくわからない.

“ご飯に「酒に酔わせた鶏の肉のスープ」をかけて@ミリ”
ご飯に「酒に酔わせた鶏の肉のスープ」をかけて@ミリ

この「酒に酔わせた鶏の肉のスープ」をご飯にかけていただく.生姜がしっかり効いていて,鶏肉もスープも,非常に美味しかった.ご飯に合う.

“料理メニュー@Bat
料理メニュー@Bat Kut Teh. Cafe

“レストラン共通ドリンクメニュー@Bat
レストラン共通ドリンクメニュー@Bat Kut Teh. Cafe

昼食が遅かったこともあって,これでお腹一杯.大満足の夕食だった.

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>